家づくりの基本

【本当に安い?】ローコスト住宅のメリットデメリットを徹底比較!

購入しやすい注文住宅として人気のローコスト住宅。
費用を抑えられるのはありがたいですよね。

しかし、品質や性能やデザインなどに不安を抱いている人も多いです。

  • ローコスト住宅って安いけど、品質や性能に問題はないの?
  • 安っぽい家にしかならなさそうで心配…
  • 自由に決められるの?思い通りの家づくりにできるの?

いえ子ちゃん

安く家を建てられるのは嬉しいけど、欠陥がないか心配になるね…

費用を抑えて家を建てられるというメリットよりも、デメリットが気になるという人が多いです。

ローコスト住宅を採用するかどうか悩んでいる人は、メリットとデメリットを比較しましょう。

ルム編集長

ローコスト住宅の特徴やメリット、デメリットを把握することが大切です!

今回は、SNS総フォロワー20万人を超える暮らしのメディア「THE ROOM TOUR」(@the_room_tour)が『ローコスト住宅の特徴、メリットとデメリット』について解説します。

この記事を読めば…

  • ローコスト住宅の特徴がわかる!
  • ローコスト住宅のメリットとデメリットが比較できる!
  • 自分に合った家づくりの方法を選択できる!

理想のマイホームを手に入れたいけど、なるべく費用は抑えたいという人はローコスト住宅を検討してみてください。

諦めかけていたマイホームを実現できるかもしれません。

ローコスト住宅とは

ローコスト住宅とは、一般的な住宅に比べて安い価格で建てられる住宅のことです。

ルム編集長

ローコスト住宅は、大手ハウスメーカーや全国の工務店で展開されているよ!

一般的に、総額1000万円台で建てられる住宅のことをローコスト住宅と呼んでいます。

しかし、「〇〇万円以内で建てられればローコスト住宅」という、明確な定義はありません。

いえ子ちゃん

価格が安いのはうれしいけど、住宅の性能とかが心配…。

価格が安いことに不安を抱く人もいるかもしれません。

ルム編集長

住宅に関する法律があるから、ローコスト住宅でも安心だよ!

住宅を建てるには、建築基準法を満たしていなければ、建てることはできません

ローコストといっても、性能を落として安く住宅を建てるのは法律的に不可能です。

建築基準法には耐震性能も含まれているので、災害時でもほとんど問題がありません。

価格が安いからといって、欠陥住宅ではありません

マイホームを建てる際に、建築費用を抑えたい人は、ローコスト住宅を検討してみるといいですよ。

ローコスト住宅が安い理由

いえ子ちゃん

ローコスト住宅はどうして安いの?

ローコスト住宅の価格が安い理由としては、

  • 材料費の削減
  • 人件費の削減
  • 広告・宣伝費の削減
  • デザイン・設計費の削減

をしているからです。

ルム編集長

ローコスト住宅では、材料を大量購入することで、材料費を抑えているよ!

ローコスト住宅は、デザインや間取りを規格化することで、デザイン費・設計費を抑え、作業の合理化により人件費を抑えています。

住宅は、間取りや外装を凝ったり、設備のグレードをあげると、材料費や建築費などのコストが高くなります。

また、ローコスト住宅は、間取りや外装などをできるだけシンプルにすることで、コストを削減しています。

ローコスト住宅の価格が安い仕組みについては、コチラの記事で詳しく解説しています▼

ローコスト住宅のメリット

ローコスト住宅の1番のメリットは、当たり前ですが価格が安いことです。

ルム編集長

費用の関係でマイホームを諦めていた人も、念願のマイホームが手に入る可能性も…!

また、ローコスト住宅には費用の面だけでなく他にもメリットがあります。

ローコスト住宅のメリット
  1. 建築費用を抑えられる
  2. 工期が短い
  3. 選択に迷わなくて済む

ローコスト住宅のメリットを抑えて、費用の面でも納得のいく家づくりをしましょう。

メリット①建築費用を抑えられる

ローコスト住宅では、建材費や人件費、デザイン・設計費などを削減することで、建築費用を抑えています。

ローコスト住宅の坪単価は、30〜50万円程度が相場です。

ルム編集長

一般的な注文住宅の坪単価の場合、60〜80万円が相場だよ!

ローコスト住宅では「1000万円台で家が建つ」のが一般的です。

しかし、フルオーダーの注文住宅を建てる場合は、総額2500万円〜3000万円とも言われています。

ローコスト住宅でも、オプションや設備を変更すると、費用が高くなる場合もあります。

建築費用が抑えられれば、住宅ローンを組む際も少額で済みます

借入額が少なければ、月々のローン返済も楽です。

いえ子ちゃん

諦めかけていたマイホームも、ローコスト住宅だったら実現できそう!

ローコスト住宅は、一般的な注文住宅と比べると建築費用が安いので、資金に余裕のない人でもマイホームを手に入れることができます。

住宅ローンの資金計画で不安を抱いている人は、コチラの記事で不安を解消できます▼

メリット②工期が短い

ローコスト住宅は、一般的な注文住宅に比べて、工期が短いです。

一般的な注文住宅では、設計から引き渡しまで約4ヶ月から6ヶ月かかります。

ローコスト住宅なら、約3ヶ月で引き渡しが可能です。

いえ子ちゃん

どうして工期が短いのかな?

もしかして、手抜き工事!?

ルム編集長

工期が短いからといって、手抜き工事というわけではないよ!

ローコスト住宅は、ある程度規格化されているため、施工内容がパターン化されています。

施工内容がパターン化されていることで、作業効率が上がり、工期を短縮することができるのです。

工期の短縮は、人件費の削減にも繋がっています。

ローコスト住宅の工期は短いため、入居までの期間が短いです。

そのため、仮住まいの家賃を抑えることもできます。

メリット③選択に迷わなくて済む

ローコスト住宅は、規格化されいる住宅が大半です。

設備や間取りは選択肢の中から、自分好みのものを選択するという仕組みのローコスト住宅が多いです。

設備や間取りなど、自分で自由に選べる場合もありますが、その場合はオプションとなり、費用が高くなることもあります。

選択肢が多いと悩んでしまい、なかなか決断することができません。

しかし、選択肢が限られている場合は、迷わずに選択することが可能です。

いえ子ちゃん

優柔不断な人でもすぐ決められそう!

フルオーダーの注文住宅では、すべて自分で決めなければならないので、時間がかかってしまいます。

もちろん、そのこだわりこそ注文住宅のメリットなのですが、何日間も時間をかけるほどのこだわりが無いのであれば、ローコスト住宅でも問題ありません。

ルム編集長

自分ですべて選択しなくて済むので、手間や時間の節約になるよ!

ローコスト住宅の全てが規格化されているわけではありません。

こだわりたい部分は、グレードアップやオプションなどで変更することも可能です。

住宅に関する全てのことを自分で決めるのは大変だと考えている人には、ローコスト住宅やセミオーダー住宅がおすすめです。

ローコスト住宅のデメリット

建築費用が抑えられるローコスト住宅ですが、デメリットもあります。

ローコスト住宅のメリットだけではなく、デメリットも把握しておきましょう。

ローコスト住宅のデメリット
  1. 自由度が低い
  2. 見栄えや性能が劣る可能性がある
  3. 結果的に割高になるケースもある

ルム編集長

デメリットを把握しておけば、不満や後悔するポイントの対策ができるよ!

後悔のない家づくりをするためにも、ローコスト住宅のデメリットを把握しておくことが大切です。

デメリット①自由度が低い

ローコスト住宅は、コストを抑えるために規格化されていることが多いです。

いえ子ちゃん

間取りや設備って自由に選べないの?

間取りや設備、建材などは、決められた選択肢の中から選ぶ仕組みになっています。

ローコスト住宅は規格化されている部分も多く、一般的な注文住宅に比べると自由度が低いです。

ローコスト住宅は、間取りや設備を統一することで、費用を抑えています。

コストを抑えている分、自由度が低くなっています。

ルム編集長

こだわりたい部分はオプションを利用しよう!

選択肢の中から決められない場合は、オプションやグレードで変更が可能です。

オプションを利用する場合は、プラスでかかる費用に注意しましょう。

ローコスト住宅は、一般的な注文住宅よりも自由度が低いです。

マイホームへのこだわりが強い人は、ローコスト住宅で、満足のいく家づくりをするのは大変かもしれません。

ローコスト住宅は、規格化されている住宅が多いため、オリジナリティを出しにくいです。

そのため、似たような雰囲気の住宅になってしまうこともあります。

家づくりをこだわり、なんでも自分で決めたいという人には、フルオーダーの注文住宅がおすすめです。

デメリット②見栄えや性能が劣る可能性がある

ローコスト住宅では価格を抑えている分、外装や間取り、建物のデザインなどがシンプルなものが多いです。

ルム編集長

見た目がシンプルだから、安っぽいと言われてしまうことも…。

ローコスト住宅では、見栄えだけでなく、性能も劣る場合があります。

ローコスト住宅では価格を抑えるために、1番グレードの低い設備が標準プランになっていることがほとんどです。

グレードが1番低いといっても、建築基準法をクリアしているので、事実上の問題はありません。

グレードの高いものと比べてしまうと、やはり質感や性能は劣ります。

いえ子ちゃん

どこまで妥協できるかは、人それぞれだね。

見栄えはシンプルなものが、性能も必要最低限でいいという人は、ローコスト住宅を採用しても問題ありません。

ローコスト住宅では、壁材や設備などが最低限の性能であることが多く、劣化しやすいです。

劣化が早いとその分、修繕費もかさみます。

ローコスト住宅では建築費用を抑えることができますが、その後のメンテナンス代が一般的な注文住宅よりもかかってしまう場合があります。

デメリット③結果的に割高になるケースもある

ローコスト住宅では、設備のグレードをアップしたり、間取りやデザインをこだわりたい場合は、追加オプションになります。

その場合、追加費用がかかり、結果的に割高になるケースもあります。

ルム編集長

オプションを付ければ付けるほど、割高になっていくよ!

ローコスト住宅の最大のメリットは、価格の安さです。

オプションを追加しすぎてしまうと、ローコスト住宅を選んだ意味がなくなってしまいます。

いえ子ちゃん

オプションを追加できるけど、費用に注意しないといけないんだね!

こだわりたいポイントが多い場合は、ローコスト住宅で家を建てるのは向いていないかもしれません。

オプションを追加しすぎて、一般的な注文住宅と同じくらいの費用になってしまわないよう注意してください。

【ローコスト住宅】後悔のない家づくりをしよう!

ローコスト住宅の1番の売りは、なんといっても『価格の安さ』です。

マイホームを建てたくても、経済的に厳しいという家庭もあります。

いえ子ちゃん

ローコスト住宅なら、費用を抑えられるから、夢のマイホームを実現できる可能性があるね!

ルム編集長

ローコストというメリットだけでなく、デメリットも把握しておかないと、後悔する場合もあるから注意してね!

物事を検討、採用する際は、メリットとデメリットの両方を把握することが大切です。

ローコスト住宅のメリット
ローコスト住宅のデメリット
  1. 建築費用を抑えられる
  2. 工期が短い
  3. 選択に迷わなくて済む
  1. 自由度が低い
  2. 見栄えや性能が劣る可能性がある
  3. 結果的に割高になるケースもある

家づくりで後悔しないためにも、自分の希望やマイホームへの理想、資金面を考慮して、家づくりをしましょう。

注文住宅の間取りで後悔しないためには?

せっかく念願のマイホームを建てても、家の間取りや設備で後悔する人は多いです。
家は3回建てないと満足しない』とよく言われています。

注文住宅のよくある後悔
  • 間取りの比較が不十分な状態で決定してしまった。
  • 自分で積極的な情報収集をしなかった。
  • より良い間取りを検討するための参考材料が少なすぎた。

このような後悔体験談は、家づくり経験のあるInstagramフォロワーさんからよく届きます。

逆に後悔していない方は99%間取りを比較しています。

※Instagramの質問箱アンケート参照
「これから家づくりを始める方へアドバイスありますか?」

と聞いてみたところ、回答は以下のような内容でした。

実際に注文住宅を建てた経験者さんからのアドバイスを見てわかるように、
間取り決めの成功=間取りプランの比較 は間違いないですね。

ルム編集長

間取りで後悔しないためにはとにかく情報収集が大事!

住宅展示場に行く前に下調べをしましょう!

いきなり住宅展示場に行くと失敗する理由とは?

ここだけの話、まっさきに住宅展示場に行くのは、マイホーム計画の典型的な失敗例です。

住宅展示場デメリット

  • 頑張っても1日で2〜3社しか見れない
  • 2〜3時間の営業の後、ようやくカタログや間取りをもらえる
  • 子ども連れだとさらに体力を消耗して貴重な1日が終わる
  • 準備が終わっていないのに、あいまいに家づくりが始まってしまい後悔する

住宅展示場にいきなり行ってはいけない最も大きな理由は、

不十分な準備の状態でフワフワと家づくりが始まってしまうことです。

「自分が建てたい家はどんなイメージか?」

「予算はどれくらいまでが許容範囲か?」

これらの情報を整理せずに、家づくりを初めてしまうと予算オーバーや間取りの失敗に繋がり後悔が残ります。

ルム編集長

当たり前ですが、総予算や間取りは建てた後から変更できません。

わくわくして展示場にいきたい気持ちはよくわかりますが、冷静に考えてみてください。

まだ何も決まっていない段階で住宅展示場に行っても、何を見ればいいかも何を聞けばいいのかもわからないまま貴重な1日が終わってしまいます。

いえ子ちゃん

テンションだけ上がって、収穫なく帰宅してしまいそうです…

実は、住宅展示場に行くよりも効率的に理想の間取りを叶える方法があります。

SNS総フォロワー数20万人を超えるTHE ROOM TOUR 編集部が、家づくり経験者さんの体験談を元に徹底調査した結果です。

いつかマイホームを建てたい!と思っている方は必ずチェックしてくださいね。

この方法を使えば、全国のハウスメーカー・工務店から「あなただけのオリジナル間取りプラン・見積もり・カタログ」の3点セットを無料で取り寄せることができます。

オリジナル間取りプランがもらえる「タウンライフ家づくり」

タウンライフ間取り

タウンライフは、全国600社のハウスメーカー・工務店から、【あなただけのオリジナル間取りプラン・見積もり・カタログ】をもらえる無料サービスです。

タウンライフでできることをまとめてみました。

タウンライフでできること【無料】
  1. オリジナル家づくり計画書がもらえる
  2. 希望にあったオリジナル間取りプランがもらえる
  3. 見積り比較ができるので予算イメージができる
  4. 未公開含む土地情報がもらえる
  5. 資金計画を提案してもらえる
  6. カタログを簡単に複数社に一括依頼できる
  7. 自宅に複数社から資料が届くので外出不要

ルム編集長

希望を伝えれば、土地の情報ももらえるので土地探しから始める方にもオススメです♪

3分程度でオンライン依頼するだけで、カタログ資料がこんなにたくさんもらえます。

カタログを見ながら、自宅でゆっくり真似したいお家を探すのは家づくりのイメージが湧くので楽しいですよ。

これから、何千万という大金を支払う会社を選ぶわけですから、最低限カタログくらいは持っておくべきです。


しかも、タウンライフなら間取りプランをお試し作成してもらえます。

あなただけのオリジナルの間取りプランが手元にあれば、具体的なマイホームのイメージがわくはずです。

ルム編集長

複数社の間取りプランを実際に見比べてみよう!

間取りプランは住宅展示場に行かなくてもオンラインで手に入るよ!

間取りプラン無料

さらに、間取りプランに基づく見積もりを一緒にもらえます。

見積もりがあることで、

「どれくらいの家がどれくらいの予算で建つのか」を把握することができますね。

ルム編集長

カタログ・間取り・見積もりの3点セットで情報収集できるのはタウンライフだけです!

SUUMOやHOMESなど有名な住宅系サービスとは異なり、知名度が低いため本当に信頼できるサービスなのか?心配になる人もいるかも知れません。

しかし、安心してください。

タウンライフはこれまでに累計110万人以上が利用している、家づくり経験者の間では定番の無料カタログ請求サービスです。

実際に、注文住宅関係のサイト利用者アンケートでは3冠を達成しています。

タウンライフ 注文住宅

いえ子ちゃん

家づくりを始めるまでは全く知らなかったけど、マイホームの情報収集をするうちに何度も耳にしたという人が多かったです!

タウンライフは日本全国600社以上と提携しており、有名なハウスメーカーはほぼ提携しています。

ルム編集長

テレビで見たことあるような有名なハウスメーカーがあなたの家の間取りプランを作ってくれることを想像するとワクワクしますね。

タウンライフはTHE ROOM TOUR(当サイト)でも大人気のサービスです。

当メディアのSNS総フォロワー様数は20万人を超えており、毎月のようにたくさんの方がタウンライフを利用していますが、これまでに悪質なクレーム報告等は1つも届いていません。

ルム編集長

完全無料で間取りやカタログをもらえるので、気軽に利用しておけばOKです。

間取り作成とカタログの依頼は、下のボタンから3分で完了します。

まずは申し込んでみて、自宅にカタログや間取りプランが届くのを待ちましょう。

あなたが理想とする暮らしに出会えますよ。

  • 間取り決めのアイディア集めになる!
  • 今の間取りの改善点が見つかる!
  • 完全無料で3分でオーダー完了
間取りをもらっても
契約縛り一切なし

▲先着順でプレゼントもらえる!

▼実際の口コミや詳しい使用方法を詳しく知りたい方はこちらからどうぞ!

絶対に参考になる!家づくりで役に立ちすぎるサイト3選 画像④
  • あなただけのオリジナル間取りもらえる
  • 全国600社のカタログでアイディア集め
  • 家づくり経験者110万人が利用した実績
先着限定プレゼント有り
※3分で依頼完了

家づくり経験者の生の声をお届けしています

当メディアには、素敵な注文住宅に暮らす”家づくり経験者さん”より、たくさんの体験談やアドバイスが寄せられます。
これまでに集まった家づくりの体験談は1,000件以上。お家の掲載は700件以上です。
Instagramを中心にSNS総フォロワー数が20万人を超える当メディアだからこそ、届けられる家づくりのリアルな情報を配信しています。