後悔/体験談

【妻VS夫】家づくりでありがちな夫婦の意見すれ違い30選と対処法まとめ!

家づくりトラブル30連発

人生の大きな買い物である注文住宅。
わくわくして計画をスタートしたのに夫婦で意見が合わなくて何かうまくいかない…
意見の食い違いで揉めてついに喧嘩になってしまった…なんてことよくありますよね。

ルム編集長

今回はインスタグラムのフォロワーさんに
「家づくりで夫婦で揉めたエピソード」のアンケートを取ったよ!

いえ子ちゃん

実際にどんなことで意見が食い違うのか、事前に知っておけば揉めることも少なくなりそう…!

家族みんなが納得できる家づくりを楽しく話し合っていけるように
ぜひ参考にしてみてください!

コチラのアンケートの回答を集計してまとめました!

本記事の内容

  • 家づくりで夫婦間での意見が分かれるポイントがわかる
  • 揉めてしまったときの対策がわかる

家づくりで夫婦で揉めたエピソード

①設備

最も多かったのが家の設備関係についてです。

トイレ

トイレを1つにするか2つにするか!

トイレメーカーどれにするか問題で揉めました

トイレ内に手洗いがいるかどうか

毎日絶対に使うトイレはこだわりたいですよね。
個数は将来のことも見据えて考えたいところです。

キッチン

ガスコンロにしたかったけど夫の意見でIHに…

食洗器いるかいらないか問題!

ほとんど私がキッチン使うのに使わない夫が要望だしてきた

キッチン回りは本当に人によって意見が分かれます!
よく使う人の意見を尊重したいですよね。

収納

あればあるほどいいvs場所が大事

収納は使うものを入れる収納と使わないものを入れる収納2種類ありますもんね…

機能

床暖房がほしかったけど暑がりな夫はいらないみたい

玄関にシステムキーつけたかったな

太陽光パネルつけたい!

機能は後付けできるものも多くあるので新築時じゃなくてもいいのかも…⁈

その他

ベランダが欲しい

書斎が欲しいといわれたけど…いる?!

お互いの希望を聞いているとどんどん予算オーバーにつながりかねません…。

②デザイン

続いて多かったのがデザイン関係。
好みは人によって違いますもんね…
意見が分かれるポイントとしては下記のものがありました。

暗い色で統一vs明るい色で統一

アクセントパネルの色やキッチンの扉の色などもろもろ…

照明の色を電球色にするか昼白色にするか

色は家の雰囲気に大きく関わってくる部分ですもんね。

2択問題

利便性かデザイン性かどちらを重視するか…

平屋にするか2階建てにするかで意見が分かれました

どっちにする問題はたくさんでてきそうですね。

埋め込み家具

アクセントパネルをいれるかどうか

姿見の場所をどこに置くかで意見が食い違いました

一度設置してしまったら動かせないようなものはじっくり考えたいですね。

③広さ

こちらも何を重要視するかによって意見が分かれそうなところ。
どの部分の広さが揉めるポイントになるのでしょうか?

リビングの広さをできるだけ広くしたい夫と冷暖房の効きを気にしてしまうわたし…笑

お風呂の広さを1.25にするか1.5にするか…
小さい子どももいるし

収納多めの意見では一致したが割合でバチバチに

子ども部屋の大きさを広めにするか最低限でいいか

ランドリールームの広さは難しかった…

限られた空間の中で大きさを決めていくのは難しいことです。
将来のことも考えつつ自分たちに合う広さにしていきたいですね!

④お金

値段の関係で意見が食い違うことが多くありました

揉める理由は結局お金。予算があれば揉めない

これはもうほとんどの夫婦が悩み、ぶつかりあう問題じゃないでしょうか。
十分な予算があればやりたいこともできますもんね。間違いないです。
ただ予算はあるだけ要望は増えていってしまうものです。
自分たちが本当にしたいものをしぼりつつ意見を合わせていきたいですね。

⑤方角

洗濯物干しの場所や方角

間取りの前に建てる方角で揉めてます…

窓の位置!!

洗濯物の乾き具合や人通りの多さなども考慮したいところ。
変えられないものなだけに難しいですよね。

⑥その他

とにかく全てで揉めました。ドア1枚にしろ、壁紙にしろ…

夫が無関心すぎて…都度喧嘩してました…

全てで喧嘩、片方が無関心なのは辛いですね…
夫婦間での温度差もあるのでしょうか。


いえ子ちゃん

大切な家を作る過程なだけあって、結構いろんなポイントで揉めてしまうんだね…

ルム編集長

ここで少しでも夫婦喧嘩を減らす方法を紹介するよ!

夫婦で揉めてしまったときの対処法

お互いの理解を深める

まずは夫婦でとことん話し合ってみましょう。

ルム編集長

なぜ、それをしたいのかその理由を明確に、こちらの意見を相手に伝わるように話すことが大切!


例えば収納スペースを作りたい場合、
「家事動線上に収納スペースがあると家事時間が短くなるからここに収納スペースを置きたい」などの理由を伝えればわかってくれるかもしれません。


もちろん、話し合いですので自分が一方的に話すのではなく
相手の話もしっかり聞いてあげましょう
意見を聞くことによって、納得して自分の意見が変わることもあります。

いえ子ちゃん

毎日忙しいけど、今後のためにも余裕をもって話し合う時間を設けられるといいなぁ!

お互いが歩みよれるポイントを探す

ルム編集長

白か黒か!というものばかりではないはず。
お互いが歩み寄れるポイントや妥協点を探してみよう!


例えば「キッチンはよく私が使うからこの希望は通してほしいけど、ベランダはあなたの希望通りつけてもいいよ」など交換条件もありですよね。
選択肢が多いような場合は、いっそのこと限定してしまいましょう。


色で迷っているなら「ABCどの色が好き?」と限定して聞いてしまえば悩む時間も減ります。

お互いにどうしても譲れないことがある場合は代替え案を用意するのもいいでしょう。

いえ子ちゃん

意見をすり合わせて、二人が納得できるポイントで落ち着きたいな♩

第三者に意見を聞く

意見が合わず言い合いになってしまったり、冷静な判断ができなくなってしまっているときは、第三者の意見を参考にすることも大切です。

ルム編集長

家族や、実際に家を建てた人の意見を聞くのも◎
家づくりを担当してくれている営業の人に話を聞いてもらうと親身になって考えてくれるはず

全然考えてなかったけど目からウロコ!な提案があったりするかもしれません。

その道のプロなので、二人の納得いくアドバイスをしてくれますよ。

いえ子ちゃん

カッとなったら6秒待ってみようかな(笑)

注文住宅の間取りで後悔しないためには?

せっかく念願のマイホームを建てても、家の間取りや設備で後悔する人は多いです。
家は3回建てないと満足しない』とよく言われています。

注文住宅のよくある後悔
  • 間取りの比較が不十分な状態で決定してしまった。
  • 自分で積極的な情報収集をしなかった。
  • より良い間取りを検討するための参考材料が少なすぎた。

このような後悔体験談は、家づくり経験のあるInstagramフォロワーさんからよく届きます。

逆に後悔していない方は99%間取りを比較しています。

※Instagramの質問箱アンケート参照
「これから家づくりを始める方へアドバイスありますか?」

と聞いてみたところ、回答は以下のような内容でした。

実際に注文住宅を建てた経験者さんからのアドバイスを見てわかるように、
間取り決めの成功=間取りプランの比較 は間違いないですね。

ルム編集長

間取りで後悔しないためにはとにかく情報収集が大事!

住宅展示場に行く前に下調べをしましょう!

いきなり住宅展示場に行くと失敗する理由とは?

ここだけの話、まっさきに住宅展示場に行くのは、マイホーム計画の典型的な失敗例です。

住宅展示場デメリット

  • 頑張っても1日で2〜3社しか見れない
  • 2〜3時間の営業の後、ようやくカタログや間取りをもらえる
  • 子ども連れだとさらに体力を消耗して貴重な1日が終わる
  • 準備が終わっていないのに、あいまいに家づくりが始まってしまい後悔する

住宅展示場にいきなり行ってはいけない最も大きな理由は、

不十分な準備の状態でフワフワと家づくりが始まってしまうことです。

「自分が建てたい家はどんなイメージか?」

「予算はどれくらいまでが許容範囲か?」

これらの情報を整理せずに、家づくりを初めてしまうと予算オーバーや間取りの失敗に繋がり後悔が残ります。

ルム編集長

当たり前ですが、総予算や間取りは建てた後から変更できません。

わくわくして展示場にいきたい気持ちはよくわかりますが、冷静に考えてみてください。

まだ何も決まっていない段階で住宅展示場に行っても、何を見ればいいかも何を聞けばいいのかもわからないまま貴重な1日が終わってしまいます。

いえ子ちゃん

テンションだけ上がって、収穫なく帰宅してしまいそうです…

実は、住宅展示場に行くよりも効率的に理想の間取りを叶える方法があります。

SNS総フォロワー数20万人を超えるTHE ROOM TOUR 編集部が、家づくり経験者さんの体験談を元に徹底調査した結果です。

いつかマイホームを建てたい!と思っている方は必ずチェックしてくださいね。

この方法を使えば、全国のハウスメーカー・工務店から「あなただけのオリジナル間取りプラン・見積もり・カタログ」の3点セットを無料で取り寄せることができます。

オリジナル間取りプランがもらえる「タウンライフ家づくり」

タウンライフ間取り

タウンライフは、全国600社のハウスメーカー・工務店から、【あなただけのオリジナル間取りプラン・見積もり・カタログ】をもらえる無料サービスです。

タウンライフでできることをまとめてみました。

タウンライフでできること【無料】
  1. オリジナル家づくり計画書がもらえる
  2. 希望にあったオリジナル間取りプランがもらえる
  3. 見積り比較ができるので予算イメージができる
  4. 未公開含む土地情報がもらえる
  5. 資金計画を提案してもらえる
  6. カタログを簡単に複数社に一括依頼できる
  7. 自宅に複数社から資料が届くので外出不要

ルム編集長

希望を伝えれば、土地の情報ももらえるので土地探しから始める方にもオススメです♪

3分程度でオンライン依頼するだけで、カタログ資料がこんなにたくさんもらえます。

カタログを見ながら、自宅でゆっくり真似したいお家を探すのは家づくりのイメージが湧くので楽しいですよ。

これから、何千万という大金を支払う会社を選ぶわけですから、最低限カタログくらいは持っておくべきです。


しかも、タウンライフなら間取りプランをお試し作成してもらえます。

あなただけのオリジナルの間取りプランが手元にあれば、具体的なマイホームのイメージがわくはずです。

ルム編集長

複数社の間取りプランを実際に見比べてみよう!

間取りプランは住宅展示場に行かなくてもオンラインで手に入るよ!

間取りプラン無料

さらに、間取りプランに基づく見積もりを一緒にもらえます。

見積もりがあることで、

「どれくらいの家がどれくらいの予算で建つのか」を把握することができますね。

ルム編集長

カタログ・間取り・見積もりの3点セットで情報収集できるのはタウンライフだけです!

SUUMOやHOMESなど有名な住宅系サービスとは異なり、知名度が低いため本当に信頼できるサービスなのか?心配になる人もいるかも知れません。

しかし、安心してください。

タウンライフはこれまでに累計110万人以上が利用している、家づくり経験者の間では定番の無料カタログ請求サービスです。

実際に、注文住宅関係のサイト利用者アンケートでは3冠を達成しています。

タウンライフ 注文住宅

いえ子ちゃん

家づくりを始めるまでは全く知らなかったけど、マイホームの情報収集をするうちに何度も耳にしたという人が多かったです!

タウンライフは日本全国600社以上と提携しており、有名なハウスメーカーはほぼ提携しています。

ルム編集長

テレビで見たことあるような有名なハウスメーカーがあなたの家の間取りプランを作ってくれることを想像するとワクワクしますね。

タウンライフはTHE ROOM TOUR(当サイト)でも大人気のサービスです。

当メディアのSNS総フォロワー様数は20万人を超えており、毎月のようにたくさんの方がタウンライフを利用していますが、これまでに悪質なクレーム報告等は1つも届いていません。

ルム編集長

完全無料で間取りやカタログをもらえるので、気軽に利用しておけばOKです。

間取り作成とカタログの依頼は、下のボタンから3分で完了します。

まずは申し込んでみて、自宅にカタログや間取りプランが届くのを待ちましょう。

あなたが理想とする暮らしに出会えますよ。

  • 間取り決めのアイディア集めになる!
  • 今の間取りの改善点が見つかる!
  • 完全無料で3分でオーダー完了
間取りをもらっても
契約縛り一切なし

▲先着順でプレゼントもらえる!

▼実際の口コミや詳しい使用方法を詳しく知りたい方はこちらからどうぞ!

絶対に参考になる!家づくりで役に立ちすぎるサイト3選 画像④
  • あなただけのオリジナル間取りもらえる
  • 全国600社のカタログでアイディア集め
  • 家づくり経験者110万人が利用した実績
先着限定プレゼント有り
※3分で依頼完了

家づくり経験者の生の声をお届けしています

当メディアには、素敵な注文住宅に暮らす”家づくり経験者さん”より、たくさんの体験談やアドバイスが寄せられます。
これまでに集まった家づくりの体験談は1,000件以上。お家の掲載は700件以上です。
Instagramを中心にSNS総フォロワー数が20万人を超える当メディアだからこそ、届けられる家づくりのリアルな情報を配信しています。