家づくりの基本

ハウスメーカーと工務店はどっちが安い?価格差が発生する理由を解説

いえ子ちゃん

ハウスメーカーと工務店、どっちが安いのかな?

ハウスメーカーと工務店では、価格差が発生します。

同じ設備・同じ間取りだとしても、高確率で価格が異なると言われているほど。

そこで今回は、インスタグラムフォロワー20万人を超える暮らしのメディア「THE ROOM TOUR」(@the_room_tour)が「ハウスメーカーと工務店の価格差が発生する理由」を解説します。

ルム編集長

ハウスメーカーと工務店のどっちで家を建てようか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください!

この記事を読めば…

  • ハウスメーカーと工務店はどっちが安いかわかる!
  • ハウスメーカーと工務店に価格差が発生する理由がわかる!

▼この記事では、ハウスメーカーと工務店の違いを解説しています。

  • 1分で理想がわかる家づくり診断ゲーム!
  • 100件以上のおうち事例が見放題!
  • 営業マン紹介の特別な3大特典アリ!
【無料】ハウスメーカーの優秀な営業マンをおつなぎします!

ハウスメーカーと工務店の価格差を比較!どっちが安い?

ハウスメーカーは全国規模の大手住宅メーカーであり、工務店は地域密着型の中小住宅メーカーです。

同じ間取りの家を建てるとしても、ハウスメーカーと工務店では価格が異なります。

結論から言うと、高確率でハウスメーカーの方が高くなるでしょう。

ルム編集長

坪単価の目安は、以下のとおりです!

住宅メーカーの種類坪単価の目安
大手ハウスメーカー70〜100万円程度
ローコストハウスメーカー30〜50万円程度
工務店50万円程度

ただし、ローコスト住宅を打ち出しているハウスメーカーであれば、工務店と同等、もしくは安くなる傾向にあります。

今回の記事では、「ハウスメーカー」=大手ハウスメーカーという解釈で進めます。

いえ子ちゃん

大手ハウスメーカーと工務店では、倍近くも価格が変わることもあるんだね。

ローコスト住宅が安い理由と仕組みについては、「1,000万円台でマイホームが手に入る!?ローコスト住宅とは?価格が安い仕組みと注意点を徹底解説!」をご覧ください!

  • 1分で理想がわかる家づくり診断ゲーム!
  • 100件以上のおうち事例が見放題!
  • 営業マン紹介の特別な3大特典アリ!
【無料】ハウスメーカーの優秀な営業マンをおつなぎします!

ハウスメーカーの価格が高い5つの理由

いえ子ちゃん

家を建てると、やることは変わらないのに、なんでハウスメーカーの方が高いの…?

ルム編集長

ハウスメーカーの方が必要経費が多くかかっているんだよ!

ここでは、ハウスメーカーの価格が高い5つの理由を紹介します。

理解した上で家づくりを進めると、価格差にも納得できるでしょう。

広告宣伝費がかかっているから

大手ハウスメーカーは、頻繁にテレビCMや新聞広告を打ち出しています。

そのおかげで、家づくりしたことがない人でもハウスメーカーの存在を知っていますよね。

いえ子ちゃん

テレビタレントが出演しているCMをよく見かける!

このように、ハウスメーカーは多額の広告宣伝費をかけ、認知を広めています。

大手になればなるほど、多額の広告宣伝費を使っているため、その分坪単価が高くなっているのです。

モデルハウスに経費がかかっているから

多くのハウスメーカーは、全国各地に多数のモデルハウスを保有しています。

モデルハウスは来場者から魅力的に思ってもらえるよう、立派な家にする必要があります。

そのため、標準的な家を建てる以上の資金を使い、誰もが憧れるようなモデルハウスを建てているのです。

ルム編集長

建築費用だけでなく、家具の購入代金や維持費もかかります。

また、モデルハウスには、常駐する営業マンが必要です。

営業マンの人件費もかかっているため、その分の住宅価格を上げる必要が出てきてしまいます。

研究開発費がかかっているから

ハウスメーカーでは、住宅性能を上げるために研究開発を日々行なっています。

  • 耐震性に問題はないか?
  • 災害時の影響はどれくらいあるか?
  • どうすれば気密性・断熱性の高い資材を作れるのか?

ハウスメーカーは「大手企業」である分、それだけ社会的責任も問われます。

災害の多い日本で、安心・安全・快適に暮らすために尽力していると言えるでしょう。

耐震実験や台風実験など、大規模な研究費も経費に含まれるため、価格が高くなります。

いえ子ちゃん

私たちが安心できる家づくりのための費用でもあるんだね!

工事を工務店に外注するから

ほとんどのハウスメーカーでは、自社で工事をしていません。

実際の施工自体は、地域の工務店に外注しています。

そのため、「工務店に支払う費用+ハウスメーカーの利益」が必要となるのです。

ルム編集長

工事自体は外注しますが、施工管理や検収はハウスメーカーが行います。

アフターサービスに力を入れているから

ハウスメーカーの方が保証期間が長く、アフターサポートも手厚い傾向にあります。

アフターサポートの専門スタッフも所属しているため、どうしても人件費がかかります。

いえ子ちゃん

なかには60年と長期保証のハウスメーカーも見かけますね♪

また、ハウスメーカーが強いのは災害時。

自分が住んでいる地域で大きな災害が起きた場合、工務店も被災してしまう可能性が高いです。

その結果、迅速に顧客対応できる工務店は少ないでしょう。

ルム編集長

ハウスメーカーなら、全国各地からスタッフが応援に駆けつけてくれます。

東日本大震災や熊本地震の際には、全国からスタッフが駆けつけ、ハウスメーカーの顧客対応にあたっていたとのこと。

全国各地に営業所があるからこその強みと言えます。

  • 1分で理想がわかる家づくり診断ゲーム!
  • 100件以上のおうち事例が見放題!
  • 営業マン紹介の特別な3大特典アリ!
【無料】ハウスメーカーの優秀な営業マンをおつなぎします!

工務店の価格が安い5つの理由

いえ子ちゃん

工務店の方が安いなら、お得ってこと?

ルム編集長

それは家づくりに何を求めるかによるよ!

ここでは、工務店の価格が安い5つの理由を紹介します。

ハウスメーカーと工務店は、単純に価格だけでどちらにするか決めるものではなく、自分が求めることによって変わりますよ。

人件費が少ないから

工務店はハウスメーカーに比べて、人件費がかかりません。

モデルハウスを保有していない工務店もありますし、限られたスタッフ数で回しています。

ルム編集長

大量の人員が必要なハウスメーカーに対して、工務店は最小限の人数で回しています!

また、大手ハウスメーカーは従業員の収入が高かったり、福利厚生が整っていたりと、一人当たりの人件費も高くなります。

それに比べて工務店は人件費が少ない分、住居の価格も安くなりやすいでしょう。

広告宣伝費があまりかかっていないから

ほとんどの工務店では、テレビCMのように大規模な広告を出していません。

工務店が広告を出すとしても、地域でのチラシ配布やWeb媒体での広告程度になるでしょう。

広告宣伝費を削減できる分、ハウスメーカーよりも安く家を建てられます。

地域で資材を仕入れているから

ハウスメーカーの場合、資材を遠方から運搬することも多いです。

遠方から資材を運ぶ際には、運搬コストがかかってしまいます。

一方、工務店は地域内でのつながりが強いため、資材の仕入れ先も近所で完結できる傾向にあります。

ルム編集長

仕入れの運搬コストがあまりかからず、割安で資材を入手できるのです。

品質にバラツキがあるから

ハウスメーカーでは、一定基準以上の資材のみを使っています。

一方、工務店では施主が価格を安くしたいのであれば、資材のクオリティを下げて価格を落とすことも可能です。

その結果、ハウスメーカーでは使わないような低品質の資材を使うことで、住居の劣化が早まるリスクも考えられるでしょう。

ルム編集長

工務店の方が自由度が高いので、良くも悪くも施主の希望をくみとることができます。

安く建てた方がいる関係で坪単価の平均も下がった、と言えるでしょう。

自社で施工するから

工務店では、自社で工事まで完結します。

工事を外注するハウスメーカーとは異なり、その分の中間マージンを節約できるでしょう。

工務店なら、施主にとって不要な手数料がかからないメリットがあります。

見積もりを取るときに注意!「うちの方が安くできますよ」

ハウスメーカーでも工務店でも、見積もりを取るときには注意すべき言葉があります。

それは他社の見積もりを見て、「うちの方が安くできますよ!」という提案。

いえ子ちゃん

えっ?なんで注意した方がいいの?

見積もりを作るときには、実はかなりの労力がかかっています。

デザインや設計、図面作成など、他社が行なった作業を省略することができるので、安くなるのは当然のこと。

ルム編集長

必ずしもそのハウスメーカーが安いわけではなく、作業分の時間が浮くので安くできるんです!

しかし、ハウスメーカーや工務店によって、実際の工法は異なります。

「もっと安い価格で同じ家を建てられる」と言われたとしても、実際には資材や設備が変わる可能性があるでしょう。

そのため、「うちの方が安くできますよ!」という言葉が出ても飛びつかず、冷静に判断してください。

【まとめ】ハウスメーカーと工務店は価格差が発生する!

本記事では、ハウスメーカーと工務店の価格差が発生する理由を解説しました。

ハウスメーカーは広告宣伝費や人件費などの経費がかかるため、工務店よりも高くなる傾向にあります。

最後に、本記事のおさらいをしておきましょう。

いえ子ちゃん

じゃあ、安く家を建てたいなら工務店の方がいいの?

コスト面だけを見れば、工務店に軍配が上がるかもしれません。

しかし、ハウスメーカーにも工務店にもメリット・デメリットがあります。

それぞれの違いを見極めて、自分に合っている方を選ぶことが大切と言えるでしょう。

ルム編集長

家づくりの進め方がわからない人は、私たちの公式LINEにご登録ください!

インスタフォロワー25万人以上を持つTHE ROOM TOUR(@the_room_tour)は、公式LINEを開設しました!

家づくり経験者の声を凝縮した、家づくりに失敗しないためのノウハウを無料でご覧いただけますので、興味のある方は以下よりご登録ください!

  • 1分で理想がわかる家づくり診断ゲーム!
  • 100件以上のおうち事例が見放題!
  • 営業マン紹介の特別な3大特典アリ!
【無料】ハウスメーカーの優秀な営業マンをおつなぎします!

あなたにぴったりな暮らしが見つかる『家づくり診断』

「マイホームを建てるのは楽しみだけど、わからないことだらけで不安…」

こんな悩みを解決するために、THE ROOM TOURの公式LINEでは、完全無料で何度でも利用できる、「家づくり診断」を実施しています!

カンタンな設問に答えるだけで、あなたの理想を叶えるぴったりなお家のタイプが見つかります♪

どんなタイプのお家が出てくるかは、診断を受けてからのお楽しみ!

ルム編集長

1分もかからず、サクッと診断できます!

「家づくり計画の進め方がわからない方」や「うまくマイホーム計画が進んでいない方」は、こちらから友達追加をして、今すぐに診断を受けてみてくださいね。

  • 1分で理想がわかる家づくり診断ゲーム!
  • 100件以上のおうち事例が見放題!
  • 営業マン紹介の特別な3大特典アリ!
【無料】ハウスメーカーの優秀な営業マンをおつなぎします!

【完全無料】住宅営業マン紹介サービスなら値引き代行も!

さらに、LINEを友達追加していただいた方限定で、THE ROOM TOURがあなたの理想を叶えてくれる大手ハウスメーカーの優秀な営業マンをご紹介します。

※もちろん紹介料や手数料は一切発生しません

実は、理想の家づくりを実現するためには、「優秀な営業担当と出会えるかどうか」が大切です。

実際に、フォロワー数40万人越えの当メディアInstagramで、家づくり経験者さんに「ハウスメーカー営業マンの対応は?」と聞いてみたところ…

このように、窓口となる営業担当者が優秀かどうかで、家づくりのクオリティは大きく変わってしまいます…

これから何千万という大金を支払うわけですから、成り行きで営業担当者を決めるべきではないですよね。

ルム編集長

人生で1番大きな買い物を安心して進めるためにも信頼できるパートナー(営業担当)に出会ってくださいね。

特別な3つの特典もありますよ♪
営業マンをご紹介できる大手ハウスメーカー
  • 積水ハウス
  • 住友林業
  • ヘーベルハウス
  • 三井ホーム
  • 大和ハウス
  • パナソニックホームズ

営業マン紹介サービスを利用した方には、3つの特別な特典も無料でついてきます。

  • 値引き代行サービス
  • 図面・見積もりチェックサービス
  • チャットやズームでの各種質問相談

ハウスメーカーを決めてから、

「もっと早く、利用しておけば…」

「せっかく住宅ローンまで組んだのに、こんなはずじゃなかった…」

と、後悔しないために、今すぐにTHE ROOM TOURの公式LINEを友達追加してくださいね。

まずは、ゲーム感覚で気軽に「家づくり診断」を受けて、マイホーム計画の一歩を踏み出してみてください。

  • 1分で理想がわかる家づくり診断ゲーム!
  • 100件以上のおうち事例が見放題!
  • 営業マン紹介の特別な3大特典アリ!
【無料】ハウスメーカーの優秀な営業マンをおつなぎします!

家づくり経験者の生の声をお届けしています

当メディアには、素敵な注文住宅に暮らす”家づくり経験者さん”より、たくさんの体験談やアドバイスが寄せられます。
これまでに集まった家づくりの体験談は1,000件以上。お家の掲載は700件以上です。
Instagramを中心にSNS総フォロワー数が40万人を超える当メディアだからこそ、届けられる家づくりのリアルな情報を配信しています。