工務店の集客にWebマーケティングが必要不可欠な理由とは?成功するためのコツを紹介

工務店やハウスメーカーなどの住宅業界でも、Web集客を駆使しないと勝ち残るのが難しい時代になりました。

Webマーケティングとは縁遠いかのように思える工務店でも、学び、実践することが大切です。

そこで今回は、SNS総フォロワー38万人を超える暮らしのメディア「THE ROOM TOUR」@the_room_tour)が、「工務店のWebマーケティングを成功させるコツ」を紹介します。

この記事を読めば…
  • 工務店の集客にWebマーケティングが欠かせない理由がわかる!
  • Webマーケティングの種類がわかる!
  • 工務店のWebマーケティングを成功させるコツがわかる!
目次

Webマーケティングの定義をおさらい

Webマーケティングとは、Webサイトやアプリ、オンラインショップなどのWeb媒体から消費者を集客し、商品やサービスの購買につなげることを指します。

そもそもマーケティングとは、「自然と売れる仕組みづくり」をすること。

顧客を集め、利益を上げるための仕組みづくりが、すべてWeb上で完結するのが「Webマーケティング」と言えるでしょう。

経営学者のドラッカーは、「マーケティングの究極の目的は、セールスを不要にすること」と言っています。

正しくWebマーケティングを実践することで、営業しなくても問い合わせがきたり、商品が売れたりするのです。

工務店の集客にWebマーケティングが欠かせない理由

工務店はもちろん、どの業界においてもWebマーケティングは欠かせません。

ここでは、工務店の集客にWebマーケティングが欠かせない理由を解説します。

どんなメリットがあるのかを知った上で、コツや方法を学んでいきましょう。

多くの見込み顧客がネットで情報収集するから

内閣府が令和3年(2021年)3月に実施した消費動向調査によると、令和3年3月末時点での「スマホ普及率」は、以下のとおりです。

令和2年3月時点でのスマホ普及率84.4%
令和3年3月でのスマホ普及率88.9%

参照:内閣府 令和3年消費動向調査

また、消費者庁が令和2年(2020年)11月に実施した消費者意識基本調査によると、20〜30代のインターネットでの商品・サービスに対する安心度は、70%を超えていました。

家づくりを検討する20〜30代は、ネットでの購入に抵抗感がないことがわかります。

参照:消費者庁 令和2年度消費者意識基本調査

そして、総務省が令和元年(2019年)9月に実施した通信利用動向調査では、「20〜30代のSNS利用状況」で以下の結果がわかりました。

20代のSNS利用率87.1%
30代のSNS利用率83.0%

参照:総務省 令和元年通信利用動向調査

以上の調査結果からわかるのは、ネットがこれだけ身近な存在になっているということ。

特に住宅の購入を考える20〜30代には、ネットでの情報収集や購入が当たり前のものとなっているのです。

現代では、新型コロナウイルスの影響も相まって、オフラインの場だけを頑張っても、成果を出すのが難しいのが事実。

工務店がWebマーケティングに力を入れることで、見込み顧客へ適切なアプローチができます。

効率よく集客できるから

Web媒体を駆使せずに集客しようと思ったら、マンパワーが必要になります。

その分人件費がかさみますし、多くの見込み顧客へリーチするのが難しいでしょう。

多くの顧客を集客するためには、Web媒体を使うことが大切です。

Webマーケティングで仕組みさえ作れば、土日でも夜間でもネットで集客し続けることができます。

成功させると、今までとは比較にならないほど大きな収益を出すことも可能です。

効果測定しやすいから

Webマーケティングは、実施してから効果がわかるまでのスピードが早く、測定しやすいのもメリット。

例えばSNSを投稿すると、数時間後には結果が表れます。

  • どれくらいのリアクションがもらえたのか?
  • 再生回数は何回?
  • 問い合わせは来ているか?

Web媒体は過去の投稿や競合を分析できるので、効果測定しやすいのが特徴です。

  • どの投稿のいいね・コメントが多いのか?
  • 競合はどんな投稿で伸びているのか?
  • フォロワーの多いアカウントのプロフィールは?

このように、結果が目に見えるため、分析しやすいでしょう。

改善を繰り返していくと、より良い結果が表れるはずです。

Webマーケティングの主な種類

ここでは、工務店がよく活用するWebマーケティングを取り上げます。

自社に合っているものはどれか?考えながら見てみてください。

SNSマーケティング

SNSマーケティングとは、SNSを駆使して集客すること。

施工事例を公開したり、ユーザーの声を拾うことに使ったりと、活用方法はさまざまです。

規模が大きくなれば、SNSからの問い合わせも増えるでしょう。

主なSNSは、以下のとおりです。

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • TikTok
  • Pinterest
  • LINE

工務店やハウスメーカーなら、特にInstagramやPinterestをおすすめします。

より詳細のSNSの使い方や活用事例をご覧になりたい方は、以下よりチェックください。

メールマーケティング

メールマーケティングとは、メールを通じて顧客への情報発信を行うこと。

お得情報やイベントの告知などを配信することで、顧客との関係性を築くことができます。

メルマガをイメージすると、わかりやすいのではないでしょうか。

しかし、メールはどうしても一方通行になりがちです。

顧客から嫌がられないようなタイミングや配信回数、内容を見極めることが大切でしょう。

SEO対策

SEO対策とは、Googleで検索されたときにWebサイトを上位表示させる手法のこと。

例えば、「神奈川 工務店」で検索したときに、自社サイトが1位に表示されていれば、問い合わせや成約が増えますよね。

SEOで上位に表示させることで、有料の広告を使う必要がなくなります。

上位表示されている限りは、ずっと自動で集客し続けてくれるでしょう。

ただし、SEOで上位に上げるには時間や手間がかかります。

「すぐに結果が出るものではない」と認識した上で、中長期的に取り組むことが大切です。

MEO対策

MEO対策とは、Googleマップで上位表示店舗情報の最適化をする手法のこと。

近年、Googleマップで店舗を検索する人が増えています。

そのため実店舗を持つ工務店では、MEO対策が必須です。

MEO対策は気軽にできるので、優先的に取り組みましょう。

MEO対策の手順は、以下のとおりです。

MEOの手順
  1. Googleマイビジネスに登録する
  2. 店舗・会社情報を記載する
  3. 口コミや写真を増やす
  4. 口コミに返信してコミュニケーションをとる

工務店の店舗だけでなく、住宅展示場のMEO対策も行っておきましょう。

リスティング広告

リスティング広告とは、Googleで検索されたときに“広告”として検索結果の上の方に自社のWebサイトを表示させる手法のこと。

お金さえ払えばすぐに表示されるため、認知度をすぐ高めたいときに向いています。

一方、継続的に続けると費用が膨大になってしまうため、他の手段で効果が出るまでの時期や、イベント前などでスポット的に使うのが一般的。

費用相場は、1ヶ月あたり20〜50万円程度と言われています。

アフィリエイト広告

アフィリエイト広告とは、広告主が設定した成果条件が満たされた場合に、サイト運営者へ報酬が支払われること。

主に”アフィリエイター”と呼ばれるサイト運営者が、広告主のサービスや商品を宣伝します。

例えば、「資料請求につながったら1件あたり5,000円」のように、成果が出たら報酬を支払う必要があります

成果が出た分だけの費用を払うので、無駄なコストがかかりません。

ただし、アフィリエイト広告を始めたとしても、アフィリエイターが宣伝してくれない限りは、広告が世に出ることもありません。

リターゲティング広告

リターゲティング広告とは、一度サイトを訪れたユーザーに対して、再度広告を表示させる手法のこと。

見込み顧客は、Webサイトを訪れてすぐに購入したり、資料請求したりするわけではありません。

ユーザーの90%以上は、具体的なアクションを起こさずにサイトを離れているのです。

再度広告を表示させることで、問い合わせや資料請求に至らなかったユーザーへアプローチできます。

リターゲティング広告の支払い方法は、以下の2種類。

  • クリック課金:1クリックあたり数十円程度の費用が発生する
  • インプレッション課金:広告が1,000回表示されるごとに、数十円〜数百円程度の費用が発生する

リターゲティング広告をうまく活用することで、一度逃してしまった見込み顧客を取り込める可能性があります。

YouTube

YouTubeでの発信を続けると、見込み顧客へアプローチできたり、工務店のブランディングができたりします。

工務店がYouTube動画を投稿するなら、例えば以下の内容があります。

  • 施工事例の紹介
  • 家づくりに関する情報発信
  • 企業の想いを発信

YouTubeの特徴は、濃いファンをつくりやすいこと。

アカウントの規模が大きくなれば、問い合わせや資料請求につなげられるでしょう。

他の工務店・ハウスメーカーとの違いや、自社の強みを動画にするのもおすすめです。

工務店のWebマーケティングを成功させるコツ

ここでは、工務店のWebマーケティングを成功させるコツを解説します。

以下5点を抑えた上で、取り組んでいきましょう。

ホームページをスマホ対応にする

総務省が令和元年(2019年)9月に実施した通信利用動向調査によると、端末別のネット利用状況は以下のとおりとなっていました。

2019年2018年
スマホ63.3%59.5%
パソコン50.4%48.2%
タブレット23.2%20.8%

参照:総務省 令和元年通信利用動向調査

パソコン・タブレットに比べて伸び率も高いため、現在はもっとスマホの割合が高くなっているでしょう。

以上のデータからもわかるように、Webサイトはスマホで見ることを前提に設計する必要があります。

Webサイトを作り込む際には、スマホ画面で見やすいか?を確認してみてください。

中長期的な戦略計画を立てる

多くの施策は、「やればすぐに成果が出る」というものではありません。

中長期的に継続することで、徐々に成果が表れてくるでしょう。

最初は結果が出なくても、一定期間続けてみてください。

できる限りWebマーケティングの担当者を決め、定期的な更新や分析を続けることが大切です。

また、目的に対して方向性のズレが生じたときには、思い切って施策を変更することも視野に入れておきましょう。

ターゲットを設定する

ターゲットが定まっていなければ、どんな施策が有効なのかもわかりません。

自社のターゲットはどんな人なのか、具体的に挙げましょう。

ターゲットを決めるときの項目例は、以下のとおりです。

ターゲットを決める時の項目例
  • 年齢
  • 性別
  • 家族構成
  • 年収
  • 職業
  • 住んでいる地域
  • 家を建てる地域
  • 価値観
  • ライフスタイル

ターゲットが決まれば、どんな施策を打つべきなのか明確になるはずです。

目的(ゴール)を決める

何のためにWebマーケティングの施策を行うのか、明確になっていますか?

目的が決まっていないまま始めると、軸がブレてしまいます。

自社の課題をもとに、Webマーケティングに力を入れる目的を明確化しましょう。

中には、目的の設定を間違ってしまう方もいるので、注意が必要です。

例えば、「Instagramのフォロワーを1,000人増やす」のは、目的でなく手段のはずです。

本来の目的は、「自社の売上を◯◯円アップさせること」ではないでしょうか?

目的と手段を混同せずに、正しいゴールを設定しましょう。

オフラインも掛け合わせる

工務店の強みは、実店舗があること。

オンラインだけでなく、オフラインも掛け合わせることで、より高い集客効果を狙えます。

住宅はネットで完結する買い物ではないので、もちろんオフラインの場も大切です。

例えば、住宅展示場でのイベントを開催するにあたって、こんな掛け合わせができます。

おすすめの掛け合わせ方法
  • SNSで来場特典を用意する
  • 口コミ投稿で参加できるキャンペーンを用意する
  • SNSやYouTubeに出演している担当者が出向く

ネットでつながった見込み顧客に、どうやってオフラインの場まで来てもらうか?という視点で施策を考えてみましょう。

Webマーケティングで集客を成功させましょう

本記事では、工務店の集客にWebマーケティングが必要な理由や、成功させるためのコツを紹介しました。

今の時代で勝ち残るには、Webマーケティングが必須科目です。

当メディアは、本記事でお伝えしたノウハウを実践した結果、SNS総フォロワー数38万人超え・NHKのクローズアップ現代に取り上げられるまでに成長しました。

これからWebマーケティングに力を入れる工務店の方は、ぜひ実践してみてください。

「広告媒体資料」ダウンロード/お問い合わせ
Contact
ご回答情報から担当から速やかにご連絡いたします。
資料をご希望の際は必須項目をご入力いただくと

自動返信メールより資料をダウンロードができます。

                                                    
                                     
    必須ご相談内容 資料ダウンロードご相談お問い合わせその他
    必須お名前
    必須メールアドレス
    必須会社名
    必須お電話番号
    必須メッセージ本文  

    ぜひシェアをお願いします!
    目次
    閉じる