太陽光発電

太陽光発電で損しない方法とは?見積もり書のチェックポイントと注意点を徹底解説!

太陽光発電の見積り注意点解説

太陽光発電を考えている方にとって、最初の難関が「見積書」です。

「よくわからないけど、難しいしこれで良いかな!」と決めてしまいたくなる気持ちもわかります。

しかし、見積書をチェックしないと、損してしまうことも。

いえ子ちゃん

なんだか難しいことばかり書いてあって、よくわからない…

ルム編集長

大丈夫!見積書のチェックポイントと注意点をわかりやすく教えるよ!

今回は、太陽光発電の見積書の中で、損しないためにチェックすべきポイントと注意点について解説していきます!

この記事の内容

  1. 太陽光発電の見積書の内容
  2. 見積書のチェックポイント
  3. 見積書の注意点

太陽光発電の見積書には何が書いてある?

太陽光発電の見積書をこれからもらう方は、具体的に何が書いてあるのかまだわからないですよね。

いえ子ちゃん

太陽光発電の見積書って、何が書いてあるの?

ルム編集長

見積書には、太陽光発電を実際に設置する際にかかる費用が細かく書かれているんだよ♪

具体的には、主に以下のような項目が含まれています。

・太陽光発電パネル代金

・パワーコンディショナー代金

・接続箱代金

・ケーブル料金

・パネル設置用架台料金

・工事費用

・モニター料金

・メーター料金

・その他諸経費

業者によって、記載してある項目が微妙に異なる場合もありますが、おおよそ以上の項目を中心に構成されています。

見積書のチェックポイント

これだけ色々書いてあると、一つ一つ確認するだけで疲れてしまいますよね。

いえ子ちゃん

こんなに色々書いてあったら、どこを見れば良いのかわからない…

ルム編集長

主にチェックするポイントは、意外と少ないから大丈夫だよ!

大事な項目をしっかり抑えておきましょう。

費用の総額をチェック

ルム編集長

まずは、見積書で一番目立つところに記載してある「費用総額」をチェックしましょう

実は、費用の細かい内訳はあまり気にする必要がありません。

というのも、業者が内訳を操作することができるからです。

いえ子ちゃん

業者が内訳を操作って、どういうこと?

例えば、「太陽光パネルの価格を格安に見せているけれど、その分工事費として上乗せしている」なんてこともあるのです。

そのため、まずは費用総額に着目しましょう。

ルム編集長

総額が安過ぎる場合や、高過ぎる場合には、ひとまず落ち着いて検討することをおすすめします!

まずは細かい内訳を気にせず、費用総額をチェック!

kW単価をチェック

次に、kW単価をチェックしてください。

「kW単価」とは、1kWの電力を発電するのに必要な費用のこと。

ルム編集長

kW単価が安いほど、安く発電することができます。

kW単価は、「システム単価」や「設備単価」と呼ばれる場合もあります。

また、見積書にkW単価の記載がない場合は、以下の計算式で算出することも可能です。

「太陽光発電の総額」÷「発電力(kW)」=kW単価

いえ子ちゃん

じゃあ、kW単価が安ければ安いほど良いの?

kW単価が安いと、「安く発電できてお得!」と感じるかもしれません。

基本的には、そう考えていただいて良いのですが、注意点があります。

それは、「太陽光パネルを増やせば発電量が上がるため、kW単価が安くなる」ということ。

ルム編集長

実は、古くて性能の悪い格安パネルを大量に設置することでも、kW単価を安くすることができてしまうんです。

そのため、kW単価が安過ぎる業者には気をつけてください。

尚、資源エネルギー庁が発表しているkW単価の目標値は、30万円/kWです。

kW単価が適正かチェック!

パネルの種類をチェック

パネルの種類は、太陽光発電を導入する上で非常に重要です。

種類によって性能や価格が大きく変わるため、しっかりと確認しなければいけません。

ルム編集長

見積書で提案された型番をネットで調べるなどして、性能や価格との整合性が合っているかを調べておきましょう♪

ソーラーパネルの種類を調べる!

発電量をチェック

kW単価とパネルの種類をチェックすることにも繋がりますが、パネルの発電量を確認しておきましょう。

高性能なパネルは費用が高いですが、その分発電量も多い傾向にあります。

初期費用を安く済ませようとするあまり、発電量の少ないパネルを買ってしまうと、後悔することになりかねません。

ルム編集長

太陽光発電の費用回収には、9〜11年ほどかかるのが一般的です

長期的な視点で見て、最も自分に合っているパネルを選ぶようにしてください。

長期的な視点で考えて、発電量をチェック!

設置予定図面をチェック

見積書を見る際には、パネルの設置予定図面も忘れずに確認しておきましょう。

中には、パネルの設置枚数や縮尺が間違って記載されていることもあります。

間違っていた場合、必要な費用が変わってしまうため、業者とのダブルチェックをおすすめします。

設置予定図面が間違っていないかチェック!

見積書の注意点

見積書を確認するときには、注意すべき点がいくつかあります。

意外と抜けやすいところなので、業者とやりとりする際には気をつけるようにしてください。

アフターサービスを確認する

見積書には、アフターサービスや保証が記載されていることが多いです。

太陽光発電は、「買ったら終わり」というものではなく、最低でも10年以上、長い場合は30年以上も使い続けるものです。

そのため、アフターサービスや保証内容も、業者を決める上で重要な要素となります。

「売ったら終わり」のような業者ではなく、「売った後もしっかりとサポートしてくれる業者」をおすすめします。

しっかりとサポートしてくれる業者を選ぶ!

見積書は「詳細」でもらう

いえ子ちゃん

見積書って、全部同じなのかな?

ルム編集長

見積書には、「一式」と「詳細」の2種類があるんだよ!

見積書をもらう際には、必ず「詳細」でもらうようにしてください。

一式の場合だと、細かい内訳が書かれていないため、詳細を確認することができません。

内訳の詳細を教えてくれない業者は、信頼もできませんよね。

ルム編集長

もし、出してもらった見積書が「一式」だった場合は、「詳細」で出してもらうように頼みましょう!

見積書は「一式」ではなく、「詳細」でもらう

相場を知るために見積もりを比較する

ルム編集長

太陽光発電の導入を検討する上で、相場を知ることは非常に重要です。

「なんとなく良さそうなところだから」と1社だけで決めてしまうのは良くありません。

必ず何社かで見積書をもらい、検討するようにしましょう。

何社かの比較をすることで、だんだんと相場感が身についてきます。

いえ子ちゃん

業者の比較をして、相場を知ることが大切なんですね。

太陽光発電は長期的に関わることですので、焦らずじっくり決めるようにしてください。

太陽光発電の見積もりを比較するなら無料の一括見積りサイトがおすすめです。

1社ごとに見積もり請求するのは大変ですが、サイトを利用すれば手間なく複数社の見積もりをもらえます。

ルム編集長

オンラインで申し込みをするだけで、各社から見積もりを取り寄せることができるよ!

当サイトがおすすめしている無料の一括見積もりサイトは、以下の3つです。

サイト名こんな人におすすめ
タイナビ・多くの会社を比較したい
・最安値プランを知りたい
ソーラー
パートナーズ
・厳選した会社だけを比較したい
・特典の小冊子で情報収集したい
グリエネ・個別対応でしっかり検討したい

ルム編集長

一括見積もりサイトは複数ありますが、家づくり経験者さんからの評判が良いサイトだけを厳選しました!

▼3のサイトの特徴を比較したい方はコチラを参考にしてください

必ず、何社か比較をして相場を知る!

見積もり比較は一括見積りサイトがおすすめ!

太陽光発電の見積書で損しないためには…

以上、太陽光発電の見積書で損しないためのチェックポイントと注意点について解説しました。

太陽光発電は、見積書の構成が少しわかりにくいため、業者のいいように流されてしまい、結果的に損をしてしまう方がいるのも事実です。

ルム編集長

業者に任せすぎず、自分でもある程度の知識を身につけることをおすすめします。

太陽光発電の見積書をもらった際には、この記事を片手にチェックしていきましょう。

また、見積もりを取る際には1社だけで決めることはせず、必ず何社か比較をして検討してください。

▼ 一括見積りサイトのメリット・デメリットを比較した記事はコチラ

一括見積りサイト3選を詳しく紹介している記事はコチラ

  • たった1分で見積もり依頼完了
  • 最大5社から最安値プランを比較
  • 累計利用者100万人超えの実績
当サイトで最も人気の一括見積りサイト

家づくり経験者の生の声をお届けしています

当メディアには、素敵な注文住宅に暮らす”家づくり経験者さん”より、たくさんの体験談やアドバイスが寄せられます。
これまでに集まった家づくりの体験談は1,000件以上。お家の掲載は700件以上です。
Instagramを中心にSNS総フォロワー数が20万人を超える当メディアだからこそ、届けられる家づくりのリアルな情報を配信しています。