火災保険

火災保険の相場はいくら?2021年新築一戸建ての平均金額とあなたの家の最安値が3分で分かる方法も紹介!

いえ子ちゃん

ハウスメーカーから火災保険を提案されたけど、これって高いのかな?

ハウスメーカーから提案された火災保険。

火災保険を契約する経験はほとんどないため、金額が適正なのかわからないですよね。

相場よりも高い金額で契約してしまわないか、心配になる方も多いでしょう。

ルム編集長

提案された金額が少しでも高いと感じたら、必ず他の会社の金額と比べてみましょう。

今回は、SNS総フォロワー20万人を超える暮らしのメディア「THE ROOM TOUR」(@the_room_tour)が家づくり経験者さんの声をもとに、「火災保険の平均相場」を解説しました。

また、火災保険を最安値で契約する方法も紹介しています。

この記事を読めば…

  • 火災保険の平均相場がわかる!
  • 火災保険を安く契約する方法がわかる!
  • 火災保険の料金が決まる基準がわかる!

ルム編集長

これから火災保険を契約する方は、今の金額よりお得に契約するためにもご覧ください!

▼今すぐ最安値の火災保険プランを見つけたい方はコチラ

  • 3分で最安値がわかる見積もり依頼
  • 最短当日のスピード対応
  • 利用者の90%が他社より安い見積り入手
見積りもらっても
契約の縛りは一切なし

【新築一戸建て】火災保険の平均相場はいくら?

いえ子ちゃん

火災保険の平均相場ってどれくらいなんだろう…?

火災保険を検討する際には、どれくらいの保険料が平均なのか気になりますよね。

しかし、結論から言うと火災保険の平均相場はさまざまな要因によって決まるため、相場がありません。

ルム編集長

火災保険の保険料は、人によって大きく変わるんです!

保険料は、それぞれの状況によって2万円〜20万円程度までと幅があります。

保険会社に見積もりを出してもらわないと、どれくらいの保険料になるかはわかりません。

複数の会社から見積もりをもらうことで、各家ごとに保険料の平均相場を見つけられるでしょう。

家ごとに状況が大きく変わるため、火災保険の平均相場はありません!

相場を知るためには、複数の会社から見積もりをもらうことが必要です。

火災保険の保険料が決まる基準を解説!

いえ子ちゃん

じゃあどうやって保険料が決まるの…?

ルム編集長

保険料が決まる基準は、以下に記載のとおりです!

火災保険の保険料が決まる基準
  • 建物の構造
  • 専有面積
  • 建物の所在地
  • 築年数
  • 補償内容
  • 加入期間
  • 補償金額
  • 特約の付帯

火災保険の保険料は、これらの基準が組み合わされた上で決められます。

それぞれの基準について、具体的に解説しましょう。

建物の構造

建築の構造によって耐火性が変わるため、保険料も変わるのが当然です。

以下、「M構造」→「T構造」→「H構造」の順に保険料が高くなります。

  • M構造(コンクリートのマンションなど)
  • T構造(鉄骨造の戸建ての建物など)
  • H構造(木造の戸建ての建物など)

ルム編集長

木造のほうが火が燃え広がりやすいため、保険料が高くなります。

ただし、木造建築でも「耐火建築物」や「準耐火建築物」であればT構造に含まれます。

専有面積

建物の専有面積が広くなればなるほど、保険料が高くなります。

建物の所在地

災害のリスクは地域によって変わるため、所在地による保険料の違いもあります。

例えば、以下のような災害が多い地域は、火災保険が高めの料金で設定されていることが多いです。

  • 台風
  • 土砂崩れ
  • 大雪
  • 洪水
  • 津波

ルム編集長

豪雪地帯である北陸や、台風の多い九州・沖縄は、保険料が高い傾向にあります。

築年数

築年数が浅い=新しい建物のほうが、保険料は安くなる傾向にあります。

保険会社によっては「築浅割引」を取り入れていることも。

ルム編集長

新築は安く契約できるチャンスです!

補償内容

補償内容やサポートが充実しているほど、保険料は高くなります。

また、補償の対象は「建物」と「家財」に分けられており、以下のように補償内容を選ぶことになります。

  • 建物のみ
  • 家財のみ
  • 建物と家財

建物とは、住んでいる住居自体のこと。

家財とは、住居内にある家具や家電など、家財道具のことです。

ルム編集長

もちろん、建物と家財すべてを補償対象にするのが一番高くなります。

保険の加入期間

保険の加入期間は、1年〜最長10年まで。

契約期間を長くすればするほど、料金は安くなります。

いえ子ちゃん

最長の10年で契約したほうが安くなるんだね!

また、支払い方法は月払いや年払い、一括払いなどがありますが、できるだけまとめて支払うほうが安くなります。

補償金額

損害を受けた場合の補償金額が多いほうが、保険料は高くなります。

火災保険の場合は、建物の評価額=再調達価格が目安になり、金額を設定されています。

再調達価格とは…建物が全損した場合に、同等の建物を用意するのに必要な金額のこと。

ルム編集長

火災保険の補償金額を設定するときには、再調達価格と補償金額を同じにしておくのがおすすめです!

補償金額を低く設定してしまうと、損害を受けた場合に一部の補償しかもらえず、自費でまかなわないといけなくなります。

一方で、補償金額を必要以上に上げたとしても、再調達価格以上の金額を受け取ることはできません。

特約の付帯

多くの火災保険には特約が用意されており、特約を付帯すると、保険料は高くなります。

例えば、「個人賠償責任補償特約」や「類焼損害補償特約」などがあります。

  • 自宅で水漏れを起こして、近隣に損害を与えてしまった
  • 火事を起こして隣の家にまで損害を与えてしまった

ルム編集長

このようなケースを想定して、念のため特約を付帯する人も多いです。

いえ子ちゃん

もし、特約なしでこんな事故が起きてしまったら大変!

相場よりも安い火災保険が3分でわかる方法

いえ子ちゃん

火災保険が決まる基準はわかったけど、どうすればもっと安く契約できるんだろう…?

ルム編集長

火災保険を最安値で契約するには、無料の一括見積もりサイトがおすすめだよ!

一括見積もりサイトを利用すると、無料で複数の保険会社から見積もりをもらえます。

見積もりの入力にかかる時間は、たった3分。

手間も時間もかけずに、最安値の火災保険を知ることができます。

1社や2社だけを見て決めてしまうと、相場やサポート内容の比較ができず、高い料金で契約してしまうことも…。

Instagramで12万人のフォロワーさんに聞いたアンケートでも、85%の方が相見積もりをおすすめしていました。

ルム編集長

中には、12万円安くなった方も!

家づくり経験者さんの間で特に評判が良い3つのサイトはコチラです。

おすすめ一括見積りサイト3選

3つのサイトを選んだ理由は以下のとおりです。

  • すべて無料で利用できる
  • 強引な勧誘などの悪い評判が無い
  • 10社以上の火災保険会社と提携している
  • 完全オンラインで見積もり取得可能
  • 見積もり依頼がカンタンにできるもの

それぞれのサイトに特徴や強みがあるので、どんな人におすすめかをカンタンにまとめてみました。

詳しくは【火災保険の失敗しない選び方は?最安値が見つかるおすすめの一括見積もりサイト3選を徹底比較!】で紹介しています。

サイト名こんな人におすすめ
火災保険の
窓口
・急いで見積もりが欲しい
・お得なギフト券もらいたい
インズウェブ・最大手の安心感が欲しい
・契約期間に余裕がある
住宅本舗
・既に見積もりがある
・契約期間に余裕がある

上記で紹介している3つのサイトであればどれも安心して利用できますが、ひとつだけ選ぶとしたら当サイトで1番人気の【火災保険の窓口】です。

「火災保険の窓口」のメリット
  • 最短当日で見積もりをもらえるスピード感
  • 提携保険会社13社から豊富なメニューを選べる
  • 無料で電話相談ができる

ほかの一括見積もりサイトに比べて取り扱い商品数が多く、電話サポートまでも充実しています。

また、最短当日で見積もりをもらえるので、「火災保険のことを忘れていて、もう入居間近になってしまった」という方にもおすすめです。

ルム編集長

無料一括見積もりサイトの中でもおすすめなのは、「火災保険の窓口」です!

火災保険の窓口では、サイト利用者の90.6%がほかよりも安い見積もりを取得できたそうです。

これから火災保険を検討する方は、絶対に利用すべきサイトの一つと言えるでしょう。

現在、火災保険の窓口では期間限定のキャンペーンを開催中です。

たった二つの条件を満たすだけで、全員にサーティーワンアイスクリームの300円分ギフト券をプレゼントしています。

  1. 無料で一括見積もりをとる
  2. 見積もり取得後にカンタンなアンケートに回答する

ルム編集長

契約をしなくとも、ただ見積もりをもらうだけでOKです!

今回のキャンペーンは終了期間が決められていませんが、突然終了してしまう可能性もあります。

火災保険を検討しているのなら、今すぐに見積もり依頼をとっておきましょう。

▼当サイトで1番人気の火災保険一括見積もりサイト

  • 3分で最安値がわかる見積もり依頼
  • 最短当日のスピード対応
  • 利用者の90%が他社より安い見積り入手
見積りもらっても
契約の縛りは一切なし

「火災保険の窓口」の詳細を知りたい方は、コチラの記事もご覧ください。

【まとめ】一括見積もりサイトを使って最安値で契約しよう!

本記事では、火災保険の費用相場が決まる基準を解説しました。

火災保険の保険料は、さまざまな要因が組み合わされた上で決定していることがわかります。

火災保険の保険料が決まる基準
  • 建物の構造
  • 専有面積
  • 建物の所在地
  • 築年数
  • 補償内容
  • 加入期間
  • 補償金額
  • 特約の付帯

保険料の目安を知りたいなら、複数の保険会社を比較してみないとわかりません。

無料の一括見積もりサイトを利用した上で、安くて良い保険会社へ依頼しましょう。

火災保険を最安値で契約したいなら、無料の一括見積もりサイトを活用しましょう。

中でも一番おすすめな一括見積もりサイトは、【火災保険の窓口】です。

ルム編集長

火災保険の窓口では、利用者の90.6%がほかよりも安い見積もりになった実績があります!

新築入居直前になってバタバタしたスケジュールに追われてしまい、損する火災保険しか選べない人も多いです。

「あのとき見積もり依頼をしておけば、10万円以上お得な火災保険に加入できたのに…」
なんてことにならないためには早めの行動が必要です。

火災保険の窓口ならたった3分で見積もり依頼が完了するので今すぐに依頼しておきましょう。

▼当サイトで1番人気の火災保険一括見積もりサイト

  • 3分で最安値がわかる見積もり依頼
  • 最短当日のスピード対応
  • 利用者の90%が他社より安い見積り入手
見積りもらっても
契約の縛りは一切なし

▼コチラの記事では、火災保険の窓口について詳しく解説しています。

家づくり経験者の生の声をお届けしています

当メディアには、素敵な注文住宅に暮らす”家づくり経験者さん”より、たくさんの体験談やアドバイスが寄せられます。
これまでに集まった家づくりの体験談は1,000件以上。お家の掲載は700件以上です。
Instagramを中心にSNS総フォロワー数が20万人を超える当メディアだからこそ、届けられる家づくりのリアルな情報を配信しています。