外構プラン

外構工事の費用を50万円以上安くする方法!予算を抑えたい人が知るべき5つのコツ!

外構工事コストダウンのコツ

外構工事の費用についてこんな悩みがある方におすすめの記事です。

  • 外構予算をどれくらい確保すればいいのか不安…
  • いつから外構打ち合わせを始めればいいのかわからない…
  • 本体工事に予算を使ってしまったため、すこしでも外構のコストを抑えたい…

家づくりの打ち合わせも順調に進んでいくと、外構工事について検討するタイミングが来ます。

いえ子ちゃん

家づくりって決めることが多すぎて手が回らない…
外構は後回しにしちゃおうかな…

ルム編集長

外構を後回しにするのはとっても危険!
そのせいで予算オーバーした家づくり経験者さんはたくさんいます…


また、本体工事に予算を使いすぎてせっかくのマイホームがほぼ裸のような状態で引き渡しになってしまうケースもあります。

SNS総フォロワー20万人を超える暮らしのメディア THE ROOM TOUR (@the_room_tour)が家づくり経験者さんからのアドバイスを元に外構工事で失敗しないための方法をご紹介します。

本記事を読めば…

  • 外構工事のスケジュールと段取りがわかる
  • 外構費用を抑えるための具体的な方法がわかる
  • 新築時の外構で失敗しない方法がわかる

結論から書くと、外構で無駄なコストをかけないコツは5つです。

  1. 外構工事を適切なタイミングで検討する
  2. 住宅会社の提携業者以外を検討する
  3. 新築時にすべての工事を完了させる必要はない
  4. ある条件を満たせばDIYもOK
  5. 【最重要】相見積もりでコストダウン

▼ 今すぐ相見積もりが欲しい方はコチラ

  • 相見積もりでコストダウンできる!
  • 外構プランのアイディア集めができる!
  • 1,000円分のクオカードもらえる!
  • 完全無料で3分でオーダー完了!
見積もりをもらっても
契約縛り一切なし

※リフォームと表示されますが、新築も利用可能です。

タウンライフ外構の具体的な利用の手順にスキップ

▼新築外構の人気ランキングはコチラ

外構費用コストダウンのコツ①:適切なタイミングで検討する

1つ目のコツとして、絶対に外構工事を後回しにしないことです。

いえ子ちゃん

え…引き渡し直前くらいで考えてた…!

ルム編集長

外構工事で陥りがちな落とし穴が、見積りや打ち合わせのタイミングが遅すぎるケースだよ!

外構工事で失敗しない人や、無駄な費用をかけない人ほど早めの行動をしています。

簡潔にいうと、外構工事は検討するのが早ければ早いほど費用を安く抑えられる可能性が上がります。

外構アプローチ

どうしても家づくりは、間取り決めをはじめとして建物に関しての打ち合わせが中心になってしまいがちなので注意が必要です。

ハウスメーカーや工務店にとっては、建物本体の工事がメインになります。
そのため、どうしても外構の打ち合わせの優先度は下がってしまいます。

適切な外構工事の相談/見積りのタイミングとは?

家が建ち始めてしまうと、細かい決め事がどんどん増えていくので外構まで考える余裕が無くなってしまいます。

反対に、ハウスメーカーとの契約すら決まっていないタイミングで打ち合わせをはじめようにも、打ち合わせる内容がないので時間の無駄になってしまいます。

いえ子ちゃん

適切なタイミングで外構を検討し始めることが重要ですね…!

ルム編集長

外構工事のスケジュールをまとめてみたよ!

想像よりも早いかもしれませんが、外構工事を安くしたいのであればこれくらいスケジュールに余裕を持っておくと安心です。

なぜなら、「相見積もりによる価格交渉」や「外構プランの内容決定」などにたっぷり時間を使えるからです。

いえ子ちゃん

予想より、だいぶ早い!!!(笑)
急ぎます!

上棟式までには外構業者先や工事内容を決定しておきましょう!


もちろんこれは余裕をもった場合の理想的なスケジュールです。

ルム編集長

すでに遅れてる!って人も慌てないで!
残り4つのコツを実践すればまだ間に合うよ!

▼外構工事を検討するタイミングについて詳しく解説してます。

外構費用コストダウンのコツ②:外構工事専門業者に依頼する

2つ目のコツは外構工事業者の選び方です。
費用を抑えたいのであれば、外構工事の専門業者に依頼するのがオススメですよ。

特にハウスメーカーや工務店が紹介してくれる提携業者に依頼するかどうかが大きな分かれ道です。

いえ子ちゃん

提携業者に依頼すればいいんじゃないの…???

ルム編集長

ハウスメーカーや工務店の提携先の外構業者は高額なケースが多いよ…

実は外構工事をお得にできた方のほとんどは、提携外の工事業者に依頼しています♪

いえ子ちゃん

ハウスメーカー提携業者は見積りが高いって噂は確かに聞いたことあるかも…

外構工事費用が安くなるワケとは?

ルム編集長

ハウスメーカーの外構工事費用がなぜ高いのか?
解説します!

それは、工事業者との仲介業者の立ち位置にハウスメーカーがいるためです。

ハウスメーカーからもらう見積り金額には、工事業者に支払う純粋な工事費用に加えて仲介手数料が上乗せされていることになります。

いえ子ちゃん

なるほど…!
工事内容は変わらないのに、仲介手数料の分だけ費用が上がってしまうんですね。

ハウスメーカーも営利活動ですので紹介料という形で、一般的に10%〜20%が上乗せされているようです。
なんでも見積書の項目には直接書かずに上乗せされているケースが多いんだとか…

外構工事費用が安くなる業者を選ぶ

そこで、外構工事費用を抑えるコツとしてオススメなのがメーカー提携外の工事業者に依頼する方法です。
この方法であれば、ハウスメーカーへ支払うはずだった仲介手数料の分だけ費用を抑えることができます。

外構業者選びで50万〜100万円単位で金額が変わるケースもあります。

いえ子ちゃん

なるほど!
これなら外構専門の業者さんに依頼した方がコストは抑えられそうですね…!

外構工事は専門業者に相談しよう

外構工事の費用を抑えたい方は、ハウスメーカー提携外の専門業者に依頼するのが確実な方法です。

いえ子ちゃん

ところで、外構工事の専門業者ってどうやって見つければいいの?

地元に有名な外構業者さんがいたり、知人に紹介してもらえるのであれば、手っ取り早く見つかりますが、そうも行かないことも多いです。

外構専門業者を見つける最も一般的な方法はネットでの一括見積り依頼です。

ルム編集長

オンラインで無料一括見積もり依頼がオススメ!

外構業者に1社ずつ問い合わせるのは大変なので、一括請求するのが効率的です。

外構一括見積もりのメリット
  • 家事や子育てのスキマ時間に進められる
  • 自分で一社ずつ問い合わせなくて良い
  • ハウスメーカー提携以外の業者を見つけられる

一括で複数の見積もりを取得するのがポイントです。
1社の見積もりを取得するだけではコストダウンできないので注意してくださいね。

外構の見積もりを一括取得できるサービスはいくつかあるのですが、鉄板の人気サイトはタウンライフ外構です。

ルム編集長

タウンライフ外構ならサンプルの外構プランと見積もりがセットでもらえます!

  • 相見積もりでコストダウンできる!
  • 外構プランのアイディア集めができる!
  • 完全無料で3分でオーダー完了!
見積もりをもらっても
契約縛り一切なし

※リフォームと表示されますが、新築も利用可能です。

タウンライフ外構の特徴
  • 全国300社以上の中から一括で見積もりをもらえる
  • 土地に合わせた外構プランニングを考えてくれる
  • スケジュール管理も含めたアドバイスをしてくれる
  • 外構プランのアイディアを提案してくれる
  • 厳しい審査を通った業者のみなので、安心

タウンライフ外構の最大のメリットは、たった3分のネット申込みで一括で複数社の見積もりを取得できることです。

このメリットのおかげで、『コツ⑤相見積もり』で大幅なコストダウンが可能です。


外構費用の不安を早めに解消すれば、建物本体の打ち合わせに時間の余裕ができますし、追加でオプションを頼む余裕が見つかるかもしれません。

完全無料で複数社の見積もりを取得できるので、早めに見積もりだけでも取得しておきましょう。

SUUMOやHOMESなど有名な住宅系サービスとは異なり、知名度が低いため本当に信頼できるサービスなのか?心配になる人もいるかも知れません。

しかし、安心してください。

タウンライフはこれまでに累計110万人以上が利用している、家づくり経験者の間では定番の無料サービスです。

実際にタウンライフ外構は、外構・リフォームサイトの利用者アンケートでは3冠を達成しています。

外構費用コストダウン
ルム編集長

家づくりを始めるまでは全く知らなかったけど、マイホームの情報収集をするうちに何度も耳にしたという人が多かったです!

タウンライフはTHE ROOM TOUR(当サイト)でも大人気のサービスです。

当メディアのSNS総フォロワー様数は20万人を超えており、毎月のようにたくさんの方がタウンライフを利用していますが、これまでに悪質なクレーム報告等は1つも届いていません。

ルム編集長

完全無料で外構プランの見積もりがもらえるので、気軽に利用しておけばOKです。

外構プランの作成と見積もりの依頼は、下のボタンから3分で完了します。

まずは申し込んでみて、自宅に資料が届くのを待ちましょう。

  • 相見積もりでコストダウンできる!
  • 外構プランのアイディア集めができる!
  • 完全無料で3分でオーダー完了!
見積もりをもらっても
契約縛り一切なし

※リフォームと表示されますが、新築も利用可能です。

▼外構業者の選び方を詳しく解説しています。

外構費用コストダウンのコツ③:外構工事の内容は最低限で選ぶ

外構工事の費用を抑えるためのコツ3つ目は、必要な工事とそうでない工事を慎重に選ぶことです。

いえ子ちゃん

ウッドデッキ欲しい!
玄関アプローチにこだわりたい!
カーポート設置したい!

念願のマイホームなので、希望をたくさん詰め込みたい気持ちはありますが、工事内容は冷静に見極めましょう。

外構プランの重要性

キッチンやお風呂がないと生活はできませんが、ウッドデッキがなくても生活することは可能です。

つまり建物工事と違って、外構工事はしなくても生活は成り立ちます。

新築時の外構工事のポイント
  • 最低限必要な工事内容を見極める!
  • 住んでみてから後付けという選択肢も検討!
  • いるかいらないか悩む内容はいったんいらない!

いえ子ちゃん

一回の工事でまとめてやった方が安いという話も聞いたことあるけど…どうなんだろう?

ルム編集長

もちろん工事内容によっては新築時にまとめて行ったほうがいいよ!
重要なのは優先順位をつけること!


場合によっては、新築時の外構予算を抑えて後から工事する選択肢もありです。

▼新築外構工事の経験者が実際にコストダウンに成功した方法について解説しています。

外構費用コストダウンのコツ④:安全性に問題なければ一部DIY

4つ目のコツは外構を一部DIYで行うという内容です。

いわゆる部分DIYです。

外構DIYおすすめ

これは好みが別れてしまいますが、物づくりが好きな方やお子さんも交えて1つのイベントとして楽しみたい方にはオススメです。

いえ子ちゃん

確かに子どもたちと遊びながら作るって考えると楽しそう!

但し、外構DIYの注意点として「とある条件をクリアする項目」だけにしましょう。

とある条件とは安全性です。

いえ子ちゃん

物置の設置やブロックの積み上げなんかは難しそうだし、怪我にも繋がりそう…

ルム編集長

日曜大工の延長でできるような内容に絞って、DIYを楽しむのがオススメ♪

比較的カンタンな外構DIY
  • 玄関アプローチにレンガ敷き詰め
  • 庭に花壇を設置
  • 人工芝をしく
  • ウッドパネルを使ってウッドデッキ風に

DIYの注意点として、安全性や防犯面などに関わる部分は専門業者にお任せしましょう!

ルム編集長

ホームセンターを活用すれば外構DIYの幅は広がりますよ♪

▼外構の予算別プランを紹介しています。

外構費用コストダウンのコツ⑤:外構費用は必ず相見積もりで値引き交渉※最重要


5つ目のコツは相見積もりで価格交渉を行うことです。
そしてこれが最も重要で、コストダウンに効果があるコツになります。

2つ目のコツ【外構工事業社の選び方】でも説明していますが、外構専門業者に直接依頼するのが外構費用を抑えるポイントとなります。

いえ子ちゃん

ハウスメーカー提携は仲介手数料分だけ高くなりがちだからですね!(復習)

この際に、一社だけに依頼するのではなく複数社に見積もりを出してもらうようにしましょう。

相見積もりによって、外構業者の間で価格競争が発生します。

外構業者A
外構業者A
他社さんより安くなるように上司と話してきます!
外構業者B
外構業者B
他社さんが〇〇万円ならうちは△△万円まで値下げしますよ!

外構業者間の価格競争こそ、相見積もりを取得しておくべき理由です。

いえ子ちゃん

相見積もりを見せるだけで、外構業者同士が値下げを初めてくれるんですね!

当たり前ですが、契約をした後から値段を下げることは不可能です。

ルム編集長

契約前が最後の価格交渉チャンスと思っておきましょう!

そして、相見積もりの価格交渉こそが最も有効な外構費用削減のポイントとなります。

いえ子ちゃん

価格交渉の材料にするためにも、早めに相見積もりを取得しておいた方がいいんですね。

実際にInstagramでの家づくり経験者さんへのアンケートでは、相見積もりをして外構費用を抑えたという意見が多くありました。

家づくり経験者
家づくり経験者
外構の相見積もりのおかげで100万円コストダウンできました。

外構業者同士に価格競争を促すために、見積もりを複数入手しましょう。

まとめると、外構コストダウンの具体的な方法は以下のとおりです。

早めの段階で相見積もりを取得する。

その後、相見積もりを提示して価格競争してもらいコストを下げる。

相見積もり用の見積もりはタウンライフ外構で無料でもらえます。

申し込みは3分程度なので、すぐに完了します。

もちろん見積もりをもらうだけなので気に入らなかったら無理に契約する必要もありません。

ルム編集長

相見積もりを取得して損することはないので、早めに使っておきましょう!

まとめると、タウンライフ外構を使うべき理由は2つになります。

タウンライフ外構を使う理由
  • 一括見積もり請求をして、お得な外構業者を見つける
  • 複数見積もりを比較して外構業者間で価格競争してもらう

「価格交渉」にハードルを感じる方もいるかも知れませんが、相見積もりがあればやることはとってもシンプルです。

別の業者からも見積もりをもらっていて、そちらの方が安いことを伝えましょう。

万が一、高額な外構業者に依頼してしまい、値下げの交渉も特にせず外構工事を進めてしまったとします。

そうすると、本体工事は理想を詰め込んだのに、外構だけが裸同然の状態で引き渡されてしまうと後悔が残ります。

無理に価格交渉をする必要はないのですが、なるべくコストを抑えてくれる信頼できる外構業者に出会うためにも一括見積りを早めに利用しておくことをおすすめします。

  • 相見積もりでコストダウンできる!
  • 外構プランのアイディア集めができる!
  • 完全無料で3分でオーダー完了!
見積もりをもらっても
契約縛り一切なし

タウンライフ外構の具体的な利用の手順にスキップ

相見積もりの価格交渉のコツとは?

価格交渉がうまくできるか不安という方も多いので、カンタンにコツをご紹介します。

メーカー出荷の製品であれば品質は同じで、変わるのは施工費(手数料)のみ

価格交渉によって粗悪な外構になるのは嫌ですが、外構工事はメーカー出荷製品を取り扱うことがほとんどなので品質の差はそこまででません。

そして、同じ製品を別の外構業者で扱う形になるので交渉も実はカンタンです。

  1. 欲しい商品や希望の工事内容を複数の業者に伝える
  2. 見積もり内容を見比べて、高い方の業者に安い見積もりを提示する

ルム編集長

たったこれだけのステップで価格交渉できますよ♪

ハウスメーカー提携業者と外構専門業者で相見積もりをしない
外構専門業社同士で相見積もりをする

ハウスメーカーの提携業者はそもそもの金額が高いので、外構専門業者からすると価格を下回れて当然です。

そのため値下げ幅も小さくなり、相見積もりの効果もうすまります。

相見積もりをするのであれば、外構専門業者同士で行いましょう。

いえ子ちゃん

外構業者と外構業者で比較しないと意味がないんですね…!

見積もりが複数ないと価格交渉は不可能

これらの交渉のテクニックや外構費用のコストダウンの方法は、外構専門業社の見積もりが複数なければ実現できません。

交渉の材料として持っておくためにも、外構見積もりは早めに入手しておきましょう。

ルム編集長

相見積もりがないと、減額交渉がそもそもできないよ!

▼相見積もりで外構費用を100万円以上やすくする裏ワザはコチラ

外構工事の相見積もりを取得する方法

タウンライフ外構なら家事や子育てのスキマ時間にマイホーム計画を進められます。
スマホで3分ほどのカンタンな依頼をして、自宅に資料が届きます。

タウンライフ外構ポイント
  • 見積もりやプラン依頼はネットだけで完結
  • 見積もり依頼はたった3分で完了
  • 自宅に資料が届くのを待つだけ
見積もりをもらっても
契約縛り一切なし

※リフォームと表示されますが、新築も利用可能です。

カンタンな3ステップで完了【所要時間は3分】

エリアを選択してフォームに沿って入力していくだけなので、3分くらいで終わります。

まずはコチラからタウンライフ外構の公式サイトへアクセスします。

「リフォーム」という記載が出ますが、備考欄に「新築」と記載すれば問題なく使えます。

外構工事の相見積もりよくあるQ&Aコーナー

現地調査に何社も来てもらうのは大変じゃないですか?

立ち合いなしでもOKです!

契約まで進む場合はもちろん立ち合いでの現地調査は必要になりますが、見積もりだけであればオンラインで完結できます。

提携業者じゃないと外構費用は住宅ローンに組み込めない?

基本的にそのようなルールはありません!

銀行の担当者や営業担当者に確認をしてみてください。銀行や契約の条件などにもよるので、一概には言えませんが絶対組み込めないというルールはありません。

しつこい電話営業が不安です…

備考欄にメール連絡希望と記載しましょう

電話営業が苦手な方は、「メールでの連絡を希望します」と備考欄に書いておけば未然に防げますよ。

タウンライフ外構に依頼した場合は、必ずその業者の中から契約しないといけませんか?
キャンセル料などはありますか?

契約しなくても問題ないですし、費用は一切かかりません。

気に入った業者が見つからなかったり、予算が合わなかった場合は契約をせずとも全く問題ありません。
また、その場合に何かの費用が発生することもありません。

見積もりをもらっても
契約縛り一切なし

※リフォームと表示されますが、新築も利用可能です。

外構費用をコストダウンする方法まとめ

今回は、外構工事の費用を抑える5つのコツについてご紹介しました。

外構コストダウン5つのコツ
  1. 早めのタイミングで準備スタート
  2. 外構業者はハウスメーカー提携外を選ぶ
  3. まずは最低限の項目から工事内容を決める
  4. 安全性に問題なければDIYも検討する
  5. 外構費用は相見積もりで値引き交渉【最重要】

外構工事は本体工事の次にお金がかかる部分です。

逆に言えば、最もまとまった金額を節約できるタイミングでもあります。

ここでご紹介した5つのコツを活用して、快適な家づくりを実現してくださいね。

「外構業者選びがめんどうだからといってハウスメーカー任せにしようとしていませんか?」

信頼できるお得な外構業者を見つける秘訣は、複数の業者を比較すること。

1社や2社だけで決めることはせずに、何社かの業者で比較しましょう。

外構工事は同じままで50万円以上、うまくいけば100万円以上コストダウンする事ができます。

いえ子ちゃん

浮いた100万円で外構グレードアップやインテリア家電の充実に予算を回せますね。

ルム編集長

無料の一括見積もりサイトなら、優良な業者に依頼できるよ♪

一括見積もりサイトを利用すれば、複数の業者を比較できるため、より安くてより良い提案をしてくれる業者に依頼できます。

無料の一括見積もりサイトなら、3分程度で終わる簡単な入力のみで、複数の業者を比較することができます。

24時間いつでも利用できるので、少し手の空いたときに見積もり依頼ができてとても便利です。

▼インスタグラムのアンケートでも78%の人が外構業者の相見積もりをおすすめしています。

ルム編集長

まだ一括見積もりサイトを利用したことがない方がいれば、ぜひ使ってみてくださいね。

今なら、お得なギフト券がもらえるキャンペーン中です。

理想の外構プランを叶えるなら、準備は早ければ早いほどいいです。

「あの時、もっと早く見積り比較して外構業者を探さなかったせいで100万円も損してしまった…」
なんてことにならないように、今すぐ外構相見積もりをしてくださいね。

まずは無料見積り依頼をして、後悔しない外構プランを実現してください。

▼ 当サイトで人気No.1の外構見積りサイト

  • 相見積もりでコストダウンできる!
  • 外構プランのアイディア集めができる!
  • 1,000円分のクオカードもらえる!
  • 完全無料で3分でオーダー完了!
見積もりをもらっても
契約縛り一切なし

※リフォームと表示されますが、新築も利用可能です

コチラの記事では外構を100万円以上コストダウンする方法を解説しています。

家づくり経験者の生の声をお届けしています

当メディアには、素敵な注文住宅に暮らす”家づくり経験者さん”より、たくさんの体験談やアドバイスが寄せられます。
これまでに集まった家づくりの体験談は1,000件以上。お家の掲載は700件以上です。
Instagramを中心にSNS総フォロワー数が20万人を超える当メディアだからこそ、届けられる家づくりのリアルな情報を配信しています。