外構プラン

新築外構のよくある失敗ランキング7選!10万人に聞いた後悔体験談から原因と対策を徹底解説

いえ子ちゃん

外構が今のプランで大丈夫か不安です…。

一生の中でも、大きな選択を迫られる新築の注文住宅。

建物本体工事だけではなく、外構も大事な要素です。

新築時の外構で失敗してしまうと、マイホームの満足度は下がってしまいます。

ルム編集長

外構で失敗しないために、失敗した方の声を聞くことも大切です!

SNS総フォロワー20万人を超える暮らしのメディア「THE ROOM TOUR」(@the_room_tour)が家づくり経験者さんに『新築外構で失敗したこと』についてのアンケートを取りました。

今回は、新築外構のよくある失敗をランキング形式で紹介しています。

これから新築外構を検討する方は、外構で失敗しないための参考にしてみてください!

この記事を読むと…

  • 新築外構のよくある失敗がわかる!
  • 新築外構で失敗する原因と対策がわかる!

ルム編集長

経験者さんのリアルな意見なので、失敗しないための参考になりますよ♪

新築外構で失敗したことランキングベスト7

今回は、Instagramのフォロワーさん10万人に、『新築外構で失敗したこと』を聞きました。

外構づくりで失敗すると、後で修正するのが大変です。

新築外構で失敗しないためにも、経験者さんの意見を参考にしてみましょう。

新築外構で失敗したことBest7
  1. クローズド外構にすれば良かった
  2. ハウスメーカーに依頼して高くなった
  3. 外構にかける予算が少なくなった
  4. コンクリート面積を増やせば良かった
  5. 駐車場をしっかり設計すれば良かった
  6. 天然芝が雑草だらけになった
  7. 庭木に虫が寄ってくる

新築外構で失敗したこと1位:クローズド外構にすれば良かった

今回のアンケートの結果、もっとも「失敗したこと」として挙げられたのが『クローズド外構にすれば良かった』という声です。

クローズド外構…門扉やフェンス、ブロック塀などで家の周囲を取り囲み、外部からの視線を遮断する外構のこと。

クローズド外構は、外構の中でも断トツで人気があります。

しかし、クローズド外構は家の周囲をフェンスや塀で取り囲むため、使用する資材が多く予算が高くなりがち

そのため、予算の関係上クローズド外構を諦めたけれど、やはり住んでから後悔するパターンが多いようです。

いえ子ちゃん

クローズド外構は高くなるから、たしかに悩む…。

ルム編集長

『クローズド外構にすれば良かった』と後悔している方からは、こんな声がありました。

  • 隣の家からの目隠しフェンスを立てれば良かった…
  • 安いフェンスにしたら、外から丸見えだった…
  • 塀が低かった…
  • もっと周りから見えないようにすれば良かった…

予算を考えて、妥協してしまいがちなクローズド外構ですが、外部からの視線はやはり気になるもの

外部からの視線を感じ続けながら生活するのは、リラックスできません。

特に隣の家との距離が近かったり、人通りの多い場所に建てたりと、外部からの視線が気になる環境の場合は、クローズド外構が重要でしょう。

ルム編集長

工夫して外構全体の費用を抑え、クローズド外構へ資金を回すことが大切です!

コチラの記事では、外構の費用を安くする方法をランキング形式で解説しています。

新築外構で失敗したこと2位:ハウスメーカーに依頼して高くなった

ハウスメーカーに外構を依頼すると、外構業者への中間マージンが発生するため、どうしても費用が高くなります。

しかし、その事実を知らずにハウスメーカーに依頼をして、『高い料金を支払ってしまった…』という声が多かったです。

当サイト「THE ROOM TOUR」では、ハウスメーカーではなく、外構業者へ直接依頼する方法をおすすめしています。

いえ子ちゃん

ハウスメーカーに頼まなくてもいいんだね。

ルム編集長

安くて優良な外構業者を自分で選ぶのがおすすめだよ♪

コチラの記事では、失敗しない外構業者の探し方を解説しています。

いえ子ちゃん

でも、自分で外構業者を探すのって大変そう…。

ルム編集長

無料の一括見積もりサイトがおすすめだよ!

無料の一括見積もりサイトであれば、ネットから3分で終わる入力をするだけで、複数の業者から見積もりをもらうことができます。

複数の業者を比較することで、優良な外構業者を見つけられるでしょう。

▼ 当サイトで人気No.1の外構見積りサイト

  • 相見積もりでコストダウンできる!
  • 外構プランのアイディア集めができる!
  • 1,000円分のクオカードもらえる!
  • 完全無料で3分でオーダー完了!
見積もりをもらっても
契約縛り一切なし

※リフォームと表示されますが、新築も利用可能です

コチラの記事では外構を100万円以上コストダウンする方法を解説しています。

新築外構で失敗したこと3位:外構にかける予算が少なくなった

アイコン名を入力

『建物本体にお金をかけすぎて、外構に使える予算があまり残っていなかった』という声も多かったです。

こだわり抜いた新築の注文住宅。

当初想定していたよりも、住宅の費用が上がってしまうケースも多いです。

その結果、外構にかける予算が少なくなってしまいます。

いえ子ちゃん

つい、外構は後回しにしちゃいそう…。

ルム編集長

外構は早い段階から考えておくのがおすすめだよ!

コチラの記事では、外構を後回しにしてはいけない理由を解説しています。

外構の費用相場は、建物の値段の「10〜15%程度」と言われています。

平均では150万円〜200万円ほど。

ルム編集長

外構の予算をあらかじめ考えた上で、住宅のプランを考えていきましょう。

さらに詳しい外構の費用相場は、コチラの記事で解説しています。

新築外構で失敗したこと4位:コンクリート面積を増やせば良かった

機能性が高くデザイン性も高いため、人気の土間コンクリート。

しかし、芝やアスファルトに比べると、費用が高くなります

外構費用を節約するためにコンクリート部分を少なくしたら、「住んでから後悔した」という意見が多かったです。

いえ子ちゃん

節約できても、住んでから後悔するのは困る…。

コンクリート面積を減らしたことで後悔した方からは、以下のような意見がありました。

  • 土のままにしていたら、雨の日に車がドロドロになった…
  • 駐車場が雑草だらけになった

コンクリートは、必要な場所を見極めて使うことが大切です。

特に、駐車場は車が汚れやすいため、コンクリートをおすすめします。

ルム編集長

雨の日を想定すると、どこにコンクリートを使うべきかイメージしやすいです。

新築外構で失敗したこと5位:駐車場をしっかり設計すれば良かった

ルム編集長

駐車スペースに関する失敗も多かったです。

  • カーポートをつければ良かった…
  • 駐車スペースが狭くて使い勝手が悪い

毎日のように使う駐車スペースは、快適に生活する上で重要な外構部分です。

また、後々手直ししにくい部分でもあります。

例えば、「カーポートが必要だったら後からつけよう」と考えていても、毎日使う駐車場は工事をしにくいでしょう。

ルム編集長

車を汚したくない方は、カーポートの設置をおすすめします!

なお、車1台を駐車するスペースは、「間口2.5mx奥行5.0m」以上を確保しておきましょう。

車のサイズによっては、もっと少ないスペースで駐車することも可能です。

しかし、ドアの開閉を考えると、これくらいのスペースを用意しておくと安心できるでしょう。

新築外構で失敗したこと6位:天然芝が雑草だらけになった

庭一面に広がる芝は、多くの方の憧れです。

しかし、芝の手入れを考えていない方が多いのも事実。

雑草は非常に生命力が強いため、定期的にメンテナンスしないと、すぐに雑草だらけになってしまいます。

いえ子ちゃん

家事や仕事に追われて、なかなか庭の手入れができないかも…。

芝のメンテナンスができなそうな場合には、天然芝の代わりに「人工芝」にしたり、除草砂利で埋めておいたりと、外構プランを変えることが必要です。

いえ子ちゃん

憧れだけでなく、実際の生活を想像しましょう。

新築外構で失敗したこと7位:庭木に虫が寄ってくる

緑を増やす目的として、また周囲からの目隠し用として重宝されるのがシンボルツリーです。

フェンスや塀代わりにもなるため、多くの方が取り入れています。

ルム編集長

しかし、木の種類を見た目だけで考えてしまうと、失敗してしまうことも…。

木の種類によって、寄ってくる虫が違ったり、棲みつく虫の量が違ったりすることが多いです。

虫によっては、人間に害を及ぼすものも。

以下の木は、虫がつきにくいと言われています。

  • ミモザアカシア
  • エニシダ
  • アオキ
  • キンモクセイ
  • 月桂樹

庭木を考える際には、木の見た目だけで選ぶのではなく、メンテナンスのしやすさや虫のつきにくさにも着目しておきましょう。

【番外編】新築外構で失敗したこと

ルム編集長

ランキングでは紹介しませんでしたが、アンケートにはこんな

意見もありました。

  • 玉砂利の掃除がしにくい
  • 駐輪スペースを用意していなかった
  • 宅配ボックスを用意すれば良かった

外構を失敗してしまう原因は、実際の生活をイメージできていないことによるものが多いです。

外構づくりで失敗しないためには、経験者さんの意見を聞いたり、ネットで調べたりしながら生活のイメージを膨らませ、住んだ後とのギャップがないように考えることが必要でしょう。

新築外構で失敗しない方法とは?

本記事では、Instagramのフォロワーさん10万人に、『新築外構で失敗したこと』を聞いたアンケート結果をランキング形式で解説しました。

新築外構で失敗したことBest7
  1. クローズド外構にすれば良かった
  2. ハウスメーカーに依頼して高くなった
  3. 外構にかける予算が少なくなった
  4. コンクリート面積を増やせば良かった
  5. 駐車場をしっかり設計すれば良かった
  6. 天然芝が雑草だらけになった
  7. 庭木に虫が寄ってくる

新築外構で失敗したことの上位には、「予算不足で妥協した結果、住みにくい環境になった」ことが並んでいます。

つまり、新築外構で失敗する最大の原因は、「費用の問題」です。

この問題を解決するには、安くて優良な外構業者に依頼することが必要となります。

「外構業者選びがめんどうだからといってハウスメーカー任せにしようとしていませんか?」

信頼できるお得な外構業者を見つける秘訣は、複数の業者を比較すること。

1社や2社だけで決めることはせずに、何社かの業者で比較しましょう。

外構工事は同じままで50万円以上、うまくいけば100万円以上コストダウンする事ができます。

いえ子ちゃん

浮いた100万円で外構グレードアップやインテリア家電の充実に予算を回せますね。

ルム編集長

無料の一括見積もりサイトなら、優良な業者に依頼できるよ♪

一括見積もりサイトを利用すれば、複数の業者を比較できるため、より安くてより良い提案をしてくれる業者に依頼できます。

無料の一括見積もりサイトなら、3分程度で終わる簡単な入力のみで、複数の業者を比較することができます。

24時間いつでも利用できるので、少し手の空いたときに見積もり依頼ができてとても便利です。

▼インスタグラムのアンケートでも78%の人が外構業者の相見積もりをおすすめしています。

ルム編集長

まだ一括見積もりサイトを利用したことがない方がいれば、ぜひ使ってみてくださいね。

今なら、お得なギフト券がもらえるキャンペーン中です。

理想の外構プランを叶えるなら、準備は早ければ早いほどいいです。

「あの時、もっと早く見積り比較して外構業者を探さなかったせいで100万円も損してしまった…」
なんてことにならないように、今すぐ外構相見積もりをしてくださいね。

まずは無料見積り依頼をして、後悔しない外構プランを実現してください。

▼ 当サイトで人気No.1の外構見積りサイト

  • 相見積もりでコストダウンできる!
  • 外構プランのアイディア集めができる!
  • 1,000円分のクオカードもらえる!
  • 完全無料で3分でオーダー完了!
見積もりをもらっても
契約縛り一切なし

※リフォームと表示されますが、新築も利用可能です

コチラの記事では外構を100万円以上コストダウンする方法を解説しています。

家づくり経験者の生の声をお届けしています

当メディアには、素敵な注文住宅に暮らす”家づくり経験者さん”より、たくさんの体験談やアドバイスが寄せられます。
これまでに集まった家づくりの体験談は1,000件以上。お家の掲載は700件以上です。
Instagramを中心にSNS総フォロワー数が20万人を超える当メディアだからこそ、届けられる家づくりのリアルな情報を配信しています。