火災保険

火災保険はいつまでに加入するのが正解?損しない加入のタイミングを徹底解説!

今回の記事は”火災保険加入のタイミングがいまいちわからない…”という方におすすめの記事です!

  • 火災保険はいつのタイミングで加入すればいいの…
  • 損しない加入のタイミングを知りたい…!
  • やること多すぎて火災保険まで手が回らない…!

マイホームを購入する際には様々な手続きに追われて火災保険は後手後手になってしまうものです…

後回しにしていたがゆえに、

  • 急いで契約したから割高な保険に加入してしまった…
  • 住宅の引き渡しまでに間に合わなかった…

などの声も多く聞きます。

いえ子ちゃん

火災保険っていつ加入すればいいの?加入するまでどのくらいの期間がかかるのかもわからないし…

ルム編集長

初めてだらけでなにもわからない人がほとんどだよね…今から損しない加入のタイミングを説明するね!

本記事の内容

  • 損しない火災保険の加入タイミングがわかる!
  • 火災保険加入までのスケジュールがわかる!
  • 損しない火災保険の選び方がわかる!

火災保険の加入タイミングから、火災保険選びで何をすべきかまで解説します!

  • 3分で最安値がわかる見積もり依頼
  • 最短当日のスピード対応
  • 利用者の90%が他社より安くなった実績
今だけ!
サーティーワンのギフト券もらえる!

火災保険はいつまでに加入すればいいの?

まず最初に火災保険に加入するタイミングですが…

住宅引渡し日』から補償がスタートするように加入しましょう。

なので出来るだけ早めに引渡し日を把握しておき、把握した時点で火災保険の準備は始めたほうが良いでしょう。

火災保険はしっかりと比較検討する必要があるので、情報収集や手続きなどで意外と時間がかかります…。早めに準備しておきましょう!

補償開始日は『住宅引渡し日』にする

殆どの場合、住宅の引渡し日から災害や火災などによる損害費用は自分で支払う必要があります。

引渡し日から火災保険の補償開始日の期間が空いてしまい、その間に火災や災害に遭うと数百万円単位のお金が修理代などでかかってしまう場合もあります…

いえ子ちゃん

住宅ローンの頭金や家具なんかの出費でお金ないのに、災害に遭ったりしたらお金払えない…!

ルム編集長

しっかりと期間に余裕を持って火災保険加入の手続きをすすめることで、最悪の事態は回避できるよ!

火災保険の内容を決めたり、自分に合った保険会社を選んだり、手続きを済ませたり…という風に意外と時間がかかります。

余裕を持って準備を始めることが大切です。

火災保険の補償内容は日頃からパートナーと話し合っておくことが大事です♪

何日前から準備すればいいの?

余裕を持って準備を…と言っても何日前から準備すればいいのかがわからない方が多いと思います。

火災保険の検討は1ヶ月半~2ヶ月前から準備を始めるのが良いです。

火災保険の加入までの流れ

  • 補償内容をしっかりと話し合っておく(2週間)
  • 各保険会社から見積もりを取る(1週間~2週間)
  • 各保険会社を比較検討(1週間)
  • 保険会社に火災保険加入申し込み(1週間~2週間)

おおまかな流れですが、このようなスケジュールだと余裕を持って引渡し日に間に合うと思います。

保険会社への火災保険申込みの際は、各種書類提出やその内容の確認などで数日かかってしまう場合がありますので、2週間前には申し込むようにしましょう!

補償内容の話し合いは2週間と言わず、普段からじっくりと話し合っておく事で、後悔しない保険に加入できます♪

▼失敗しない火災保険の選び方はコチラの記事で解説しています。

火災保険の加入前に知っておきたいこと

火災保険は各社様々な内容のものがあります。

なんの知識もなく加入するのと、しっかりと調べて加入するのでは十万単位で金額を無駄に払ってしまうことも…

いえ子ちゃん

そんなに金額が違ってくるの~!?

ルム編集長

火災保険は5年以上の長期契約する人が多いから、その分金額も高くなってくるね!

火災保険で損をしないために今から”加入前にやるべきこと”を解説していきます!

保障内容を事前に決めておく

火災保険に加入する上で一番重要と言っても過言ではないのが『補償内容を決めておくこと』です。

火災保険といっても火災のときだけ使える保険というわけではなく、その他の自然災害の損害へも保険をかけることができます。

火災保険の主な補償内容

  • 火災
  • 落雷
  • 破裂・爆発
  • 風災・雪災・雹災(ひょうさい)
  • 水災
  • 盗難
  • 集団行動等に伴う暴力行為
  • 不足かつ突発的な事故

当然全ての補償をカバーするとその分金額も上がってしまうので、どんな補償が必要なのかをしっかりと調べないといけません。

いえ子ちゃん

どんな補償内容をつけるべきかわからない部分もあるな~…

ルム編集長

各自治体が出している”ハザードマップ”を確認するといいよ!

”津波や洪水、土砂崩れの危険性があるかどうか”などの『被害予測図』が記載してあるマップを各自治体で出しています。

しっかりとハザードマップを確認することで、どの補償を付けるべきかということのイメージが出来るはずです♪

インターネットで検索すると各自治体のハザードマップを見ることができます。

▼地震保険に悩んでいる人はコチラの記事もチェックしてみてください。

複数の火災保険会社を比較する

補償内容を決めたら次は火災保険会社を決めないといけません。

ここで注意してほしいのが、

工務店やハウスメーカーにおすすめされるがままに比較検討せずに保険会社を決めることです。

工務店やハウスメーカーがおすすめしてくれる保険会社すべてが悪いというわけではないですが、あなたに合った保険会社ではない場合が多いです。

いえ子ちゃん

でも色んな保険会社に見積もり請求するの大変そう…

ルム編集長

一括見積りサイトを使えば、カンタンに進められますよ♪

保険会社と言っても数多くの会社があり、どこの保険会社が一番自分に合っているのかを知るのは大変です…

そんな時に役立つサービスが、一括見積サイトです

一括見積サイトで希望する補償内容などを入力するだけで、10社以上の複数の保険会社に一括で見積もりを請求することができます。

完全オンラインで無料で利用できるので保険会社を選ぶ手間やストレスがありません。

▼火災保険の一括見積りを利用するべきか?デメリットが気になる人はコチラ

おすすめの一括見積りサイトは?

家づくり経験者さんの間で特に評判が良い3つのサイトをピックアップしました。

おすすめ一括見積りサイト3選

3つのサイトを選んだ理由は以下のとおりです。

  • すべて無料で利用できる
  • 強引な勧誘などの悪い評判が無い
  • 10社以上の火災保険会社と提携している
  • 完全オンラインで見積もり取得可能
  • 見積もり依頼がカンタンにできるもの

それぞれのサイトに特徴や強みがあるので、どんな人におすすめかをカンタンにまとめてみました。

詳しくは【火災保険の失敗しない選び方は?最安値が見つかるおすすめの一括見積もりサイト3選を徹底比較!】で紹介しています。

サイト名こんな人におすすめ
火災保険の
窓口
・急いで見積もりが欲しい
・お得なギフト券もらいたい
インズウェブ・最大手の安心感が欲しい
・契約期間に余裕がある
住宅本舗
・既に見積もりがある
・契約期間に余裕がある

上記で紹介している3つのサイトであればどれも安心して利用できますが、ひとつだけ選ぶとしたら当サイトで1番人気の【火災保険の窓口】です。

「火災保険の窓口」のメリット
  • 最短当日で見積もりをもらえるスピード感
  • 提携保険会社13社から豊富なメニューを選べる
  • 無料で電話相談ができる

ほかの一括見積もりサイトに比べて取り扱い商品数が多く、電話サポートまでも充実しています。

また、最短当日で見積もりをもらえるので、「火災保険のことを忘れていて、もう入居間近になってしまった」という方にもおすすめです。

「火災保険の窓口」の詳細を知りたい方は、コチラの記事もご覧ください。

火災保険はいつまでに加入すればよい?【まとめ】

今回の記事では火災保険の準備にかかる期間や、いつまでに加入すべきかなどを解説していきました!

火災保険に加入するタイミングは、引渡し日が最適です!

しっかりと引渡し日に間に合うように1ヶ月半~2ヶ月前から準備を始めておきましょう。

「自分で火災保険を選ぶのは大変だから…」とハウスメーカー任せにしようとしていませんか?

ハウスメーカーが見積もりをする火災保険は、基本的に高額です。

一括見積もりサイトなら、無料で手間をかけずに、安くて優良な保険会社を選ぶことができます。

いえ子ちゃん

かなりの予算を使ってしまっているので、少しでも支出は抑えたい…!

ルム編集長

火災保険は家づくりをコストダウンできるラストチャンスといってもいいでしょう!

実際にTHE ROOM TOURのInstagramでアンケートをとった結果ですが、85%の家づくり経験者さんが相見積もりをおすすめしており、「一括見積りサイトを利用してよかった!」という体験談もたくさん届いています。

火災保険の窓口なら完全無料で使えてたったの3分で依頼は完了します。

しかも今なら、無料の見積もり依頼だけでお得なギフト券がもらえるキャンペーン中です。

少しでも家づくりの予算を残して住宅ローン返済や家具家電購入の予算に回すなら、準備は早ければ早いほどいいです。

「あの時、もっと早く見積り比較しなかったせいで10万円も損してしまった…」

なんてことにならないように、今すぐに見積もり依頼することをおすすめします。

まずは無料見積り依頼をして、どれくらい安くなるのか試してみてくださいね。

▼当サイトで1番人気の火災保険一括見積もりサイト

  • 3分で最安値がわかる見積もり依頼
  • 最短当日のスピード対応
  • 利用者の90%が他社より安い見積り入手
見積りもらっても
契約の縛りは一切なし

家づくり経験者の生の声をお届けしています

当メディアには、素敵な注文住宅に暮らす”家づくり経験者さん”より、たくさんの体験談やアドバイスが寄せられます。
これまでに集まった家づくりの体験談は1,000件以上。お家の掲載は700件以上です。
Instagramを中心にSNS総フォロワー数が20万人を超える当メディアだからこそ、届けられる家づくりのリアルな情報を配信しています。