家づくりの基本

【失敗談から学ぶ】土地購入でよくある後悔5選【新築注文住宅】

家づくりの第一歩である「土地購入」
土地選びで失敗すると、今後の生活にまで影響を及ぼします。

しかし、どのような土地を購入すれば、理想のマイホームを実現できるのか悩む方も多いです。

  • 理想のマイホームを実現できる土地を見つけたい!
  • 土地購入で後悔したくない…
  • 何を基準に土地を選んだらいいの?

いえ子ちゃん

土地購入の決め手ってなんだろう?

土地購入で注意すべきポイントを事前に把握しておくと、失敗や後悔を防ぐことができます。

ルム編集長

土地購入でどんな後悔をしやすいのか、把握しておくことも大切!

今回は、SNS総フォロワー20万人を超える暮らしのメディア「THE ROOM TOUR」(@the_room_tour)が、家づくり経験者さんへのアンケートをもとに、『土地購入でよくある後悔』を紹介します。

また、失敗や後悔を回避できるように『土地購入の際に気をつけるべき注意点』も併せて解説していきます。

この記事を読めば…

  • 土地探しで確認すべきポイントがわかる!
  • 注意したい土地について理解できる!
  • 土地購入で後悔しない!

この記事で紹介する注意点をしっかり抑えることができれば、土地購入で後悔することはありません。

土地購入で失敗や後悔しやすいポイントを把握して、理想の家づくりができる土地を見つけてくださいね♪

▼ 失敗しない土地探しの方法5つを紹介!

  • 1分で理想がわかる家づくり診断ゲーム!
  • 100件以上のおうち事例が見放題!
  • 営業マン紹介の特別な3大特典アリ!
【無料】ハウスメーカーの優秀な営業マンをおつなぎします!

土地購入で後悔&失敗した例【5選】

土地購入は、マイホームを建てるためのはじめの一歩です。

ルム編集長

土地購入で失敗すると、後々マイホームを建てるときに後悔します。

家づくり経験者さんが、土地購入で後悔・失敗した例を紹介していきます。

土地購入で後悔したこと
  1. 希望通りに家を建てることができなかった
  2. 予算をオーバーしてしまった
  3. 周辺環境が悪く、生活していて不便
  4. 購入時より土地の価格が下がってしまった
  5. 迷っているうちに土地が売れてしまった

いえ子ちゃん

みんなが後悔したポイントがわかれば、それが土地を購入するときに確認すべきポイントになるね!

土地購入で後悔しないために、みんなが後悔したポイントをおさえておきましょう!

土地購入の後悔①希望通りに家が建てられない

土地の購入時に、細部まで確認をしないと、希望通りの家が建てられなくて後悔します。

ルム編集長

土地の価格が安いからといって、即決で購入するのは危険です!

地盤が脆弱だったり、土地がいびつだったりすると、希望通りの間取りや希望する外観の家を建てられない場合が多いです。

土地自体に問題がなくても、家を建てる段階で、不都合が生じる場合があります。

いえ子ちゃん

希望通りに建てられない場合があるから、価格が安いってだけで土地を買うのは危険なんだね…!

土地を購入する際は、どんな家が建築可能なのか?

必ず土地情報の細部まで確認するようにしましょう。

日当たりの良し悪し

土地情報の確認をおこたった原因で、1番後悔するポイントは、「日当たり」の問題です。

  • 日当たりを考えずに土地を選んでしまった…!
  • 住んでみたら思ったより、日が入らなかった…
  • 夏は良かったけど、冬は全然日が入らない。

日当たりの問題は、実際に住んでから発覚することが多いです。

更地の状態で、素人が日当たりを完全にチェックするのは難しいでしょう。

ルム編集長

自分でチェックするだけでなく、設計士にもチェックしてもらおう!

冬は夏に比べて、太陽の位置が低いです。
夏場に土地を確認し問題なかったとしても、冬場は建物で日が遮られてしまい日当たりが悪くなることも…

いえ子ちゃん

季節によって、日当たりに違いがあるんだね!

日当たりが悪いことを事前に把握できていれば、窓を大きくしたり、窓の数を増やしたりして対策することができます。

土地購入の後悔②予算オーバー

住宅ローン控除

予算に合う土地を購入したはずなのに、予算オーバーしてしまい、後悔するケースが多いです。

いえ子ちゃん

予算に合った土地を購入したはずなのにどうして予算オーバーするの?

ルム編集長

土地代以外にも諸費用が発生するよ!
土地を購入するときは、諸費用も考慮しよう!

土地購入の際には、土地そのものの代金のほかに、さまざまな諸費用がかかります。

諸費用
  • 仲介手数料
  • ローン手数料
  • 登記費用
  • 印紙代
  • 抵当権設定費用

など、土地によってはかからない費用もあります。

土地を購入する際は、土地の価格と諸費用も考慮して予算を組むことが大切です。

外構にお金がかかった

土地を安く購入できたのに、外構でお金がかかってしまい予算オーバーしたという方も少なくありません。

高低差がある土地や旗竿地は、相場より土地代が安い傾向にあります。

旗竿地(はたざおち)とは、道路に接している部分が狭く、細い路地を通った先にある奥まった土地のこと。

土地の形状が、竿に旗をつけたような形状をしていることから「旗竿地」と呼ばれています。

土地を安く購入できてよかったと思うかも知れませんが、土地の形状が変わっている場合、外構費が高くなるケースが多いです。

ルム編集長

土地代を安く抑えられたとしても、外構費が高くなってしまっては意味がないよ…

新築の外構費の相場は、建物の10%〜15%程度が目安とされています。

しかし、土地の状態や形状によって価格が変動します。

いえ子ちゃん

土地が安いからといって、予算通りに家が建てられるとは限らないんだね…

外構で予算オーバーしないためにも、土地の状態や形状をよく確認してから選ぶようにしましょう。

外構を後回しにして後悔する方が多いです。

外構で失敗しないためにも、外構の予算取りや計画は早めにしておくことをおすすめします。

外構工事を考えるベストなタイミングと後回しが絶対NGな理由はこちらで解説しています▼

土地購入の後悔③周辺環境が悪く不便

土地選びの際に下見をしていても、住んでみたら周辺環境が悪く不便だったと後悔する方は少なくありません。

  • 思ったより、最寄り駅が遠かった…
  • 公共機関は充実しているけど、スーパーやコンビニが近くにない。
  • 街灯がなくて、夜は道路が真っ暗!
  • 虫が多く発生する…

いえ子ちゃん

土地の下見は1回で十分だよね?

土地の下見は、一度では不十分です。

土地の確認だけでなく、周辺環境も確認する必要があります。

ルム編集長

周辺環境の確認をおこたり、住んでみてから不便だったとわかれば、家族から不満の声が上がる場合も…!

特に、通勤路や通学路などの道は、昼間と夜間で確認しましょう。

利用する時間帯により、車通りが多くなったり、道路に街灯がなく防犯面に不安を感じる場合があります。

周辺環境の下見は時間や曜日を変えて確認しておくと、失敗や後悔を防ぐことができます。

駅までの距離を把握していても、実際に歩いて見ると、想像以上に時間がかかることも…。

通勤路や通学路は、実際に利用する時間帯に道を歩いてみましょう。

いえ子ちゃん

日々の負担にならないか、実際に確認することが大切なんだね!

土地の購入を決める際は、下調べをしすぎて損することはありません。自分が納得するまで確認しましょう。

近所付き合いが大変だった

いえ子ちゃん

土地の状態や土地周辺の下見も何回もしたから、この土地に決めようかな?

土地や周辺環境が良くても、近所付き合いで後悔するケースがあります。
生活する上では、近隣住民との関わり方も大切です。

ルム編集長

近隣住民とのトラブルが頻繁にあると、ストレスも溜まるよ!

土地を購入する際に、近隣にどのような人が住んでいるのか確認することをおすすめします。

周辺を散策したり、近所の方と話をすれば、どんな人たちが住んでいるのか確認することができます。

  • 年齢層・家族構成(子供の有無)
  • 生活音はうるさくないか
  • 悪臭のするゴミ屋敷はないか

などを確認しておくと、近隣トラブルを防ぐことができるでしょう。

自治体によっては、地域活動やイベントが豊富で、自治会費が高い地域もあります。

近所付き合いが苦手な人は、自治体の活動もチェックしておくといいですよ。

土地購入の後悔④土地売却時に損をする

土地は、時間の経過とともに資産価値が下がるケースもあります。

相場よりも安い土地は、交通の便が悪かったり、地盤が脆弱だったり、何らかのマイナス要素を抱えている可能性が高いです。

マイナス要素がある土地は、将来的に土地の価格が下がる場合があります。
購入時よりも低い価格でしか売却できず、結果的に損することになります。

いえ子ちゃん

安い土地を購入できれば、お得だと思ってた…。
結果的に将来損をして、後悔に繋がることもあるんだね!

土地を売却することについても考慮しておくと、後悔するリスクを抑えることができます。

結果的に後悔する

老後を考えたときに、自宅を売って老人ホームなどの施設に入居しようと考える人が多いでしょう。

その際に、建物よりも土地を重視すべきだったと後悔する人がほとんどです。

ルム編集長

建物は資産価値が年々落ちていくよ!
30年後には価値がゼロ、最後にはマイナスになる場合も…!

一方で土地の価値は、変動はありますが、価値がゼロになることはありません。

近年の住宅は耐久性が高いので、きちんとメンテナンスをしていれば、築年数が建っても価値が下がりにくい場合もあります。

しかし、30年以上経過すると、建物を解体しなければ土地が売れない状況になることも少なくありません。

その場合は、解体費用がかかり、建物の資産価値としてはマイナスになります。

そのため、同じ価格でマイホームを購入したとしても、建物と土地、どちらを優先したかによって将来の資産が変わります。

例:4000万円でマイホームを建てたとします。
A:購入当時の価格 B:30年後の価格

【建物を重視した場合】
A:土地1500万円 建物2500万円
B:土地1500万円 建物0円

【土地を重視した場合】
A:土地2500万円 建物1500万円
B:土地2500万円 建物0円

土地と建物、どちらが将来的に資産になるのかは明らかです。

いえ子ちゃん

将来的には、土地のほうが価値が高くなるんだね…

しかし、実際は土地代をなるべく抑えて、建物にお金をかけたいと考える人が多いです。

将来売却することも考えているのであれば、安い土地、価値が下がる土地を選ぶのはおすすめしません。

土地購入の後悔⑤迷っているうちに売れてしまった

土地を吟味しすぎて、すでに他の人に買われてしまっていたというケースもあります。

条件の良い土地は、迷っているうちに売れてしまいます。

「あの土地を購入しておけばよかった…。」と、後悔する人も多いでしょう。

ある程度希望を満たしている土地であれば、思い切って購入を決めてしまうことも大切です。

ルム編集長

自分の希望を7〜8割満たしていれば、購入を検討しよう!

狙っている土地は、人に先を越されてしまう場合もあるので注意しましょう。

特に、未公開の土地などのレアな土地ほど早く買われてしまいます
情報収集はなるべく幅広く、決断は早めにするといいですよ。

未公開の土地情報を取り寄せる

土地を購入した後に理想的な土地を見つけた

時間をかけて希望に合う土地を探し、少し妥協をして土地を購入。
その後、希望を100%満たす土地を見つけて、後悔した人もいます。

いえ子ちゃん

この場合は、どうすることもできないね…

今回のような後悔は、土地を購入したのに、新たに土地情報を見てしまい後悔することがほとんどです。

しかし、新たに土地情報を見なければ、購入した土地よりも良い土地に出会う機会はありません。

ルム編集長

土地購入後は、土地の情報を見ないようにしよう!

土地購入後にも土地情報を見続けてしまうと、「こっちの土地にすればよかった…」と負のスパイラルにおちいってしまいます。

後悔しないために土地購入で注意すること【5選】

土地を購入する際に、注意しておくべき点があります。

ルム編集長

注意点をあげだしたらきりが無いですが、絶対に外してはいけないポイントを5つ紹介します!

土地購入の注意点
  1. 地盤の強度
  2. 土地の境界線
  3. 周辺環境や自治体の制度
  4. 建築条件
  5. 優先順位

注意点を参考に、購入する土地を選定することをおすすめします。

【土地購入の注意点①】地盤の強度

家を建てられる地盤の強度かどうかをチェックしましょう。
地盤が脆弱の場合、追加工事が必要になり、費用がかさみます。

過去に地盤沈下や液状化現象を起こした土地の購入は慎重に判断しましょう。

災害に強い土地であるかどうかも大切です。

ルム編集長

自然災害の多い日本だからこそ、災害に強い土地であるかどうかのチェックは必要不可欠です!

地図・航空写真・国土交通省が公開しているハザードマップなどで、その地域がどのような災害の危険性があるのか確認することができます。

地盤の強度と災害に強い土地かどうかは、絶対に確認しておくべきポイントです。

【土地購入の注意点②】土地の境界線

土地購入の際は、境界線がはっきりしているかどうかを確認しましょう。
境界線の問題は、土地のトラブルで最も多いです。

ルム編集長

隣接する土地との境界線が定まっていないと、近隣の住民とトラブルを起こす可能性もあります。

境界線がない場合は、隣人などに立ち会ってもらい、明確に線引きをしておくといいですよ。

【土地購入の注意点③】周辺環境や自治体の制度

暮らしやすさの決め手は、周辺環境や自治体の制度で変動します
土地を購入する際は、周辺環境や自治体の制度の確認をしておきましょう。

自分たちの生活状況を考え、必要な施設が整っている土地がおすすめです。

ルム編集長

自治体によって、児童手当や医療費補助制度など、ルールが異なります。

生活しやすい環境を見定めるためにも、購入予定の土地は、自治体の各種制度について調べておくといいですよ。

【土地購入の注意点④】建築条件

土地が広いからといって、その面積いっぱいに家を建てられるわけではありません。

ルム編集長

住宅を建てられる面積は限られています!

建ぺい率、容積率などにより、住宅を建てられる面積が異なります。

土地を購入する際は、建ぺい率や容積率などを確認しましょう。

マイホームが実現できる広さの土地かどうか、土地を購入する前に建築条件を確認する必要があります。

【土地購入の注意点⑤】優先順位

自分の希望に全て合う土地があるとは限りません。
譲れない条件を決めておきましょう。

いえ子ちゃん

希望に合う条件の土地かどうか考えてたら、もう売れちゃってた…。

ルム編集長

譲れない条件や予算を決めて、どこで折り合いを付けるか、決めておくといいよ!

譲れない条件や優先順位を決めておけば、悩んだときに助かりますよ。

▼ ハウスメーカーに土地購入を依頼するメリットデメリットのまとめはコチラ!

【後悔回避】土地購入で注意したい土地を5つ紹介!

土地の価格が安いからといって、すぐに購入を決めてはいけません。
土地によっては、土地代とは別に費用がかかる場合があります。

注意したい土地
  1. 低い位置にある土地
  2. 形がいびつな土地
  3. 目の前の道路に消火栓がある土地
  4. 道路に接していない土地
  5. 交通アクセスが不便な土地

土地購入を考えている人は、上記の土地に注意してくださいね!

【後悔しないために①】低い位置にある土地

周囲より低い位置にある土地の場合、大雨などの影響により、雨や土砂が流れ込んでくることがあります。

高低差のある土地は、斜面が崩れないように、斜面を安定させるための工事が必要になります。

なので、高低差のある土地を購入すると、土地代とは別に工事費用がかかります。

ルム編集長

水害トラブルや工事費用がかさむから、低い位置にある土地はおすすめしません!

土地を購入する際は、周囲と購入を検討している土地の位置関係を把握するようにしましょう。

【後悔しないために②】形がいびつな土地

細長い土地や三角形など、土地の形がいびつな場合は、安く購入できる可能性があります。

ルム編集長

土地が安く購入できても、理想のマイホームが建てられるとは限りません!
土地がいびつなため、理想のマイホームが建てられず、後悔することも…。

いびつな土地では、思うような広さの家を建てることができないケースが多いです。

また、土地が安く買えても、建築費用の方にお金がかかる場合もあります。

形がいびつな土地は、将来、家を売却する際に不利になる可能性があります。

住居の売却を考えている場合は、形がいびつな土地を購入する際は注意が必要です。

【後悔しないために③】目の前に消火栓がある土地

目の前の道路に消火栓がある土地の場合は、車庫をつくることができません。

道路交通法により、駐車禁止の場所が指定されています。

消防用器具の置き場や消防用防火水槽のある5m以内の部分には駐車できないという決まりがあります。

いえ子ちゃん

購入した土地の近くに消火栓があったら、車庫などの駐車スペースをつくることができない場合があるんだね…。

土地を購入する際は、あらかじめ消火栓の有無を確認しておきましょう。

【後悔しないために④】道路に接していない土地

住宅用の土地には、『接道義務』があります。
幅員が4m以上の道路に間口2m以上接していなければならないという決まりが存在します。

接している道路の幅員が4m未満の場合、建築基準法によりセットバックしなければいけません。

セットバックとは、敷地を後退させることです。

いえ子ちゃん

土地が広くても、接してる道路の幅が狭かったら、セットバックしないといけないんだね…。

家を建てられる面積が狭くなっちゃうのか…。

土地を購入する際は、土地の状態だけでなく、道路についても確認が必要です。

【後悔しないために⑤】交通アクセスが不便な土地

駅やバスなど、公共交通機関までの距離が遠い土地は、将来的におすすめしません。
若い間は、多少不便する程度ですが、老後は大変です。

足腰が弱くなってから、駅までの長い距離を歩けるのか。
将来のことも考えて、土地を検討する必要があります。

公共交通機関へのアクセスの良さは、将来のことも考えて検討すると良いですよ。

いえ子ちゃん

多少の不便くらいどうってことないって思ってたけど…。

それが毎日続くと、負担だし、ストレスになるね。

ルム編集長

利便性が良ければ、心身ともに負担が少なくなるよ。

利便性は、日常生活に直結しているといっても過言ではないね!

土地を購入するのであれば、交通の便の良い、利便性の高い土地がおすすめです。

▼どうしても希望の土地が見つからない人におすすめな裏ワザを紹介してます。

土地購入で失敗や後悔した場合の対処方法

土地を購入しても、思うように家づくりができない場合があります。

いえ子ちゃん

土地購入で失敗してしまったらどうすればいいの?

ルム編集長

土地購入で失敗や後悔した場合の対処法を紹介するよ!

土地購入で失敗したときの対処方法
  1. 賃貸として貸し出す
  2. 土地を売却する
  3. 自治体に寄付する

土地を購入し、すでに家を建ててしまった場合は、人に貸し出すという方法があります。

家賃収入を得て、住宅ローンを返済していけるので、おすすめの対処方法です。

まだ家を建てていない場合は、購入した土地を売りに出すことができます。

ルム編集長

売却で得た利益を元に、新たな土地を購入しよう!

土地を売りに出してもなかなか買い手が見つからないことも少なくありません。
そんなときは、自治体へ寄付する方法があります。

買い手が見つからない場合は、所有する土地の自治体に相談してみましょう。

あなたにぴったりな暮らしが見つかる『家づくり診断』

「マイホームを建てるのは楽しみだけど、わからないことだらけで不安…」

こんな悩みを解決するために、THE ROOM TOURの公式LINEでは、完全無料で何度でも利用できる、「家づくり診断」を実施しています!

カンタンな設問に答えるだけで、あなたの理想を叶えるぴったりなお家のタイプが見つかります♪

どんなタイプのお家が出てくるかは、診断を受けてからのお楽しみ!

ルム編集長

1分もかからず、サクッと診断できます!

「家づくり計画の進め方がわからない方」や「うまくマイホーム計画が進んでいない方」は、こちらから友達追加をして、今すぐに診断を受けてみてくださいね。

  • 1分で理想がわかる家づくり診断ゲーム!
  • 100件以上のおうち事例が見放題!
  • 営業マン紹介の特別な3大特典アリ!
【無料】ハウスメーカーの優秀な営業マンをおつなぎします!

【完全無料】住宅営業マン紹介サービスなら値引き代行も!

さらに、LINEを友達追加していただいた方限定で、THE ROOM TOURがあなたの理想を叶えてくれる大手ハウスメーカーの優秀な営業マンをご紹介します。

※もちろん紹介料や手数料は一切発生しません

実は、理想の家づくりを実現するためには、「優秀な営業担当と出会えるかどうか」が大切です。

実際に、フォロワー数40万人越えの当メディアInstagramで、家づくり経験者さんに「ハウスメーカー営業マンの対応は?」と聞いてみたところ…

このように、窓口となる営業担当者が優秀かどうかで、家づくりのクオリティは大きく変わってしまいます…

これから何千万という大金を支払うわけですから、成り行きで営業担当者を決めるべきではないですよね。

ルム編集長

人生で1番大きな買い物を安心して進めるためにも信頼できるパートナー(営業担当)に出会ってくださいね。

特別な3つの特典もありますよ♪
営業マンをご紹介できる大手ハウスメーカー
  • 積水ハウス
  • 住友林業
  • ヘーベルハウス
  • 三井ホーム
  • 大和ハウス
  • パナソニックホームズ

営業マン紹介サービスを利用した方には、3つの特別な特典も無料でついてきます。

  • 値引き代行サービス
  • 図面・見積もりチェックサービス
  • チャットやズームでの各種質問相談

ハウスメーカーを決めてから、

「もっと早く、利用しておけば…」

「せっかく住宅ローンまで組んだのに、こんなはずじゃなかった…」

と、後悔しないために、今すぐにTHE ROOM TOURの公式LINEを友達追加してくださいね。

まずは、ゲーム感覚で気軽に「家づくり診断」を受けて、マイホーム計画の一歩を踏み出してみてください。

  • 1分で理想がわかる家づくり診断ゲーム!
  • 100件以上のおうち事例が見放題!
  • 営業マン紹介の特別な3大特典アリ!
【無料】ハウスメーカーの優秀な営業マンをおつなぎします!

家づくり経験者の生の声をお届けしています

当メディアには、素敵な注文住宅に暮らす”家づくり経験者さん”より、たくさんの体験談やアドバイスが寄せられます。
これまでに集まった家づくりの体験談は1,000件以上。お家の掲載は700件以上です。
Instagramを中心にSNS総フォロワー数が40万人を超える当メディアだからこそ、届けられる家づくりのリアルな情報を配信しています。