家づくりの基本

高気密・高断熱が得意なハウスメーカーランキング|失敗しない選び方と注意点も合わせて解説

家づくりでは耐震性や間取り、デザイン面などこだわる部分は人それぞれ。

近年では、高気密・高断熱にこだわる人も増えています。

ルム編集長

高気密・高断熱にすれば夏は涼しく、冬は暖かい快適なマイホームになるよ!

しかし、断熱性能はハウスメーカーにより異なります。

高気密・高断熱を希望しても、実際に建ったら「暑いし、寒い!」なんてことも…

そこで今回は、Instagramフォロワー25万人を超える暮らしのメディア「THE ROOM TOUR」(@the_room_tour)が『高気密・高断熱が得意なハウスメーカーと失敗しない選び方』を解説します。

この記事を読めば…

  • 断熱性能を重視してハウスメーカーを選ぶ方法がわかる!
  • 高気密・高断熱を得意とするハウスメーカーがわかる!
  • 家づくりで後悔しない!

どのハウスメーカーでも、高気密・高断熱な家が建てられるとは限りません。

この記事を読んで、暑い夏でも寒い冬でも快適に過ごせるマイホームを手に入れてくださいね。

  • 1分で理想がわかる家づくり診断ゲーム!
  • 100件以上のおうち事例が見放題!
  • 営業マン紹介の特別な3大特典アリ!
【無料】ハウスメーカーの優秀な営業マンをおつなぎします!

高気密・高断熱の家を建てるハウスメーカーの選び方

いえ子ちゃん

気密性や断熱性が高い家を建てるには、どのハウスメーカーを選べばいいのかな?

「高気密・高断熱な家を建てたい」と思っても、どのハウスメーカーが断熱性能に長けているのかわからないですよね。

ここでは高気密・高断熱で失敗しないために、ハウスメーカーを選ぶ際のポイントを解説します。

上記の5項目に着目すれば、「高気密・高断熱の効果が感じられない…」などの失敗を防ぐことができます。

それでは、ハウスメーカーを選ぶポイントをひとつずつ見ていきましょう。

断熱性能を表す数値

気密性・断熱性には「高気密・高断熱」と言い切れる明確な基準はありません

しかし、数値を見れば、気密性や断熱性が高いかどうかを判断できます。

断熱性・気密性を表す数値
  • 気密性を表すC値(㎠/㎡)
    建物全体で隙間がどのくらいあるのかを表した数値
  • 断熱性を表すQ値(W/㎡/K)
    建物の熱の逃げにくさを表す数値
    熱損失係数とも言う
  • 断熱性を表すUA値(W/㎡/K)
    熱がどのくらい家の外に逃げやすいかを表した数値
    外皮平均熱貫流率とも言う

断熱性能を表すC値・Q値・UA値は数値が低いほど高性能です。

いえ子ちゃん

明確な基準はないけど、数値を見れば性能が優れているかどうかを確認できるんだね!

実はUA値のみ建築物省エネ法により基準が定められています。

UA値は地域区分があり、住んでいる地域により基準が分かれます。

UA値の基準

  • 北海道では0.46W/㎡/K
  • 関東など大部分で0.87W/㎡/K

建築物省エネ法の地域区分は各都道府県ごとではなく、市町村などの地域ごとに分かれています。

住んでいる地域のUA値基準が気になる人はこちらを参照してください▼

https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/shoenehou_assets/img/library/chiikikubun-sinkyuu.pdf

UA値の基準は国土交通省公式サイトより引用▼

https://www.mlit.go.jp/policy/shingikai/content/001443058.pdf

C値も以前は建築物省エネ法により基準が定められていましたが、現在は基準が撤廃されています。

参考までに以前の数値を記載すると

  • 北海道などの寒冷地では2.0
  • それ以外の地域では5.0

が基準と定められていました。

C値の基準は撤廃されましたが数値が低ければ低いほど高性能なので、必ず数値の確認をしましょう。

断熱性を表す数値は性能を平等に比較するためにQ値からUA値に変更されています。Q値を使用しているハウスメーカーは少ないですが、合わせてチェックしておいて損はありません。

ルム編集長

多くのハウスメーカーではC値・Q値・UA値のいずれかを公表しているよ。

高気密・高断熱住宅を建てるのであれば、ハウスメーカーに推奨している数値や目標数値、実績値を確認してくださいね。

ハウスメーカーの施工実績

断熱性能は、職人の技術により効果が左右することもあります。

気密性・断熱性の高い家を建てるのなら、ハウスメーカーの施工実績も確認しましょう。

また、C値・Q値・UA値の数値だけで、気密性・断熱性を判断してはいけません。

気密性・断熱性の高さを見極めるには数値が重要ですが、数値はあくまで設計値

数値通りの住宅になるとは限らないのです。

ルム編集長

建物の仕様書をもとに算出された数値だから、実際に建ってみないとマイホームの正しい数値はわからないよ…

C値は建物が完成してから測定器で計測する実測値、UA値は設計段階での理論的な数字。

とはいえ、実績値が優れている場合は、高気密・高断熱住宅を建てられる技術があるということ。

いえ子ちゃん

実績値を確認すれば、施工者や職人の技術が高いかどうかを見極められるんだね!

高気密・高断熱で失敗しないためには、ハウスメーカーの施工実績や施工方法も合わせて確認するといいですよ。

屋根や床の断熱方法

屋根や床の断熱方法により性能やコストが異なります

ハウスメーカーを選ぶときには、屋根や床の断熱方法も確認しましょう。

屋根には天井断熱と屋根断熱、床には床断熱と基礎断熱があります。

断熱方法
  • 天井断熱:天井部分に断熱を施したもの
  • 屋根断熱:屋根部分に断熱を施したもの
  • 床断熱:1階床裏面に断熱を施したもの
  • 基礎断熱:基礎コンクリート部分で断熱を施したもの

それぞれにメリット・デメリットがあります。

天井断熱メリット
天井断熱デメリット
  • コストが抑えられる
  • 冷暖房する空間が少ない
  • 断熱材の厚さに制限がない
  • 小屋裏空間が活用できない
屋根断熱メリット
屋根断熱デメリット
  • 小屋裏空間が利用できる
  • 天井断熱より暑さ対策しやすい
  • 天井断熱よりコストが高い
  • 冷暖房する空間が広いから電気代が高くなる
  • 断熱材の厚さに制限がある

ロフトや勾配天井など、デザインに変化を持たせたり、開放感あるマイホームにしたいのであれば、屋根断熱がおすすめです。

コストを重視するのであれば、天井断熱がいいでしょう。

床断熱メリット
床断熱デメリット
  • 換気が効率的に行える
  • 湿気やシロアリの被害が少ない
  • 気密性を確保しにくい
  • 断熱材の厚さに制限がある
  • 床下の冷気が伝わりやすい
基礎断熱メリット
基礎断熱デメリット
  • 気密性を確保しやすい
  • 地熱効果で温度変化が少なく省エネ
  • 水道管の凍結予防になる
  • 床断熱よりコストが高い
  • シロアリが侵入する可能性がある
  • 結露とカビが発生する可能性がある

コストを重視するのであれば、床断熱がおすすめです。

しかし、高気密住宅を目指すのであれば、基礎断熱がベストでしょう。

特徴を把握しておくことで、高気密・高断熱での失敗を防げます。

ハウスメーカーにより断熱方法が異なるので、理想のマイホームが実現できるハウスメーカーを選んでくださいね。

窓の性能

屋根も床も壁の断熱も完璧なのに、高気密・高断熱の効果が発揮されないことがあります。

なぜなら、窓の性能を見落としているから。

ルム編集長

夏は窓から熱が入ってきて、冬は窓から熱が出ていくよ。

気密性・断熱性を高くしても窓の性能を見落としたら、快適なマイホームにはなりません。

窓で確認するポイント
  • 窓のサイズや数
  • ガラスの種類
  • サッシの種類

高気密・高断熱住宅を目指すのであれば、依頼するハウスメーカーを決める前に取り扱っているガラスやサッシの種類を確認しましょう。

ガラスはトリプルガラス、サッシは樹脂性が断熱性能が高いです。

アルミ製サッシは熱伝導率が良く、断熱性能が低いのでおすすめしません。

窓の大きさや数により、気密性・断熱性が変わります。

高気密・高断熱にするには窓を小さく、少なくしたほうが効率的

しかし、それでは住みにくいマイホームになってしまうでしょう。

いえ子ちゃん

窓が小さいと、暗い家になりそう…

ハウスメーカーと相談しながら、ライフスタイルに合わせて窓の大きさや数を決めるといいですよ。

換気システム

高気密・高断熱の性能を損なわないように空気の入れ替えをするには、換気システムの導入が必須。

換気をしないと、悪臭や汚れた空気が室内に留まり健康被害をもたらすことも…

ルム編集長

高気密・高断熱住宅では24時間換気システムの導入が義務付けられているよ。

換気システムには以下の3種類があります。

換気システムの種類
  • 第1種換気
    給気・排気の両方をファンで強制的におこなう方法
  • 第2種換気
    給気のみをファンで強制的におこない、屋内の空気は自然に排出する方法
  • 第3種換気
    自然に給気がおこなわれ、排気のみを強制的におこなう方法

それぞれの換気システムにはメリット・デメリットがあります。

第1種換気メリット
第1種換気デメリット
  • 最も空気の流れを制御することができる
  • コストが高い
  • ダクトの掃除が難しい
第2種換気メリット
第2種換気デメリット
  • 屋外の花粉やほこりなどが侵入しにくい
  • 結露が発生しやすい
第3種換気メリット
第3種換気デメリット
  • 最も安価で施工が簡単
  • 設置位置の自由度が高い
  • 給気口周辺が寒くなることがある

効率的かつ正確に換気をおこないたい場合は第1種換気システムを、コストを重視するなら第3種換気システムがおすすめです。

第2種換気システムは結露しやすいことから、住宅にはあまり設置されていません。

高気密・高断熱住宅を建てるハウスメーカーは、換気システムを確認してから選びましょう。

【裏ワザ】複数社に見積もりを依頼する

ハウスメーカー選びで失敗しない方法は、相見積もりをすること。

相見積もりをすることで、複数社のプラン・設計図・見積もりを比較できます。

ルム編集長

相見積もりをして、各ハウスメーカーの断熱性能を比較しよう!

相見積もりのメリット

  • 価格相場がわかる
  • サービスを比較できる
  • 値引き交渉ができる

相見積もりをして、高気密・高断熱を実現できるハウスメーカーを見つけましょう。

いえ子ちゃん

複数社に見積もり依頼するのって大変そう…

1社ずつ見積もりを依頼する必要はありません。

たった3分で一括見積もり依頼ができる「タウンライフ家づくりを利用すれば、自宅にいながら簡単に家づくりが進められます。

ルム編集長

複数のハウスメーカーがあなたの希望に沿ったプランを提案してくれるよ。

見積もり依頼をする際、希望欄に高気密・高断熱と記載するのを忘れずに。

タウンライフ家づくりの一括見積もりサービスは完全無料で利用できるので、ぜひスキマ時間に試してみてください。

タウンライフ家づくりの詳細はこちらで解説しています▼

高気密・高断熱を得意とするハウスメーカーランキング

高気密・高断熱住宅を建てるハスメーカーの選び方がわかっても、結局どのハウスメーカーにすべきか決められない人も多いでしょう。

ここでは、高気密・高断熱を得意とするハウスメーカーをUA値・Q値・C値それぞれをもとに紹介します。

ルム編集長

公式サイトで数値を提示しているハウスメーカーをピックアップしてランキング形式にまとめたよ。

参考に数値も掲載しています。

掲載している数値は公式サイトより引用したものですが、プランや延床面積により数値は異なりますのでご了承ください。

高気密・高断熱で快適なマイホームを建てたい人はぜひ参考にしてください。

数値を公表しているハウスメーカーの中からピックアップし、順位付けをしました。今回選ばれていないハウスメーカーの断熱性能が低いというわけではありません。

高気密・高断熱ハウスメーカーUA値ランキング

UA値は断熱性を表す数値。

数値が低いほど熱伝導率が低く、高性能といえます。

UA値をもとに高断熱と判断したハウスメーカーは以下の5社。

ハウスメーカーUA値ランキング
  1. 一条工務店
  2. ミサワホーム
  3. 三井ホーム
  4. 住友林業
  5. セキスイハイム

*クリックすると、各ハウスメーカーの口コミ・評判が確認できます。

UA値は以下の通り。

ハウスメーカーUA値断熱材
一条工務店0.25高性能ウレタンホーム
ミサワホーム0.39グラスウールを使用した独自の「木質パネル」
三井ホーム0.41厚さ140mmの断熱材
住友林業0.46グラスウール105mm厚
セキスイハイム0.46グラスウール100mm厚
数値は公式サイトより引用

上記ハウスメーカーでは、断熱性を高くする工夫が満載

詳細は「断熱性能が高いハウスメーカーランキング」にまとめていますので、合わせてご覧ください。

高気密・高断熱ハウスメーカーQ値ランキング

Q値も断熱性を表す数値。

断熱性を表す数値は現在、UA値に切り替わっているため、Q値を活用しているハウスメーカーは少ないです。

いえ子ちゃん

Q値も数値が低いほど高性能だったよね!

ハウスメーカーQ値ランキング
  1. 一条工務店:Q値0.51
  2. セキスイハイム:Q値 0.99
  3. 住友不動産:Q値1.35
  4. トヨタホーム:Q値1.86
  5. 三井ホーム:Q値1.98

*クリックすると、各ハウスメーカーの口コミ・評判が確認できます。

Q値を活用しているハウスメーカーは少ないので、高断熱かどうか判断するときは必ずUA値と合わせて確認してください。

高気密・高断熱ハウスメーカーC値ランキング

C値は気密性を表す数値。

数値が低いほど、隙間の少ない高気密な住宅といえます。

高気密住宅を建てられるハウスメーカーは以下の5社。

ハウスメーカーC値ランキング
  1. アイ工務店:C値0.479
  2. アイフルホーム:C値0.51
  3. 一条工務店:C値0.59
  4. スウェーデンハウス:C値0.62
  5. セキスイハイム:C値0.99

*クリックすると、各ハウスメーカーの口コミ・評判や詳細が確認できます。

ルム編集長

C値は実測値。完成するまでどんな値になるかわからないよ。

しかし、公表しているということは、公表値に近い数値になる住宅を建てられるということ。

数値がすべてではありませんが、気密性を判断する上で確認すべき数値です。

今回紹介したハウスメーカー以外にも高断熱・高気密住宅を建てられるハウスメーカーはあります。

UA値やC値などの数値だけで選んでしまうと失敗や後悔につながるので、前章で紹介した選び方を参考にしてくださいね。

高気密・高断熱で後悔しないための注意点

高気密・高断熱で後悔しないためには、性能ばかりではなく、間取りやデザインなど他のこだわりにも目を向けましょう

高気密・高断熱にこだわりすぎると、快適なマイホームになるどころか住みにくい家になってしまうことも…!

  • 間取りがイマイチで使い勝手が悪い…
  • 気密性・断熱性を考慮し窓を少なくしたら閉鎖的で暗い!
  • 性能ばかり考えていたら予算オーバーしてしまった…

高気密・高断熱を取り入れれば、年中快適な室内環境になります。

しかし、間取りやその他の設備決めなどをおろそかにしてしまっては住みにくいマイホームになるでしょう。

マイホームで後悔しないためには、性能・コスト・ライフスタイルのバランスを考えて家づくりを進めるといいですよ。

高気密・高断熱の家を建てるにはハウスメーカー選びが重要

気密性・断熱性に優れたマイホームを建てるには、ハウスメーカー選びが重要です。

ハウスメーカーによっては、あなたの思い描くマイホームにならないことも…

ルム編集長

高気密・高断熱の家にするには、以下のポイントを確認してハウスメーカーを選ぼう!

気密性・断熱性は職人による技術により左右する場合もあります。

断熱性能が高いマイホームにしたいのであれば、高気密・高断熱を得意とするハウスメーカーに依頼しましょう。

ハウスメーカーQ値ランキング
  1. 一条工務店:Q値0.51
  2. セキスイハイム:Q値 0.99
  3. 住友不動産:Q値1.35
  4. トヨタホーム:Q値1.86
  5. 三井ホーム:Q値1.98
ハウスメーカーC値ランキング
  1. アイ工務店:C値0.479
  2. アイフルホーム:C値0.51
  3. 一条工務店:C値0.59
  4. スウェーデンハウス:C値0.62
  5. セキスイハイム:C値0.99

ハウスメーカーでは断熱方法や性能以外にもデザインや間取りの自由度などが異なります。

断熱性能だけでハウスメーカーを決めてしまうと後悔することも…

ハウスメーカーを選ぶ際にはコストやライフスタイルなど、ほかのニーズも満たしているかどうか確認しましょう。

いえ子ちゃん

どんな家にしたいのか、希望がまとまらない…
家づくりの悩みは誰に相談すればいいの?

家づくりの悩み、とくにハウスメーカーに関する悩みは、大手ハウスメーカーに勤務していた「まかろにお」さんへ相談するのがおすすめです。

「まかろにお」とは

  • 登録者8万人*を超える住宅系YouTuber
    *2023年1月時点
  • 大手ハウスメーカーに勤務していた
    (住宅営業で全国2,000人中No.1を獲得)
  • 注文住宅の相談サービス「メグリエ(MEGULIE)」を運営

≫まかろにおさんのインタビュー記事はこちら

家づくり経験者さんに相談するのもいいですが、大手ハウスメーカーの元営業マンに相談したほうが適切なアドバイスがもらえます。

ルム編集長

まかろにおさんの公式LINEに登録すれば、直接相談できるよ!

まかろにおさんには、以下の実績があります。

  • 1年間で約4,000組に無料コンサルを実施
  • 1年間で約500組にハウスメーカーの優秀な営業マンを紹介

悩みを相談せずに放置すると、後悔や失敗につながります。

「相談しておけば、ハウスメーカー選びで失敗しなかったのに…」と後悔しては遅いです。

家づくりで後悔しないためにも、プロに無料相談してみてくださいね。

【無料】優秀な営業マンを紹介できます!
  • 注文住宅のプロ まかろにおさんに直接相談ができる
  • 無料の『注文住宅攻略マニュアル』プレゼント
●●(ハウスメーカー名)の優秀な営業マンを紹介可能!

あなたにぴったりな暮らしが見つかる『家づくり診断』

「マイホームを建てるのは楽しみだけど、わからないことだらけで不安…」

こんな悩みを解決するために、THE ROOM TOURの公式LINEでは、完全無料で何度でも利用できる、「家づくり診断」を実施しています!

カンタンな設問に答えるだけで、あなたの理想を叶えるぴったりなお家のタイプが見つかります♪

どんなタイプのお家が出てくるかは、診断を受けてからのお楽しみ!

ルム編集長

1分もかからず、サクッと診断できます!

「家づくり計画の進め方がわからない方」や「うまくマイホーム計画が進んでいない方」は、こちらから友達追加をして、今すぐに診断を受けてみてくださいね。

  • 1分で理想がわかる家づくり診断ゲーム!
  • 100件以上のおうち事例が見放題!
  • 営業マン紹介の特別な3大特典アリ!
【無料】ハウスメーカーの優秀な営業マンをおつなぎします!

【完全無料】住宅営業マン紹介サービスなら値引き代行も!

さらに、LINEを友達追加していただいた方限定で、THE ROOM TOURがあなたの理想を叶えてくれる大手ハウスメーカーの優秀な営業マンをご紹介します。

※もちろん紹介料や手数料は一切発生しません

実は、理想の家づくりを実現するためには、「優秀な営業担当と出会えるかどうか」が大切です。

実際に、フォロワー数40万人越えの当メディアInstagramで、家づくり経験者さんに「ハウスメーカー営業マンの対応は?」と聞いてみたところ…

このように、窓口となる営業担当者が優秀かどうかで、家づくりのクオリティは大きく変わってしまいます…

これから何千万という大金を支払うわけですから、成り行きで営業担当者を決めるべきではないですよね。

ルム編集長

人生で1番大きな買い物を安心して進めるためにも信頼できるパートナー(営業担当)に出会ってくださいね。

特別な3つの特典もありますよ♪
営業マンをご紹介できる大手ハウスメーカー
  • 積水ハウス
  • 住友林業
  • ヘーベルハウス
  • 三井ホーム
  • 大和ハウス
  • パナソニックホームズ

営業マン紹介サービスを利用した方には、3つの特別な特典も無料でついてきます。

  • 値引き代行サービス
  • 図面・見積もりチェックサービス
  • チャットやズームでの各種質問相談

ハウスメーカーを決めてから、

「もっと早く、利用しておけば…」

「せっかく住宅ローンまで組んだのに、こんなはずじゃなかった…」

と、後悔しないために、今すぐにTHE ROOM TOURの公式LINEを友達追加してくださいね。

まずは、ゲーム感覚で気軽に「家づくり診断」を受けて、マイホーム計画の一歩を踏み出してみてください。

  • 1分で理想がわかる家づくり診断ゲーム!
  • 100件以上のおうち事例が見放題!
  • 営業マン紹介の特別な3大特典アリ!
【無料】ハウスメーカーの優秀な営業マンをおつなぎします!

家づくり経験者の生の声をお届けしています

当メディアには、素敵な注文住宅に暮らす”家づくり経験者さん”より、たくさんの体験談やアドバイスが寄せられます。
これまでに集まった家づくりの体験談は1,000件以上。お家の掲載は700件以上です。
Instagramを中心にSNS総フォロワー数が40万人を超える当メディアだからこそ、届けられる家づくりのリアルな情報を配信しています。