家づくりの基本

もう一度家を建てるなら、注意したい・やりたいことランキングBest10【14万人に聞いた】

家を建てるなら、「理想はなるべく詰め込みたい」という人がほとんどです。

ですが、実際はこんな後悔をしている人が多いです。

  • 図面上はよかったけど、家事動線が悪いし狭い…
  • 生活しにくいから建て直したい、引っ越したい!
  • 住宅会社や家族の言いなりになってしまって、自分好みに建てられなかった…

家は3回建てないと理想の家にならない」と言われています。

いえ子ちゃん

3回も家を建てるお金なんてない…

家づくりは、ほとんどの人にとって、一生に一度の大きな買い物です。

ルム編集長

1回で理想のマイホームを建てるには、情報収集が大切だよ!

今回は、SNS総フォロワー20万人を超える暮らしのメディア「THE ROOM TOUR」(@the_room_tour)が家づくり経験者さんへのアンケートをもとに、『マイホームのやり直したいポイント』を紹介します。

この記事を読めば…

  • 家づくり経験者がマイホームでやり直したいポイントがわかる!
  • 体験談をもとに後悔しない家づくりができる!
  • 自分のライフスタイルにあった家づくりができる!

自分の希望を全て実現することが、理想のマイホームに繋がるとは限りません
家づくりの先輩方の体験談を参考に、後悔のない家づくりを目指してください。

もう一度家を建てるとしたらやり直したいポイント【10選】

家づくりでは、こだわったり、吟味しても後悔する部分がでてくる人がほとんどです。

今回は、Instagramのフォロワー14万人に「もう一度家を建てるならやり直したいポイント」についてアンケートを取りました。

もう一度家を建てるならやり直したいポイント
  1. 平屋にしたい
  2. 家事動線を良くしたい
  3. 会社を変えたい
  4. 広くしたい
  5. 吹き抜けにしたい
  6. アイランドキッチンにしたい
  7. ファミクロをつけたい
  8. 自分好みにしたい
  9. ランドリールームをつけたい
  10. 外観・外構をこだわりたい

もう一度家を建てるとしたら、注意したいこと・やり直したいポイントをランキング順に紹介していきます。

ルム編集長

家づくりの先輩方の意見を参考にして、後悔のない家づくりをしよう!

▼新築住宅の間取りで後悔したポイントもコチラの記事でまとめています。

やり直したいポイント①平屋にしたい

2階建て住宅が主流ですが、土地の広さが確保できるなら、「平屋にしてみたい」という意見が多数ありました。

いえ子ちゃん

平屋って昔ながらの日本家屋ってイメージが強いけど…

ルム編集長

最近の平屋は、個性的でおしゃれなお家が多いよ!

平屋はすべての空間がワンフロアに収まっているため、歳をとっても無理なく暮らし続けることができます。

平屋はどの世代にも喜ばれるので、おすすめの構造です。

平屋ならではの住みやすさや2階建てとは違ったデザイン性もあり、最近では20代~30代にも人気です。

一生住みたい家として平屋を選ぶ人が増えています。

▼『平屋を建てたい人におすすめ!おしゃれな間取り5選』で平屋のメリットを紹介しています。

やり直したいポイント②家事動線を良くしたい

家を建てるときに、間取りにこだわり吟味する人が多いですが、「家事動線をちゃんと考えればよかった」と後悔する人も多いです。

家事動線が悪いと、効率も悪くなり、家事に時間がかかります。

いえ子ちゃん

家事に時間がかかると、ストレスが溜まりそう…

ルム編集長

間取りを考えるときは、家事動線を意識して決めよう!

1日の行動パターンを考えて、間取りを考えましょう。

▼『家事動線が良くなる間取り』をコチラの記事にまとめてあるので、参考にしてください。

やり直したいポイント③会社を変えたい

理想のマイホームを建てるには、会社選びが重要になります。
会社によって、価格や得意なデザイン、アフターサービスなど、さまざまなことが異なります。

ルム編集長

会社との相性が悪いと、家づくりに時間がかかる場合も…!

家づくり経験者さんの中には、打ち合わせ中に喧嘩した人もいます。

マイホームを建てる会社は、一生涯のパートナーです。
あなたが優先したいと思っているポイントを踏まえて、会社選びをしましょう。

いえ子ちゃん

会社選びでは、価格や費用だけでなく、細かい部分まで比較検討する必要があるんだね!

▼家づくりの会社選びで悩んでいる方はコチラの記事を参考にしてください。

やり直したいポイント④広くしたい

十分な広さを確保したと思っていたけど、「実際に暮らしてみたら狭かった」という声が非常に多かったです。

ルム編集長

予算オーバーしないように広さを抑えた結果、家が狭くて後悔する人もいるよ。

土地の関係上、建物面積を広げることが難しいという人もいます。

面積をあえて狭くすることで、動線が短くなり、家事効率がアップする可能性もあります。

広さだけを求めるのではなく、機能面や自分のライフスタイルに合わせて、広さを考えましょう。

▼「家を広くしたいけど物理的にムリ」という人はコチラの記事がおすすめです。

やり直したいポイント⑤吹き抜けにしたい

Instagramのフォロワーさんにも人気のある間取り『吹き抜け』
「吹き抜けを取り入れたい」という人が多かったです。

吹き抜けにすることで、視覚的な高さがでて、開放感を感じる部屋になります。

ルム編集長

吹き抜けにすると、風通しも良くなり、太陽の光も入りやすくなるよ!

いえ子ちゃん

開放感のある空間に一度は住んでみたい!

吹き抜けには、デメリットもあります
吹き抜けの間取りを採用する際は、デメリットも把握してから取り入れるといいですよ。

吹き抜けは、特にリビングに採用されることが多いです。

▼リビングで後悔したくない人は、コチラの記事を参考にしてください。

やり直したいポイント⑥アイランドキッチンにしたい

キッチンは、生活に欠かせない場所です。

いえ子ちゃん

キッチンっていろんな形があるから迷っちゃう…

ルム編集長

家づくり経験者さんからは、人気のアイランドキッチンに変更したいという声が多かったよ!

アイランドキッチンとは、キッチンと壁が接することなく、開放感のあるレイアウトのキッチンです。

アイランドキッチンの他にもさまざまなレイアウトがあります。

キッチンのレイアウト
  • ペニンシュラ型
    キッチンの片面が壁に接している対面式のレイアウト
  • I型
    加熱機器・シンクなどの作業スペースを一列に並べたシンプルなレイアウト
  • Ⅱ型
    広い作業スペースがとれる対面と壁付きキッチン両方が合わさったレイアウト
  • L型
    コンロとシンクが直角に配置され、作業スペースを確保しやすいレイアウト
  • U型
    U字(コの字)形のように3方向に手が届きやすい配置のレイアウト

人気にとらわれず、自分に合った使い勝手の良いキッチンを選択してくださいね。

▼こちらの記事で人気のキッチンメーカーとキッチンの選び方のポイントを解説しています。

やり直したいポイント⑦ファミクロをつけたい

ファミクロとは、ファミリークローゼットの略です。

ルム編集長

家族みんなで使えるファミクロを採用する人が増えているよ!

クローゼットをひとつにまとめることで、各部屋の収納スペースを減らすことができます。

収納場所がまとまっていると、家事動線が短くなり、家事の負担が軽減します。

みんなで使うからといって、広さがあればいいというわけではありません。
使いやすさを追求して、ファミクロを設置しましょう。

▼ファミクロは『便利な収納スペースBest10』の6位にもランクインしています。

やり直したいポイント⑧自分好みにしたい

間取りや設備決めなど、家づくりでは選択をせまられることが多いです。

いえ子ちゃん

自分で決めたいのに、周りの人に色々言われて決められない!

親族やパートナーの意見に振り回され、自分の意見を反映させることができなかった人もいます。

ルム編集長

周りの意見に振り回されて決めると、後悔の元になるよ!

家づくりで後悔しないためには、家族だけでなく、住宅会社とも納得できるまで相談や話し合いをしましょう。

▼コチラの記事に「よくあるマイホームの後悔ポイントと注意点」をまとめました。

やり直したいポイント⑨ランドリールームをつけたい

いえ子ちゃん

洗濯って干したり、畳んだり、家事の中で1番大変かも…

洗濯動線をよくする施策として、ランドリールームを作りたいという声が多数ありました。

ランドリールームは、洗う・干す・取り込む・畳むといった、洗濯にまつわる作業を全て行える空間です。

ルム編集長

洗濯が楽になるランドリールームは人気の間取りだよ!

いちいち家の中を移動しなくて済むので、洗濯にかかる時間が短縮できます。
家事効率を良くしたい人におすすめの間取りです。

▼ランドリールームは『間取りおすすめ人気ランキング』の2位にもランクインしています。

やり直したいポイント⑩外観・外構をこだわりたい

いえ子ちゃん

外構を後回しにしたら、無難なデザインになっちゃった…

内装のことで手一杯で外構を後回しにし、後悔したという人が多いです。

ルム編集長

新築時の外構で失敗してしまうと、マイホームの満足度が下がるよ!

内装のことばかりで外構は、おざなりになってしまいがちですが、外構の見映えで住宅の完成度は全く変わってきます。

外構づくりで失敗すると、後で修正するのは大変です。

建物本体だけでなく、外構もマイホームの大事な要素のひとつです。

▼外構で失敗したくない人は、コチラの記事がおすすめです。

家づくりで後悔しないために

念願のマイホームを建てても、間取りや設備、外構などで後悔する人は多いです。

本記事では、Instagramフォロワー14万人に、「もう一度家を建てるならやり直したいポイント」についてのアンケート結果をランキング形式で解説しました。

いえ子ちゃん

家づくりで後悔しないためにも、情報収集が大切なんだね!

せっかく念願のマイホームを建てても、家の間取りや設備で後悔する人は多いです。

注文住宅のよくある後悔
  • 間取りの比較が不十分な状態で決定してしまった。
  • 自分で積極的な情報収集をしなかった。
  • より良い間取りを検討するための参考材料が少なすぎた。

このような後悔体験談は、家づくり経験のあるInstagramフォロワーさんからよく届きます。

逆に後悔していない方は99%間取りを比較しています。

※Instagramの質問箱アンケート参照
「これから家づくりを始める方へアドバイスありますか?」

と聞いてみたところ、回答は以下のような内容でした。

実際に注文住宅を建てた経験者さんからのアドバイスを見てわかるように、
間取り決めの成功=間取りプランの比較 は間違いないですね。

ルム編集長

間取りで後悔しないためにはとにかく情報収集が大事!

住宅展示場に行く前に下調べをしましょう!

いきなり住宅展示場に行くと失敗する理由とは?

ここだけの話、まっさきに住宅展示場に行くのは、マイホーム計画の典型的な失敗例です。

住宅展示場デメリット

  • 頑張っても1日で2〜3社しか見れない
  • 2〜3時間の営業の後、ようやくカタログや間取りをもらえる
  • 子ども連れだとさらに体力を消耗して貴重な1日が終わる
  • 準備が終わっていないのに、あいまいに家づくりが始まってしまい後悔する

住宅展示場にいきなり行ってはいけない最も大きな理由は、

不十分な準備の状態でフワフワと家づくりが始まってしまうことです。

「自分が建てたい家はどんなイメージか?」

「予算はどれくらいまでが許容範囲か?」

これらの情報を整理せずに、家づくりを初めてしまうと予算オーバーや間取りの失敗に繋がり後悔が残ります。

ルム編集長

当たり前ですが、総予算や間取りは建てた後から変更できません。

わくわくして展示場にいきたい気持ちはよくわかりますが、冷静に考えてみてください。

まだ何も決まっていない段階で住宅展示場に行っても、何を見ればいいかも何を聞けばいいのかもわからないまま貴重な1日が終わってしまいます。

いえ子ちゃん

テンションだけ上がって、収穫なく帰宅してしまいそうです…

実は、住宅展示場に行くよりも効率的に理想の間取りを叶える方法があります。

SNS総フォロワー数20万人を超えるTHE ROOM TOUR 編集部が、家づくり経験者さんの体験談を元に徹底調査した結果です。

いつかマイホームを建てたい!と思っている方は必ずチェックしてくださいね。

この方法を使えば、全国のハウスメーカー・工務店から「あなただけのオリジナル間取りプラン・見積もり・カタログ」の3点セットを無料で取り寄せることができます。

オリジナル間取りプランがもらえる「タウンライフ家づくり」

タウンライフ間取り

タウンライフは、全国600社のハウスメーカー・工務店から、【あなただけのオリジナル間取りプラン・見積もり・カタログ】をもらえる無料サービスです。

タウンライフでできることをまとめてみました。

タウンライフでできること【無料】
  1. オリジナル家づくり計画書がもらえる
  2. 希望にあったオリジナル間取りプランがもらえる
  3. 見積り比較ができるので予算イメージができる
  4. 未公開含む土地情報がもらえる
  5. 資金計画を提案してもらえる
  6. カタログを簡単に複数社に一括依頼できる
  7. 自宅に複数社から資料が届くので外出不要

ルム編集長

希望を伝えれば、土地の情報ももらえるので土地探しから始める方にもオススメです♪

3分程度でオンライン依頼するだけで、カタログ資料がこんなにたくさんもらえます。

カタログを見ながら、自宅でゆっくり真似したいお家を探すのは家づくりのイメージが湧くので楽しいですよ。

これから、何千万という大金を支払う会社を選ぶわけですから、最低限カタログくらいは持っておくべきです。


しかも、タウンライフなら間取りプランをお試し作成してもらえます。

あなただけのオリジナルの間取りプランが手元にあれば、具体的なマイホームのイメージがわくはずです。

ルム編集長

複数社の間取りプランを実際に見比べてみよう!

間取りプランは住宅展示場に行かなくてもオンラインで手に入るよ!

間取りプラン無料

さらに、間取りプランに基づく見積もりを一緒にもらえます。

見積もりがあることで、

「どれくらいの家がどれくらいの予算で建つのか」を把握することができますね。

ルム編集長

カタログ・間取り・見積もりの3点セットで情報収集できるのはタウンライフだけです!

SUUMOやHOMESなど有名な住宅系サービスとは異なり、知名度が低いため本当に信頼できるサービスなのか?心配になる人もいるかも知れません。

しかし、安心してください。

タウンライフはこれまでに累計110万人以上が利用している、家づくり経験者の間では定番の無料カタログ請求サービスです。

実際に、注文住宅関係のサイト利用者アンケートでは3冠を達成しています。

タウンライフ 注文住宅

いえ子ちゃん

家づくりを始めるまでは全く知らなかったけど、マイホームの情報収集をするうちに何度も耳にしたという人が多かったです!

タウンライフは日本全国600社以上と提携しており、有名なハウスメーカーはほぼ提携しています。

ルム編集長

テレビで見たことあるような有名なハウスメーカーがあなたの家の間取りプランを作ってくれることを想像するとワクワクしますね。

タウンライフはTHE ROOM TOUR(当サイト)でも大人気のサービスです。

当メディアのSNS総フォロワー様数は20万人を超えており、毎月のようにたくさんの方がタウンライフを利用していますが、これまでに悪質なクレーム報告等は1つも届いていません。

ルム編集長

完全無料で間取りやカタログをもらえるので、気軽に利用しておけばOKです。

間取り作成とカタログの依頼は、下のボタンから3分で完了します。

まずは申し込んでみて、自宅にカタログや間取りプランが届くのを待ちましょう。

あなたが理想とする暮らしに出会えますよ。

  • 間取り決めのアイディア集めになる!
  • 今の間取りの改善点が見つかる!
  • 完全無料で3分でオーダー完了
間取りをもらっても
契約縛り一切なし

▲先着順でプレゼントもらえる!

▼実際の口コミや詳しい使用方法を詳しく知りたい方はこちらからどうぞ!

絶対に参考になる!家づくりで役に立ちすぎるサイト3選 画像④
  • あなただけのオリジナル間取りもらえる
  • 全国600社のカタログでアイディア集め
  • 家づくり経験者110万人が利用した実績
先着限定プレゼント有り
※3分で依頼完了

家づくり経験者の生の声をお届けしています

当メディアには、素敵な注文住宅に暮らす”家づくり経験者さん”より、たくさんの体験談やアドバイスが寄せられます。
これまでに集まった家づくりの体験談は1,000件以上。お家の掲載は700件以上です。
Instagramを中心にSNS総フォロワー数が20万人を超える当メディアだからこそ、届けられる家づくりのリアルな情報を配信しています。