家づくりの基本

1,000万円台でマイホームが手に入る!?ローコスト住宅とは?価格が安い仕組みと注意点を徹底解説!

ローコスト住宅とは

最近では、『ローコスト住宅』に注目が集まっています。

  • マイホーム予算を少しでも抑えたい…
  • ローコスト住宅に興味があるけど情報がない…
  • ローコストな理由がわからないからなんだか怪しい…

いえ子ちゃん

ローコスト住宅ってなに?
なんで安く建てれるの…??

ローコスト住宅とは、その名の通り「コストを抑えて建てられる住宅」のことです。

ルム編集長

ローコスト住宅がなぜ安いのか?どういう仕組みなのか?
わかりやすく解説していくよ!

本記事の内容

  • ローコスト住宅とは
  • 価格が安い理由や仕組みについて
  • ローコスト住宅の注意点

マイホーム予算を抑えたい方は必見です…!
毎月の家賃よりも安い支払いでマイホームを手に入れることも可能ですよ!

▼ マイホームのコストを抑えたい方

ローコスト住宅とは?

ローコスト住宅とは、一般的な住宅に比べて安い価格で建てられる住宅のことです。
ローコスト住宅は、大手ハウスメーカーや全国の工務店で展開されています。

フルオーダーの注文住宅は、ゼロから設計します。
ローコスト住宅では、間取り・内装・設備など規格化されたプランの中から選択することが多いです。

規格住宅が多いので、自由度は低いですが、コストを抑えて家を建てたい人にはぴったりの住宅になっています。

ローコスト住宅は、

  • コストを抑えて家を建てたい人
  • 収入が安定していないけど、早く持ち家が欲しい人
  • シンプルな家を建てたい人

におすすめです。

実際に、ローコスト住宅の価格の相場を見ていきましょう。

ローコスト住宅の価格の相場

ローコスト住宅は、一般的に総額1000万円台で建てられる住宅のことを指します。

「○○万円以内で建てられればローコスト住宅」という、明確な定義はありません。

ローコスト住宅は、坪単価でいうと、30万~50万円台のものが多いです。

一般的な注文住宅の建築費の相場が、坪単価で60万~80万円、工事費の総額が2500万~3000万円と言われています。

建売の分譲住宅でも建物価格は1500万~2000万円くらいが相場です。

いえ子ちゃん

1,000万円台!?
今すぐ住宅ローン組みます…!

ルム編集長

落ち着いて情報収集してからにしてね!
安さに飛びつかないように…!

一般的な注文住宅や建て売り分譲住宅と比べると、ローコスト住宅は手軽な価格に感じますね。

建築費用が安いローコスト住宅であれば、ローンが不要だったり、仮にローンを組む場合でも少額で済む場合が多いです。

【ローコスト住宅】注文住宅や建売住宅との違いは?

注文住宅は、フルオーダーが可能なので、自分の希望に沿った家づくりが可能です。

・家づくりにこだわりがある人
・自分だけの一点モノの家が良い人

上記の人は、注文住宅がおすすめです。

建売住宅は、土地と建物がセットで購入できる住宅のことです。

・すぐに入居したい人
・時間と手間をかけずに一戸建てを手に入れたい人

上記の人は、建売住宅がおすすめです。

建売住宅は、すでに建物が完成した状態で販売されているものがほとんどなので、自分の希望を反映させることができません


ローコスト住宅は、注文住宅のようにフルオーダーはできませんが建売住宅よりは、自分の希望を通すことができます。

ローコスト住宅の場合、間取りを自由に決められるハウスメーカーと、制限のあるハウスメーカーもあります。

住宅の自由度を考えると、

注文住宅>ローコスト住宅>建売住宅

という順番になります。

ルム編集長

最近は自由度の高いローコスト住宅会社も増えてきているよ!

ローコスト住宅に強いハウスメーカーの資料を請求する

【ローコスト住宅】価格が安い理由とは?

ローコスト住宅の価格が安い理由は4つあります。

価格が安い理由
  1. 材料費の削減
  2. 人件費の削減
  3. 広告宣伝費の削減
  4. デザイン費/設計費の削減

ローコスト住宅は、デザインや間取りを規格化することで、デザイン費・設計費を抑え、作業の合理化により人件費を抑えています。

家づくりのさまざまな工程を見直すことにより、コストダウンを図っています。

ルム編集長

決して、手抜き工事で価格を安くしているわけではないよ!

どのようにコスダウンを図っているのか、それぞれ解説します。

【ローコスト住宅】安さの理由①材料費

ローコスト住宅は、材料を大量に仕入れることで、値段を下げています。

住宅の間取りやデザインを規格化し、使用する建材を統一することで、建材を一度に大量に仕入れることができます。

購入する製品の数量が多いほど単価が下がり、大量購入で材料費が安くなります!

規格化することで、発注ロス(余り)の削減にも繋がります

建材のグレードが高いわけではないですが、低価格な粗悪品を使用しているというわけでもないので、安心ですね。

いえ子ちゃん

安かろう悪かろうではないってことですね!

壁材などのグレードが低い場合は、断熱性や防音性が低いことがあります。

建材など、グレードがどの程度なのか、確認が必要です。

【ローコスト住宅】安さの理由②人件費

ローコスト住宅では、人件費を抑えようと工夫がされています。

同じ規格の住宅を建てる→複雑な作業が減る
建材は事前にプレカット→建築現場での作業負担が減る
規格化されている→経験豊富な作業員でなくてもOK

以上のことから、建築工事にかかる手間や時間が短縮され、人件費を抑えることができています。

規格化することで、作業効率が上がり、工期も短縮されることが多いです。

【ローコスト住宅】安さの理由③広告宣伝費

ローコスト住宅では、集客方法を工夫し、広告費をカットしています

全国的なテレビCMやモデルハウスの建設などは、高額な広告宣伝費がかかります。

広告宣伝で知名度が高くなる分、家の価格に経費が上乗せされています。

ローコスト住宅は、CMを全国ネットではなく、流す地域を限定することで、費用の削減をしてます。

ルム編集長

広告にお金をかけるよりも、建物にお金をかけてもらえたら嬉しいですよね♪

広告費や営業を抑えることで、人件費の削減にも繋がっています。

【ローコスト住宅】安さの理由④デザイン費/設計費

ローコスト住宅はデザインや間取りを規格化し、デザイン費・設計費を抑えています。
住宅の形は、凸凹が多いと、建築費は高くなります。

なので、ローコスト住宅はシンプルな造りの住宅が多いです。

シンプルな造りの住宅は、壁・ドア・窓などの数を減らすことができます。

数を減らすことで、材料費だけでなく、諸経費の削減にも繋がります。

他にも、コンセントや照明の数を減らしたり、お風呂やキッチンのグレードを低めに設定し、費用を抑えています。

ローコスト住宅でも、間取りを自由に決めることができるハウスメーカーもあるので、安心してくださいね。



細かいコストカットをたくさんすることで、ローコスト住宅を実現しています。

ローコスト住宅の資料を請求する

ローコスト住宅で後悔しないための注意点:3つ

ローコスト住宅で、安くマイホームが建てられると安心してはいけません。

コストを抑えるために、ローコスト住宅を選んだのに、
実は予算オーバーだった。
なんてこともあります。

いえ子ちゃん

ローコスト住宅なら予算の悩みは解消されると思ってた…!

ルム編集長

3つの注意点を守らないと、ローコスト住宅にするメリットがないよ!

後悔しないための3つの注意点
  1. 価格の相場を知っておく
  2. 複数社と比較する
  3. 契約前にプランの確認をする

ひとつひとつ解説していきます。

後悔しないための注意点①相場を知っておく

相場を知っていないと、ほんとにローコストかどうかはわかりません。

ローコスト住宅の相場は、坪単価30万~50万円、総額1000万円台で住宅が建つと言われています。

坪単価が安いからといって、家を広くしてしまえば、結局費用がかさみます。

建てる住宅の大きさによっては、1000万円台で収まらない可能性もあります。

いえ子ちゃん

坪単価だけ比較すればいいと思ってた…
建物本体工事の総額がいくらかが重要ですね…!

また坪単価が安くても、外構工事費が含まれていないので、注意が必要です。

外構:駐車場や家の周りのフェンスなど、建物以外の部分

気づいたら、
一般的な注文住宅と同じような金額になっていた
なんてことに、ならないように気をつけてくださいね。

ルム編集長

建物本体はコスト抑えたつもりが、外構で予算オーバーはよくある話だから注意!

< 外構についての関連記事 >

▼ 外構工事の費用を50万円以上安くする方法!予算を抑えたい人が知るべき5つのコツ!

後悔しないための注意点②複数社と比較する

ローコスト住宅といっても、ハウスメーカーによってプラン内容や設備は異なります。

プラン内容や費用については、数社を比較して決めることが大切です。

建築費用の相場というのは、わかりにくいです。

提示された金額が適正かどうか判断するためにも、数社で比較する必要があります。

いえ子ちゃん

1社だけだと、本当にローコストなのかがわからないから心配…

ルム編集長

相見積もりは無料でもらえるから、コスト比較のためにも取得しておこう!

ローコスト住宅は、ある程度プランや設備が決まっていることがほとんどです。

自分の希望に合ったプランを見つけるためにも、複数社と比較することをおすすめします。

メンテナンスやアフターケアの確認もしておきましょう。

< 相見積もりについての関連記事 >

▼ マイホーム費用を500万円以上お得に!家づくりで損しないために絶対するべきたった1つのこと!

後悔しないための注意点③プランやオプションの確認をする

ローコスト住宅は、標準設備が最低限の設備だけになっている可能性があります。

通常であれば、標準設備に含まれているものが、オプションになっていて、別料金がかかることもあります。

いえ子ちゃん

標準設備の範囲は会社によって違うんですね…!

また、規格住宅が多いため、希望通りの住宅を建てられない可能性もあります
プランやオプションなど、どこまで変更が可能なのか、確認が必要です。

ルム編集長

オプションの付け過ぎで、後から予算オーバーになるケースもかなり多いですよ!

ローコスト住宅は、間取りや設備がほとんど決まっている建売住宅よりは自由度があります。

ただ、注文住宅よりは自由度がありません。

より希望に近い家づくりができるよう、契約前にプランやオプションをチェックしましょう。

契約した後にプラン変更やオプションを追加すると、追加料金で予算オーバーになる可能性があるので、注意が必要です。

ルム編集長

契約後の変更をしなくて良いように、プラン内容と費用を必ず確認してから契約してね…!

▼ 住宅ローンで後悔しないために…

住宅会社提携以外のファイナンシャルプランナーへの無料相談がオススメです。

フラットな立場から無理のない返済計画を提案してくれます。

東証一部上場のリクルート社が運営するFP相談はオンライン面談OKなので不安な方は活用しましょう!

無料でFPに相談する >>

▲ 今ならゴディバのギフト券もらえる ▲

【ローコスト住宅】家づくりで後悔しないために…

いえ子ちゃん

ローコスト住宅は品質や安全性に問題があるかと思ってたけど、違うんですね!

ルム編集長

企業努力で無駄なコストを削減しているんだよ♪



ローコスト住宅は、デザインや間取りを規格化し、デザイン費・設計費を抑え、作業の合理化により人件費を抑えています。

ルム編集長

もちろん値段の安さに飛びつかずに情報収集をしてね!

▼ マイホームのコストを抑えたい方

注文住宅の間取りで後悔しないためには?

せっかく念願のマイホームを建てても、家の間取りや設備で後悔する人は多いです。
家は3回建てないと満足しない』とよく言われています。

注文住宅のよくある後悔
  • 間取りの比較が不十分な状態で決定してしまった。
  • 自分で積極的な情報収集をしなかった。
  • より良い間取りを検討するための参考材料が少なすぎた。

このような後悔体験談は、家づくり経験のあるInstagramフォロワーさんからよく届きます。

逆に後悔していない方は99%間取りを比較しています。

※Instagramの質問箱アンケート参照
「これから家づくりを始める方へアドバイスありますか?」

と聞いてみたところ、回答は以下のような内容でした。

実際に注文住宅を建てた経験者さんからのアドバイスを見てわかるように、
間取り決めの成功=間取りプランの比較 は間違いないですね。

ルム編集長

間取りで後悔しないためにはとにかく情報収集が大事!

住宅展示場に行く前に下調べをしましょう!

いきなり住宅展示場に行くと失敗する理由とは?

ここだけの話、まっさきに住宅展示場に行くのは、マイホーム計画の典型的な失敗例です。

住宅展示場デメリット

  • 頑張っても1日で2〜3社しか見れない
  • 2〜3時間の営業の後、ようやくカタログや間取りをもらえる
  • 子ども連れだとさらに体力を消耗して貴重な1日が終わる
  • 準備が終わっていないのに、あいまいに家づくりが始まってしまい後悔する

住宅展示場にいきなり行ってはいけない最も大きな理由は、

不十分な準備の状態でフワフワと家づくりが始まってしまうことです。

「自分が建てたい家はどんなイメージか?」

「予算はどれくらいまでが許容範囲か?」

これらの情報を整理せずに、家づくりを初めてしまうと予算オーバーや間取りの失敗に繋がり後悔が残ります。

ルム編集長

当たり前ですが、総予算や間取りは建てた後から変更できません。

わくわくして展示場にいきたい気持ちはよくわかりますが、冷静に考えてみてください。

まだ何も決まっていない段階で住宅展示場に行っても、何を見ればいいかも何を聞けばいいのかもわからないまま貴重な1日が終わってしまいます。

いえ子ちゃん

テンションだけ上がって、収穫なく帰宅してしまいそうです…

実は、住宅展示場に行くよりも効率的に理想の間取りを叶える方法があります。

SNS総フォロワー数20万人を超えるTHE ROOM TOUR 編集部が、家づくり経験者さんの体験談を元に徹底調査した結果です。

いつかマイホームを建てたい!と思っている方は必ずチェックしてくださいね。

この方法を使えば、全国のハウスメーカー・工務店から「あなただけのオリジナル間取りプラン・見積もり・カタログ」の3点セットを無料で取り寄せることができます。

オリジナル間取りプランがもらえる「タウンライフ家づくり」

タウンライフ間取り

タウンライフは、全国600社のハウスメーカー・工務店から、【あなただけのオリジナル間取りプラン・見積もり・カタログ】をもらえる無料サービスです。

タウンライフでできることをまとめてみました。

タウンライフでできること【無料】
  1. オリジナル家づくり計画書がもらえる
  2. 希望にあったオリジナル間取りプランがもらえる
  3. 見積り比較ができるので予算イメージができる
  4. 未公開含む土地情報がもらえる
  5. 資金計画を提案してもらえる
  6. カタログを簡単に複数社に一括依頼できる
  7. 自宅に複数社から資料が届くので外出不要

ルム編集長

希望を伝えれば、土地の情報ももらえるので土地探しから始める方にもオススメです♪

3分程度でオンライン依頼するだけで、カタログ資料がこんなにたくさんもらえます。

カタログを見ながら、自宅でゆっくり真似したいお家を探すのは家づくりのイメージが湧くので楽しいですよ。

これから、何千万という大金を支払う会社を選ぶわけですから、最低限カタログくらいは持っておくべきです。


しかも、タウンライフなら間取りプランをお試し作成してもらえます。

あなただけのオリジナルの間取りプランが手元にあれば、具体的なマイホームのイメージがわくはずです。

ルム編集長

複数社の間取りプランを実際に見比べてみよう!

間取りプランは住宅展示場に行かなくてもオンラインで手に入るよ!

間取りプラン無料

さらに、間取りプランに基づく見積もりを一緒にもらえます。

見積もりがあることで、

「どれくらいの家がどれくらいの予算で建つのか」を把握することができますね。

ルム編集長

カタログ・間取り・見積もりの3点セットで情報収集できるのはタウンライフだけです!

SUUMOやHOMESなど有名な住宅系サービスとは異なり、知名度が低いため本当に信頼できるサービスなのか?心配になる人もいるかも知れません。

しかし、安心してください。

タウンライフはこれまでに累計110万人以上が利用している、家づくり経験者の間では定番の無料カタログ請求サービスです。

実際に、注文住宅関係のサイト利用者アンケートでは3冠を達成しています。

タウンライフ 注文住宅

いえ子ちゃん

家づくりを始めるまでは全く知らなかったけど、マイホームの情報収集をするうちに何度も耳にしたという人が多かったです!

タウンライフは日本全国600社以上と提携しており、有名なハウスメーカーはほぼ提携しています。

ルム編集長

テレビで見たことあるような有名なハウスメーカーがあなたの家の間取りプランを作ってくれることを想像するとワクワクしますね。

タウンライフはTHE ROOM TOUR(当サイト)でも大人気のサービスです。

当メディアのSNS総フォロワー様数は20万人を超えており、毎月のようにたくさんの方がタウンライフを利用していますが、これまでに悪質なクレーム報告等は1つも届いていません。

ルム編集長

完全無料で間取りやカタログをもらえるので、気軽に利用しておけばOKです。

間取り作成とカタログの依頼は、下のボタンから3分で完了します。

まずは申し込んでみて、自宅にカタログや間取りプランが届くのを待ちましょう。

あなたが理想とする暮らしに出会えますよ。

  • 間取り決めのアイディア集めになる!
  • 今の間取りの改善点が見つかる!
  • 完全無料で3分でオーダー完了
間取りをもらっても
契約縛り一切なし

▲先着順でプレゼントもらえる!

▼実際の口コミや詳しい使用方法を詳しく知りたい方はこちらからどうぞ!

絶対に参考になる!家づくりで役に立ちすぎるサイト3選 画像④
  • あなただけのオリジナル間取りもらえる
  • 全国600社のカタログでアイディア集め
  • 家づくり経験者110万人が利用した実績
先着限定プレゼント有り
※3分で依頼完了

家づくり経験者の生の声をお届けしています

当メディアには、素敵な注文住宅に暮らす”家づくり経験者さん”より、たくさんの体験談やアドバイスが寄せられます。
これまでに集まった家づくりの体験談は1,000件以上。お家の掲載は700件以上です。
Instagramを中心にSNS総フォロワー数が20万人を超える当メディアだからこそ、届けられる家づくりのリアルな情報を配信しています。