家づくりの基本

マイホーム計画は何から始める?注文住宅を建てるなら真っ先にやるべきこと3選【住宅展示場に行く前に…!】

マイホーム計画まずやること3つ

ここだけの話、まっさきに住宅展示場に行くのはマイホーム計画の典型的な失敗例です。

いえ子ちゃん

マイホーム計画をスタートしたけど、何から手をつければいいのかさっぱりわからない…

ルム編集長

家づくりをはじめる90%以上の人が同じ状況だよ…!

今から紹介する「住宅展示場に行く前にやるべきこと3つ」をチェックすれば、正しい手順で家づくりが進められるよ♪

この記事でわかること

  • マイホーム計画を始める前にやるべきこと3つ
  • 後悔しない家づくりの手順と注意事項
  • 真っ先に住宅展示場に行くと失敗する理由

SNS総フォロワー20万人を超える暮らしのメディアTHE ROOM TOUR(@the_room_tour)編集部がフォロワーさんからの口コミや経験談を元に家づくりを始める前にやるべきことを3つ厳選して紹介します。

家づくりは人生で最も高い買い物です。

進め方と順番を間違えると予算オーバーや間取りの後悔に繋がりかねません。

この記事では、家づくりの知識がない人や時間がない忙しい人でも失敗しないように、最低限必要な手順だけを紹介しています。

最後まで読んで、安心して家づくりの第一歩をスタートしてくださいね。

いきなり住宅展示場はなんでダメなの?

いえ子ちゃん

家づくりスタートするならとりあえず住宅展示場にいけばいいと思ってた…!

ルム編集長

いきなり住宅展示場はオススメしないよ…!

いきなり住宅展示場へ行くデメリットをまとめてみました。

住宅展示場デメリット

  • 頑張っても1日で2~3社しか見れない
  • 2~3時間の営業の後、ようやくカタログや間取りをもらえる
  • 子ども連れだとさらに体力を消耗して貴重な1日が終わる
  • 充分な準備が終わっていないのに、流れで家づくりが始まってしまい後悔する

住宅展示場にいきなりいってはいけない最も大きな理由は不十分な準備の状態でフワフワと家づくりが始まってしまうことです。

「自分が建てたい家はどんなイメージか?」

「予算はどれくらいまでが許容範囲か?」

これらの情報を整理せずに、家づくりを初めてしまうと予算オーバーや間取りの失敗に繋がり後悔が残ります。

ルム編集長

当たり前ですが、総予算や間取りは建てた後から変更できません。

わくわくして展示場にいきたい気持ちはよくわかりますが、冷静に考えてみてください。

まだ何も決まっていない段階で住宅展示場に行っても、何を見ればいいかも何を聞けばいいのかもわからないまま貴重な1日が終わってしまいます。

いえ子ちゃん

テンションだけ上がって、大した収穫もなく帰宅してしまいそうです…

もし、あなたが家づくりを始めるスタート地点に立っているのであれば、自宅で住宅会社のカタログをゆっくり読むところから始めましょう。

建てたい家のイメージを膨らませてから住宅展示場に足を運んでも遅くは無いですよ。

ルム編集長

まっさきに住宅展示場にいくのはおすすめしませんが、実際の家を見るのは重要です!

情報収集をして準備ができた段階で展示場にいきましょう!

▼ コチラで住宅展示場に行かずに自宅で家づくりを進める方法を紹介しています。
>>外出不要!失敗しない家づくりを自宅で進めるたった1つの方法

< 関連記事 >

①カタログでマイホームのイメージを膨らませよう!

マイホームで最も重要なことは、情報収集です。

編集部がInstagramフォロワーさんを中心に家づくり経験者さんの体験談を集計した結果、情報収集不足はそのまま家づくりの後悔に繋がることがわかりました。

いえ子ちゃん

後悔しないためにもしっかりと情報収集したいけど、何から始めればいいの?

ルム編集長

最初にやるべきはカタログの無料一括請求です!

これからマイホーム計画を始める方におすすめなのが、カタログの一括資料請求です。

実際にInstagramのアンケート結果でも、資料請求をたくさんして平均6社程度比較してから決定した方がおおかったです。

カタログ請求が第一歩!
  • 家づくりのざっくりな流れがわかる
  • 施工事例写真集をみて、イメージがわく
  • どんな家を建てたいかを話し合う材料になる
  • 外出不要で無料でできる

カタログ請求をして、自宅でゆっくり資料を見比べるのは家づくりのイメージが湧くので楽しいのですよ♪

これから、何千万という大金を支払う会社を選ぶわけですから、最低限カタログくらいは持っておくべきです。

ルム編集長

1社ずつ請求するのは大変な手間なので、まとめて請求して時短するのが効率的です♪


▼ カタログ一括請求できるサービスはいくつかあるので、詳しくはコチラの記事でおすすめの3つのサイトを紹介しています。

おすすめのカタログ一括請求サイトはどこ?

カタログ一括資料請求サイトの中から、どれか1つだけ鉄板の人気サイトを選ぶとしたらタウンライフ家づくりがおすすめです。

なぜなら、カタログ+@でもらえる資料が豊富だからです。

ルム編集長

タウンライフはカタログ/間取り/見積もりの3種類が無料で手に入るよ!

▼ 家づくりの定番サイト ▼

絶対に参考になる!家づくりで役に立ちすぎるサイト3選 画像④
  • 全国600社のカタログをもらえる
  • 累計利用者110万人の人気サイト
  • 完全無料で3分でオーダー完了
先着限定のプレゼント有り

タウンライフは、全国600社のハウスメーカー・工務店から、【あなただけのオリジナル間取りプラン・見積もり・カタログ】をもらえる無料サービスです。

ルム編集長

希望を伝えれば、土地の情報ももらえるので土地探しから始める方にもオススメです♪

タウンライフでできることをまとめてみました。

タウンライフでできること【無料】
  1. オリジナル家づくり計画書がもらえる
  2. 希望にあったオリジナル間取りプランがもらえる
  3. 見積り比較ができるので予算イメージができる
  4. 未公開含む土地情報がもらえる
  5. 資金計画を提案してもらえる
  6. スマホで簡単にカタログ依頼できる
  7. 自宅に資料が届くので外出不要

3分程度でオンライン上で依頼するだけで、カタログ資料がこんなにたくさんもらえます。

カタログを見ながら、自宅でゆっくり真似したいお家を探すのは家づくりのイメージが湧くので楽しいですよ。

これから、何千万という大金を支払う会社を選ぶわけですから、最低限カタログくらいは持っておくべきです。


カタログだけでも家づくりの準備に便利なのに、タウンライフなら間取りプランをお試し作成してもらえます。

あなただけのオリジナルの間取りプランが手元にあれば、具体的なマイホームのイメージがわくはずです。

間取りプラン無料

さらに、間取りプランに基づく見積もりも一緒にもらえます。

見積もりがあることで、

「どれくらいの家がどれくらいの予算で建つのか」を把握することができます。

ルム編集長

カタログ・間取り・見積もりの3点セットで情報収集できるのはタウンライフだけです!

SUUMOやHOMESなど有名な住宅系サービスとは異なり、知名度が低いため本当に信頼できるサービスなのか?心配になる人もいるかも知れません。

しかし、安心してください。

タウンライフはこれまでに累計110万人以上が利用している、家づくり経験者の間では定番の無料カタログ請求サービスです。

実際に、注文住宅関係のサイト利用者アンケートでは3冠を達成しています。

タウンライフ 注文住宅

いえ子ちゃん

家づくりを始めるまでは全く知らなかったけど、マイホームの情報収集をするうちに何度も耳にしたという人が多かったです!

タウンライフは日本全国600社以上と提携しており、有名なハウスメーカーはほぼ提携しています。

ルム編集長

テレビで見たことあるような有名なハウスメーカーがあなたの家の間取りプランを作ってくれることを想像するとワクワクしますね。

タウンライフはTHE ROOM TOUR(当サイト)でも大人気のサービスです。

当メディアのSNS総フォロワー様数は20万人を超えており、毎月のようにたくさんの方がタウンライフを利用していますが、これまでに悪質なクレーム報告等は1つも届いていません。

ルム編集長

完全無料で資料をもらえるので、気軽に利用しておけばOKです。

カタログ依頼は下のボタンから3分で完了するので、まずは申し込んでみて、自宅にカタログや間取りプランが届くのを待ちましょう。

絶対に参考になる!家づくりで役に立ちすぎるサイト3選 画像④
  • 全国600社のカタログをもらえる
  • 累計利用者110万人の人気サイト
  • 完全無料で3分でオーダー完了
先着限定のプレゼント有り

▲先着順でプレゼントもらえる!

②マイホームノートをつくろう!

カタログが届いたら、マイホームのイメージを具体化しましょう!

どんな家を建てたいのか?こだわりたいポイントと、妥協してもいいポイントを整理して一冊のマイホームノートを作ることをオススメします♪

いえ子ちゃん

何もわからない状態で話すよりも、カタログみながらの方がより具体的な話し合いができそう!

マイホームノートの内容
  • 今の家の改善したいポイント
  • 住みたいエリアの条件
  • 家族一人ひとりの希望
  • これだけは絶対に叶えたい条件

いくつか項目ごとに、まとめて記載していきましょう。
理想の家をイメージして、ノートを作るのは楽しいですよ♪

例えばこんな内容をノートに書いていきます。

  • キッチンに広いパントリーが欲しい
  • 可愛い海外インテリアを飾れるスペースが欲しい
  • リビングは吹き抜けにして開放感と明るさが欲しい

ルム編集長

各社のカタログを見比べながら書けば、いろんなイメージが湧いてくるのでおすすめ…!

家づくりにはSNSの活用もおすすめです!

家づくりのイメージは家族同士によって、異なる場合もあるのでSNSを活用してイメージ共有をしましょう♪

ルム編集長

旦那さんが家づくりに乗り気じゃない時は、実際の写真を見せるのが一番早いというタレコミがありました。(笑)

家づくりの情報収集にオススメ
  • Instagram インスタグラム
  • Pinterest ピンタレスト
  • RoomClip ルームクリップ
  • YouTube ユーチューブ

THE ROOM TOURのInstagramでは500件以上の素敵なお家写真を特集しています♪

Pinterestでも素敵なお家写真と、家づくり知識を発信していますのでチェックしてみてください♪

体験談とお家写真を合わせてみたい方はコチラの「ステキなお家特集記事一覧」がオススメです。

よりリアルにイメージしたい方はYouTubeで「ルームツアー動画」を配信しています♪お家づくりのヒントになると思います。

③予算面の整理をする

マイホームノートを作りながら、予算の整理をしていきましょう。

重ねてになりますが…

住宅展示場にいく前に
予算を決めましょう

予算を決める前に豪華な住宅展示場に行ってしまうと、無理な住宅ローンを組んでしまうリスクがあるためです。

いえ子ちゃん

ステキすぎるおうちを見たら予算を増やしてしまいそう…

ルム編集長

予算オーバーの原因はほとんどコレです。住宅展示場は予算を決めてから行ってね!

不安なマイホームの資金計画を解決する方法

いえ子ちゃん

マイホーム予算ってどうやって決めればいいんだろう…

ルム編集長

不安な方はお金のプロ(FP)さんにオンライン相談がオススメですよ!

将来の支出を見越して適正な住宅ローン返済額を見極めるのは難しいです。

そこで、おすすめな方法が住宅会社提携以外のファイナンシャルプランナー(FP)に相談することです。

ルム編集長

家づくり経験者さんの中でも、計画段階でFPに相談する人は多かったですよ。

住宅会社提携のファイナンシャルプランナーは、住宅購入につなげたいために「住宅ローンを組んでも大丈夫そうなライフプラン」を提案してくることもあります。

100%信用できないわけではないのですが、セカンドオピニオンとして住宅会社以外のファイナンシャルプランナーに相談することをおすすめします。

住宅会社提携のFPは住宅ローンを組んでもらいたいので、無理な借入額を提案するケースも多いので要注意です。

FP相談は、東証一部上場のリクルートが運営するFP相談サイトがおすすめです。

リクルートのFP相談メリット
  1. 自宅で無料のオンライン相談ができる
  2. 現状の収入と支出から安全な住宅ローン借入額がわかる
  3. 保険や家計管理など総合的なお金の悩みを解消できる

FP相談サービスはいくつかありますが、オンライン相談OKで実績もある大手企業のリクルート社が運営しているサービスなので最もおすすめです。

ルム編集長

しかも、今なら面談するだけでGODIVAかミスドで使えるギフト券がもらえるよ♪

いえ子ちゃん

ゴディバ欲しいので、今すぐ相談してきます…!(笑)

  • 今ならミスドのギフト券がもらえる
  • 完全無料でFPに住宅ローン相談
  • オンライン面談もOK

無料住宅ローン相談する

ギフト券は今だけ!

マイホーム計画を始める人が真っ先に始めるべきこと3選まとめ

  • 無料の一括カタログ資料請求
  • マイホームノートの作成
  • 予算面の整理(必要あればFP相談)

今回は、マイホーム計画をこれから始めようとする方が真っ先にやるべき内容をまとめました!

マイホーム迷子にならないように、最適な手順で家づくりを進めてくださいね。

いえ子ちゃん

とりあえず、真っ先に住宅展示場に行くのはやめておきます…

最初にやるべき行動を1つだけ選ぶとしたら、無料のカタログ請求です。

全くの知識ゼロからのスタートの方も、タウンライフのカタログ請求なら気軽に始められるのでオススメです。

  • 家づくり何から始めればいいかわからない…
  • いろんな間取りプランをみてみたい…
  • 見積りやカタログを見比べてみたい…
  • まずは気軽にマイホーム計画を初めてみたい…

どれか1つでも当てはまるなら、0円なので気軽に依頼してみるのをおすすめします。

もちろん気に入った住宅会社がなければ、契約する必要はありません。
※この場合も一切お金はかかりません。

理想のマイホームを作るなら準備は早ければ早いほど良いです。

3分で終わって完全0円なので、今すぐ申し込んでみてくださいね。

絶対に参考になる!家づくりで役に立ちすぎるサイト3選 画像④
  • 全国600社のカタログをもらえる
  • 累計利用者110万人の人気サイト
  • 完全無料で3分でオーダー完了
先着限定のプレゼント有り

▲先着順でプレゼントもらえる!

家づくり経験者の生の声をお届けしています

当メディアには、素敵な注文住宅に暮らす”家づくり経験者さん”より、たくさんの体験談やアドバイスが寄せられます。
これまでに集まった家づくりの体験談は1,000件以上。お家の掲載は700件以上です。
Instagramを中心にSNS総フォロワー数が20万人を超える当メディアだからこそ、届けられる家づくりのリアルな情報を配信しています。