家づくりの基本

失敗しない住宅会社の決め方は?7万人の体験談を元に「決め手」BEST10を大公開!

夢のマイホームを建てたい!となったとき
一番最初にすることが住宅会社を決めることですよね。

今回はこんな悩みを抱えている方にオススメの記事です。

  • 住宅会社選びに失敗したくない
  • 住宅会社の選定は何を重視すればいいか分からない
  • 会社を絞ったけど最後の決め手が分からず悩んでいる

いえ子ちゃん

あと3社で迷っててしぼれない~!
最終的な決め手って何で選べばいいの…?

魅力的な会社はたくさんありますが、最終的には1社に決めなければなりません。

悩みすぎてもうここでいいや…と妥協で選んでしまっては
せっかくの家づくりが後悔だらけになってしまう可能性も。

そんなときは先輩に頼りましょう!

SNS総フォロワー16万人を超える暮らしのメディア「THE ROOM TOUR」が、家づくり経験者さんに住宅会社の決め手をアンケートで聞いてみました。

こちらのアンケートの回答を集計してまとめました!

この記事の内容は…

  • 実際に住宅会社を選んだ決め手
  • 決め手となるポイントの見極め方
  • 業者選定で注意したいこと

ルム編集長

選定に重要な比較ポイントが分かることで
業者選びがスムーズになるね!

この記事を最後まで読んで自分にとってベストな住宅会社を選び、
後悔しない家づくりを進めていってくださいね!

7万人が答えた!住宅会社の決め手ベスト10

登録者数7万人のインスタグラムでアンケートをとった結果を
ランキング形式でご紹介します!

決め手ランキング
  1. 位 人
  2. 位 コスト
  3. 位 機能性
  4. 位 間取り
  5. 位 工法の良さ
  6. 位 知り合いの繋がり
  7. 位 デザイン
  8. 位 欲しい土地が建築条件付き
  9. 位 保証内容
  10. 位 断熱性

まずは10位から順にみていきましょう!

10位 断熱性

断熱性が良かったから

夏は涼しく冬は暖かい家は快適な暮らしに必須の条件ですよね。
特に寒い地域などは断熱性能は欠かせない存在です。

9位 保証内容

保証やアフターがよかった

会社によって保証される期間や条件が異なるので各会社の保証制度は必ず確認しておきたいポイントですね。

8位 欲しい土地が建築条件付き

欲しい土地が住宅会社指定だったから

相性が合う会社だといいですが、合わないと辛いことに…
土地を決定してしまう前に建築条件付きかどうかは確認しておきましょう

7位 デザイン

ときめき!訪問したすべてのお家が素敵でした

家の外観や内装が好みだったこと!

HPを見たり資料請求をして、各会社の得意なデザインをチェックしておきましょう。
ナチュラルな感じ、シックな感じなど自分がしたいデザインが決まっていれば住宅会社も絞りやすいですね。

6位 知り合いの繋がり

義理弟が担当だったので

夫が働いてるのが工務店だったので一択でしたね

会社の同僚の先輩がいたので紹介してもらった

知り合いがいる安心感やサービスしてもらえるなどのメリットがある反面
問題が起こったり会社を変更したくなった場合の対応が難しいかもしれませんね…


後悔しないためには、紹介してもらった場合でもほかの会社と比較検討もしたうえで納得して決めたいですね。

5位 工法の良さ

希望の工法があったので

天候に左右されないユニット工法があったので

こちらもデザインと同様、会社によって得意な工法・構造があります。
事前にしたい工法が決まっていれば住宅会社の選定もスムーズになりますね。

ルム編集長

家の工法には、代表的なものとして木造軸組工法、2×4(ツーバイフォー)工法、鉄骨造工法、RC造、などがありそれぞれ特徴が異なるよ!

4位 間取り

希望の間取りができたこと

自由設計ができたから

会社によってできる間取りと難しい間取りがある場合があります。
希望の間取りがある場合は見積りの時点で確認しておきましょう。


▼ 間取りの決め方に悩んでる方は、こちらの関連記事も参考にしてみてください。

3位 機能性

耐震や制振を第一に選びました

フル装備住宅だったから

希望の機能・性能があったから

機能性が優れているお家は暮らしやすく使い勝手がいいですよね。
各会社によってこだわりもあるのでぜひ一度比較してみましょう。

2位 コスト

希望の性能の追加費用が一番お手軽だった

相見積もりをとって予算が明確な方にしました

希望の内容をきちんと予算内で考えてくれたこと

家づくりで注目するのはやはりコスト面。
希望が増えるとその分コストもかかってくるので、予算の上限はあらかじめ決めておきましょう。

▼ 住宅ローン返済が不安な人はコチラ

  • 今ならミスドのギフト券がもらえる
  • 完全無料でFPに住宅ローン相談
  • オンライン面談もOK

無料住宅ローン相談する

ギフト券は今だけ!

1位 人

提案が素晴らしかった担当者に惹かれて

ずっと続く関係なので納得のいく方にしたく、9割決まってた別のメーカーから変えました

社長やスタッフの人柄。直感でここがいいと!

嫌な顔せず何度も真剣に手直しをしてくれた設計さんと営業さんの人柄に惹かれた

提案力の高さや会社の誠実さ

信頼できる一級建築士がいたから

注文住宅は自由な設計なだけあり、打合せがとにかく多いです。
担当者とは何度もやり取りをし、話し合いが必要になるため、相性を重視する人が多いようです。


結局のところ家を設計するのも実際に建てるのも人です。
「この会社なら、この人になら大切な家づくりを任せられる」と思える担当者に出会いたいですね。

さらに深掘り!重要視するポイントは?

さて、ランキングはいかがだったでしょうか。
トップ3の項目で重要視すべきポイントをさらに詳しく見ていきましょう。

①【人】のここを見よ!

いえ子ちゃん

人が決め手になるのはわかるんだけど
営業さんってみんないい人に見えるんだよね…

住宅会社側も商売ですからもちろん良い人・良い会社アピールはしてくるでしょう。
大切なのはその人を信頼できるかどうかです。
信頼できるポイントを3つにしぼり解説します。

頻繁に連絡がとれる

時間を大切に思っている人はレスポンスが早いです。
こちらの疑問や不安にも迅速に対応してくれる人は信頼できますね。
もし担当者にわからないことがあったとしても、調べて後で連絡してくれるような誠意ある対応は信頼感が増します。


また、きちんと連絡が取れる人はスケジュール管理も上手です。
打合せの時間や納期などの期限を守れるので安心できますね。

ヒアリングが上手く、説明が丁寧である

こちらの話や希望を聞いてくれるということは、理解しようとしてくれているということです。
あなたの担当さんはたくさん質問をしてくれて、自分たちのニーズを上手く引き出してくれていますか?
本当のプロは、自分たちが何を求めているのかを明確にしてくれ、新たな気づきを与えてくれます

ルム編集長

顧客目線にたって対応している誠実さが見えて信頼できますね。

他社の悪口や否定的なことを言わない

自社の良いところをアピールするあまり、他社を貶めるような発言は聞いていて気分のよいものではありません。
悪口や他を下げようとする心が見えてしまうと、その人の人間性に信用をなくしてしまいますよね。

いえ子ちゃん

いい人がいる会社はいい会社が多いというのは企業風土や教育がしっかりしているからなんだね。

満足できる家を一緒に作ってくれる担当者と出会えることは、家づくりにおいて大切なポイントですね。

②【コスト】で確認したいこと

費用面は大きな問題です。
もちろん希望予算内に収まる会社を選びたくなりますが、ただ安ければいいというものではありません。
コストを考えるときに確認したいことを紹介します。

ランニングコスト

家を建てるときは大きな金額が動くので初期費用のことだけを考えがちですが、これから長くその家に住むということを忘れてはいけません。
リフォーム代やメンテナンス費用などの維持費のことも考えましょう。

ルム編集長

ランニングコストを抑えた家づくりプランもあるので担当者に相談してみてくださいね。

オプション費用

オプションは標準仕様に含まれておらず、仕様を変更したり設備を追加するときに別途かかる費用です。
まずは標準仕様に何が含まれているのか確認し、オプションをつけるなら費用がどれだけかかるのか把握しましょう。

③【機能性】は優先順位を決めて

機能性の高い家は快適であり満足度も高いですよね。
ただ、あれもこれもとなると設備が増えて予算オーバーになってしまいがち。
全て叶えられるかは分からないので、機能性には優先順位をつけておきましょう。
注目したい機能を4つ紹介します。

耐震性・耐久性

日本は災害の多い国ですから、強くて丈夫な家が好まれる傾向にあります。

高気密・高断熱

夏は風通しが良くて涼しく、冬は熱を逃さない暖かいお家って理想ですよね。
外の気温に左右されず室内を快適な温度に保つ機能です。
冷暖房の効きもいいので省エネにも役立ちます。

収納性

大容量の収納スペースやウォークインクローゼットなども人気ですよね。
収納場所が多ければいいというよりも、必要な場所に必要な分だけ収納できるかという使い勝手の良さを考えましょう。

動線

動線を意識した間取りにすると機能性がぐんと高まります。
生活動線・家事動線・回遊動線などを考えて家族にライフスタイルに合わせた間取りを作りたいですね。

これで決めちゃダメ!注意したいこと

①価格のみで判断する

いえ子ちゃん

予算が決まっているから予算内に収まっているA社にしようかな。

ルム編集長

待って!見積だけを見て一番安かったところにするのは危険だよ!

相見積もりをして検討したつもりでも値段だけ見ていませんか?
見積りの内容をしっかり確認しましたか?
注文住宅の場合、定価というものがないので会社によって大きく金額は異なってきます。


相見積もりをとるということは、価格の相場を知るという意味もあります。
設備のグレードや間取りなど、すべて同条件で見積りをお願いしてくださいね。

②ネットや口コミを信じる

いえ子ちゃん

この会社、CMでよく聞くしいい会社なんだろうな~

ルム編集長

知名度があるからって優良企業だとは限らないよ!

今の時代、情報操作はいくらでもできてしまいます。
CMやネットで書かれているお客様満足度ナンバーワンなどの謳い文句は基本的には信じないほうが良いです。


また、口コミだけで判断するのもやめた方がいいでしょう。
大切な家づくりのパートナーを他人の判断基準で決めていいのでしょうか?
人の意見は参考程度にし、自分が納得したという事実を信じましょうね。

③複数の会社を比較しない

いえ子ちゃん

見積りをもらったよ!
ここしか見てないけどまた一から話を聞くのもめんどくさいしもう決めちゃおうかな?

ルム編集長

焦らないで!
比較しないとわからないこともあるよ

時間がないから、めんどくさいからといって勢いで決めてしまうのは危険です
住宅会社にも得意・不得意などもあれば、それぞれ個性もあります。
その中から自分たちに合うベストな会社を選ぶために、比較対象は絶対必要です


住宅会社選びは人生にかかわる大切な決断です。
これから家を建て終わっても長期に渡って付き合っていくことになるので慎重に選びましょう。

ルム編集長

住宅会社を比較することで、大幅なコストダウンにも繋がるよ♪

また、何社か比較検討するうちに家に関する知識も自然とついてきます。
いろんな会社をじっくり検討した上で、自分たちの納得できる会社を選んでいきましょうね。

【無料】カタログを取り寄せて住宅会社を比較してみる

▼ 住宅会社を比較する相見積もりの方法とコツについてはコチラ

注文住宅の間取りで後悔しないためには?

せっかく念願のマイホームを建てても、家の間取りや設備で後悔する人は多いです。
家は3回建てないと満足しない』とよく言われています。

注文住宅のよくある後悔
  • 間取りの比較が不十分な状態で決定してしまった。
  • 自分で積極的な情報収集をしなかった。
  • より良い間取りを検討するための参考材料が少なすぎた。

このような後悔体験談は、家づくり経験のあるInstagramフォロワーさんからよく届きます。

逆に後悔していない方は99%間取りを比較しています。

※Instagramの質問箱アンケート参照
「これから家づくりを始める方へアドバイスありますか?」

と聞いてみたところ、回答は以下のような内容でした。

実際に注文住宅を建てた経験者さんからのアドバイスを見てわかるように、
間取り決めの成功=間取りプランの比較 は間違いないですね。

ルム編集長

間取りで後悔しないためにはとにかく情報収集が大事!

住宅展示場に行く前に下調べをしましょう!

いきなり住宅展示場に行くと失敗する理由とは?

ここだけの話、まっさきに住宅展示場に行くのは、マイホーム計画の典型的な失敗例です。

住宅展示場デメリット

  • 頑張っても1日で2〜3社しか見れない
  • 2〜3時間の営業の後、ようやくカタログや間取りをもらえる
  • 子ども連れだとさらに体力を消耗して貴重な1日が終わる
  • 準備が終わっていないのに、あいまいに家づくりが始まってしまい後悔する

住宅展示場にいきなり行ってはいけない最も大きな理由は、

不十分な準備の状態でフワフワと家づくりが始まってしまうことです。

「自分が建てたい家はどんなイメージか?」

「予算はどれくらいまでが許容範囲か?」

これらの情報を整理せずに、家づくりを初めてしまうと予算オーバーや間取りの失敗に繋がり後悔が残ります。

ルム編集長

当たり前ですが、総予算や間取りは建てた後から変更できません。

わくわくして展示場にいきたい気持ちはよくわかりますが、冷静に考えてみてください。

まだ何も決まっていない段階で住宅展示場に行っても、何を見ればいいかも何を聞けばいいのかもわからないまま貴重な1日が終わってしまいます。

いえ子ちゃん

テンションだけ上がって、収穫なく帰宅してしまいそうです…

実は、住宅展示場に行くよりも効率的に理想の間取りを叶える方法があります。

SNS総フォロワー数20万人を超えるTHE ROOM TOUR 編集部が、家づくり経験者さんの体験談を元に徹底調査した結果です。

いつかマイホームを建てたい!と思っている方は必ずチェックしてくださいね。

この方法を使えば、全国のハウスメーカー・工務店から「あなただけのオリジナル間取りプラン・見積もり・カタログ」の3点セットを無料で取り寄せることができます。

オリジナル間取りプランがもらえる「タウンライフ家づくり」

タウンライフ間取り

タウンライフは、全国600社のハウスメーカー・工務店から、【あなただけのオリジナル間取りプラン・見積もり・カタログ】をもらえる無料サービスです。

タウンライフでできることをまとめてみました。

タウンライフでできること【無料】
  1. オリジナル家づくり計画書がもらえる
  2. 希望にあったオリジナル間取りプランがもらえる
  3. 見積り比較ができるので予算イメージができる
  4. 未公開含む土地情報がもらえる
  5. 資金計画を提案してもらえる
  6. カタログを簡単に複数社に一括依頼できる
  7. 自宅に複数社から資料が届くので外出不要

ルム編集長

希望を伝えれば、土地の情報ももらえるので土地探しから始める方にもオススメです♪

3分程度でオンライン依頼するだけで、カタログ資料がこんなにたくさんもらえます。

カタログを見ながら、自宅でゆっくり真似したいお家を探すのは家づくりのイメージが湧くので楽しいですよ。

これから、何千万という大金を支払う会社を選ぶわけですから、最低限カタログくらいは持っておくべきです。


しかも、タウンライフなら間取りプランをお試し作成してもらえます。

あなただけのオリジナルの間取りプランが手元にあれば、具体的なマイホームのイメージがわくはずです。

ルム編集長

複数社の間取りプランを実際に見比べてみよう!

間取りプランは住宅展示場に行かなくてもオンラインで手に入るよ!

間取りプラン無料

さらに、間取りプランに基づく見積もりを一緒にもらえます。

見積もりがあることで、

「どれくらいの家がどれくらいの予算で建つのか」を把握することができますね。

ルム編集長

カタログ・間取り・見積もりの3点セットで情報収集できるのはタウンライフだけです!

SUUMOやHOMESなど有名な住宅系サービスとは異なり、知名度が低いため本当に信頼できるサービスなのか?心配になる人もいるかも知れません。

しかし、安心してください。

タウンライフはこれまでに累計110万人以上が利用している、家づくり経験者の間では定番の無料カタログ請求サービスです。

実際に、注文住宅関係のサイト利用者アンケートでは3冠を達成しています。

タウンライフ 注文住宅

いえ子ちゃん

家づくりを始めるまでは全く知らなかったけど、マイホームの情報収集をするうちに何度も耳にしたという人が多かったです!

タウンライフは日本全国600社以上と提携しており、有名なハウスメーカーはほぼ提携しています。

ルム編集長

テレビで見たことあるような有名なハウスメーカーがあなたの家の間取りプランを作ってくれることを想像するとワクワクしますね。

タウンライフはTHE ROOM TOUR(当サイト)でも大人気のサービスです。

当メディアのSNS総フォロワー様数は20万人を超えており、毎月のようにたくさんの方がタウンライフを利用していますが、これまでに悪質なクレーム報告等は1つも届いていません。

ルム編集長

完全無料で間取りやカタログをもらえるので、気軽に利用しておけばOKです。

間取り作成とカタログの依頼は、下のボタンから3分で完了します。

まずは申し込んでみて、自宅にカタログや間取りプランが届くのを待ちましょう。

あなたが理想とする暮らしに出会えますよ。

  • 間取り決めのアイディア集めになる!
  • 今の間取りの改善点が見つかる!
  • 完全無料で3分でオーダー完了
間取りをもらっても
契約縛り一切なし

▲先着順でプレゼントもらえる!

▼実際の口コミや詳しい使用方法を詳しく知りたい方はこちらからどうぞ!

絶対に参考になる!家づくりで役に立ちすぎるサイト3選 画像④
  • あなただけのオリジナル間取りもらえる
  • 全国600社のカタログでアイディア集め
  • 家づくり経験者110万人が利用した実績
先着限定プレゼント有り
※3分で依頼完了

家づくり経験者の生の声をお届けしています

当メディアには、素敵な注文住宅に暮らす”家づくり経験者さん”より、たくさんの体験談やアドバイスが寄せられます。
これまでに集まった家づくりの体験談は1,000件以上。お家の掲載は700件以上です。
Instagramを中心にSNS総フォロワー数が20万人を超える当メディアだからこそ、届けられる家づくりのリアルな情報を配信しています。