コストダウン

家を安く建てる10個の方法!知らなきゃ損する注文住宅の経験談を紹介!

立派なマイホームは欲しいけれど、現実的に考えて、なるべく価格は抑えたいという人が多いです。

今回は、マイホームに対して、金銭的に悩みがある人におすすめの記事です。

  • 注文住宅を安く建てる方法を知りたい!
  • 予算オーバーしたくない!
  • 住宅ローン返済に悩みたくない!

マイホーム計画に理想を詰め込みすぎて、予算オーバーする人が多いです。

今回は、SNS総フォロワー20万人を超える暮らしのメディア「THE ROOM TOUR」(@the_room_tour)が家づくり経験者さんの声をもとに、『希望を反映させつつコストダウンする方法』を紹介します。

この記事を読んだら…

  • コストダウンの方法がわかる!
  • コストダウンする際の注意点がわかる!
  • 予算オーバーせずに家を建てることができる!

最後まで読めば、諦めかけていたマイホームへの理想も採用できるかもしれません。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

家を安く建てる方法10選

いえ子ちゃん

マイホームを建てたいけど、金額が大きすぎて心配…

高額な費用がかかる注文住宅。
予算を決めていても、オーバーしてしまう恐れがあります。

今回は、Instagramのフォロワーさん10万人に「コストダウンの秘訣」についてアンケートを取りました。

ルム編集長

家を安く建てる方法を紹介するよ!

家を安く建てる方法10選
  1. 優先順位をつける
  2. 延床面積を少なくする
  3. 家の形をシンプルにする
  4. シンプルな間取り
  5. 窓やドアを減らす
  6. 水回りをまとめる
  7. 設備やグレードの検討
  8. 後付けできるところは保留にする
  9. 施主支給
  10. 相見積もりを必ず取る

それぞれの方法を詳しく紹介していきます。
取り入れられる方法があれば、参考にしてくださいね。

▼こちらの記事では、注文住宅の予算オーバーする原因と対策について解説しています。

家を安く建てる方法①優先順位をつける

いえ子ちゃん

取り入れたい設備が多くて、予算オーバーしそう…

ルム編集長

希望が多い場合は、優先順位をつけるといいよ!

マイホームへの理想が高く、希望を詰め込みすぎてしまう人が多いです。

希望の強いもの、必要なものを優先的に取り入れましょう。

お金をかけるところと削れる部分を決めておけば、予算オーバーすることはありません。

家づくり経験者であるInstagramフォロワーさんの意見はこちら▼

  • 人に見せない部分は安価な資材にする
  • 自分が1番満足するところだけにお金をかける
  • 優先順位を書き出して削れる部分を探す
  • 必要だと思い込んでいたものが本当に必要なのか考え直す

家族みんなの生活動線を洗い出し、どういう環境がベストかを考えましょう。
そこから、必要なオプションや間取りを選ぶといいですよ。

家を安く建てる方法②延床面積を少なくする

見積書では、『延床面積×価格=建築費用』となっている場合が多いです。

延床面積とは、住宅の全ての階における面積を足したものです。

一般的に、延床面積が大きければ大きいほど建築費用が高くなります。

床面積を減らすと、面積分の材料費と施工費を省くことができます。
廊下や階段は延床面積に含まれますが、ロフトやバルコニーは延床面積に含まれません

ルム編集長

家の角を削ると、数十万円単位で安くなる場合もあるよ!

延床面積は、大きくし過ぎず、必要な面積にするといいですよ。

土地があるからといって、必要以上の大きな家を建てる必要はありません。

総2階建てがお得!?

2階建てにする場合は、延床面積が同じでも、総2階建てがお得です。

いえ子ちゃん

延床面積が同じなら、費用も同じじゃないの?

ルム編集長

1階と2階の床面積が違うと、建築費用は割高になるよ!

例:延床面積が100㎡の2階建て住宅
①1階:60㎡ 2階:40㎡
②1階:50㎡ 2階:50㎡

1階が広いと基礎工事の面積が広くなるので、②よりも①の建築費用が高いです。

また、1階と2階の床面積が違うと、屋根工事が複雑になるため、建築費用が高くなります。

同じ延床面積でも、基礎や屋根の工事にかかる費用を考慮すると、建築費用に差が出る場合があります。

家を安く建てる方法③家の形をシンプルにする

家の形をシンプルにするだけで、コストダウンになります。

ルム編集長

凸凹の多い、複雑なデザインだと、費用がかさむよ!

家の形が複雑な場合は、基礎工事・外壁・屋根・窓など、さまざまな箇所の材料費や工事費がプラスでかかります。

家の形は、正方形や長方形にすると、建築費用を抑えることができます。

しかし、せっかくマイホームを建てるのに正方形では、シンプルすぎてつまらないという人もいるでしょう。
予算と相談しつつ、理想のマイホームの形を探していくことが大切です。

屋根の形もシンプルに!

屋根の形もシンプルにすると、コストダウンすることができます。

屋根は面積が広いです。
凝ったデザインの屋根にしてしまうと、材料費や工事費が高くなってしまいます。

ルム編集長

複雑な形だと、仕上がるまでの期間も長くなるよ!

工事期間が長くなると、その分人件費もかさみます。

屋根にこだわりがない場合は、シンプルにすることで、費用を抑えられます。

家を安く建てる方法④シンプルな間取り

いえ子ちゃん

子どももいるし、部屋数は多くしたほうがいいかな?

ルム編集長

部屋数が少ないほうが、安く家を建てられるよ!

部屋数は、家族の人数に合わせて最小限にすることをおすすめします。

部屋数が少ないほうが、壁やドアが少なくなり、材料費と工事費の削減につながるからです。

無駄な部屋をつくらないようにすれば、費用を抑えられます。

いえ子ちゃん

費用を抑えつつ理想の間取りを実現するのが難しい…

実際のところ、間取りに理想を詰め込みすぎると費用を抑えるのは難しいです。

家づくり中の悩みで、90%以上の人が直面する悩みです。

もし、あなたが間取りに悩んでいるなら、裏ワザを試してみましょう。

思わぬ形で費用を抑えた間取りプランを見つけられるかもしれません。

▼間取り決めの裏ワザについてコチラの記事で詳しく紹介しています。

和室はつくらない

本格的な和室をつくるには、複雑な工程が必要になるので、洋室をつくるよりも工費がかかります。

ルム編集長

和室は、材料費も高いよ!

和室は、メンテナンスにも費用がかかります
障子や畳など、定期的に張り替えが必要になるからです。

いえ子ちゃん

和室をつくらないほうが、費用を安く抑えられるんだね!

どうしても和室が欲しい場合は、小上がり畳にするなどの工夫をするといいですよ。

▼小上がり畳は、『新築住宅の間取りおすすめ人気ランキングTOP10』にもランクインしています。

家を安く建てる方法⑤窓やドアを減らす

窓やドアを減らすことで、費用を抑えることができます。

いえ子ちゃん

窓を減らしたら、部屋が暗くならない?

窓は、通気や換気、採光の面で重要な役割があります。
必要最低限の窓はつくるようにしましょう。

ルム編集長

採光を取り入れる場合は、FIX窓がおすすめだよ!

FIX窓とは、開閉することができない、壁に埋め込まれ固定された窓のことをいいます。
FIX窓は、通常の窓より価格が安いです。

FIX窓は大きさに制限がなく、デザイン性も高いです。

必要と思いがちなドアですが、ドアをなくすと費用を抑えられます。

ドアを省くことのメリット
  • 家事動線が楽になる
  • 風通しが良くなる
  • 部屋が広く見える
デメリットは部屋が暖まりにくいこと!

よくよく考えたら、ドアがいらない部分もあります。
設計を考える際に、省けるものは省くと、コストダウンに繋がります。

大きい窓はつくらない

大きい窓は、標準サイズの窓より金額が高くなります。

ルム編集長

標準サイズよりも、ガラス代やサッシ代がプラスでかかるよ!

また、大きい窓をつくった場合、カーテンのサイズが特注になってしまうので、さらに費用がかかってしまいます。

窓のサイズにこだわりがない人は、標準サイズの窓がおすすめです。

家を安く建てる方法⑥水回りをまとめる

水回りをまとめると、コストが削減できます。

水回りを分散させてしまうと、配管が複雑になり、工賃が高くなります。

ルム編集長

水回りをまとめると、家事効率も良くなるよ!

水回りをまとめる際に、キッチン・トイレ・洗面・ランドリールーム・お風呂を回遊できるようにすれば、より家事効率が良くなります。

水回りをまとめる間取りは、コストを削減できるだけでなく、機能性も高くなるので、おすすめの間取りです。

強いこだわりがない限り、水回りはまとめたほうが良いですよ。

家を安く建てる方法⑦設備やグレードの検討

住宅設備や建材など、こだわりすぎると、コストが高くなってしまいます。
いらない設備やオプションをなくすだけで、数十万円削減できる場合があります。

ルム編集長

ほんとに必要な設備なのか、検討するといいよ!

せっかく注文住宅を建てるのだから、グレードの良いものを選びたい人が多いです。

設備や建材など、全てのグレードを最上級にしてしまうと予算オーバーしてしまいます。

全てを統一する必要はないので、こだわる部分はグレードを上げ、こだわりのない部分は安価なものに変更すると、費用のバランスがとれます。

いえ子ちゃん

こだわりがない場所の設備やグレードを調整するだけで、コストを抑えることができるんだね!

予算をオーバーしているなと思ったら、設備やグレードを見直しましょう。

▼ コチラの記事では本当につけてよかったオプションをランキング形式で紹介しています。

家を安く建てる方法⑧後付けできるところは保留

いえ子ちゃん

食器洗浄機を入れようかどうか迷うな~

もし迷っているものがあり、それが後付けできるオプションの場合は、保留にしましょう。

ルム編集長

取り入れたけど、意外と使わなかったというオプションが多いよ!

後付けできるのであれば、住み始めてから検討したほうが、初期費用を抑えることができます。

収納スペースや外構など、下地だけつくってもらい、あとはDIYするという方法もあります。

業者にお願いしたほうが、見映えも機能も良いものがつくれますが、費用を抑えたい人にはDIYがおすすめです。

後付けできるものは、最初に決めてしまわずに、後回しにしましょう。
焦って決めてしまい、後悔することもあるので、注意が必要です。

特に外構はDIYによるコストダウンが人気です。

外構費用は少し工夫するだけで50万円〜100万円のコストダウンも可能なので、下記の記事を参考にしてみてください。

家を安く建てる方法⑨施主支給

最近では、「好きなものを選びたい」「コストダウンしたい」といった希望から施主支給を取り入れている人が増えています。

施主支給とは、施工会社の代わりを努め、品物を自分で購入して現場に届けることです。

品物を購入し、現場への運搬を施主または購入先が手配し、取り付けだけを住宅会社が請負ます。

施主支給は、施工会社に任せるよりも手間がかかりますが、コストを削減することが可能です。

家づくりの先輩であるInstagramフォロワーさんが施主支給したものはこちら▽

施主支給したアイテムランキング
  1. 照明
  2. ポスト・宅配BOX
  3. 洗面系(水栓、ボウル、鏡)
  4. トイレットペーパーホルダー
  5. タオルハンガー
  6. キッチン
  7. トイレ
  8. 表札
  9. お風呂
  10. ガスコンロ・IH・カップボード
セール期間にまとめ買いが◎

施主支給はコストダウンすることができますが、後々なにか不具合が起きた場合に、責任問題が発生します。

住宅会社によっては、施主支給を断わられる場合があります。

施主支給は、可能な範囲でおこないましょう。

家を安く建てる方法⑩相見積もりを必ず取る

金銭面で心配がある人は、相見積もりがおすすめです。

ルム編集長

相見積もりとは、複数社に見積もりを依頼することだよ!

1,2社から見積もりをもらうだけでは、注文住宅の費用の相場がわかりません。

最低でも3社以上は見積もりをもらうようにしましょう。

相場がわからないと、建築費用が高い業者に依頼してしまう可能性もあります。

相見積もりをすると、値下げ交渉もしやすくなります。
ほかの会社も検討していることを伝えれば、有利な立場で交渉を進めることができるからです。

希望を全部入れた見積もりから値引き交渉すれば、費用を抑えつつ理想のマイホームを手に入れることも可能です。

いえ子ちゃん

複数の会社から見積もりを取るのって大変そう…

ルム編集長

ネットからできる『無料一括見積もりサイト』があるから簡単だよ!

無料の一括見積りサイトなら、家づくりの希望をオンラインで入力するだけで複数のハウスメーカー・工務店から見積もりをもらえます。

当サイトで1番人気なのが、タウンライフ家づくりです。

タウンライフ家づくりなら見積もりだけでなく、間取りプランをもらえるので具体的な費用感がわかりやすいです。

わざわざ住宅展示場に行って、長い時間拘束される必要が無いので時間がないけど家づくりに妥協したくない人にはおすすめです。

完全に無料で使えるのでまずは試しに利用してみましょう。

【無料】タウンライフで相見積もりをもらう

▼こちらの記事では、相見積もりでコストダウンする具体的な方法を解説しています。

家を安く建てる注意点3つ

いえ子ちゃん

マイホームの費用を抑えられる方法がわかってよかった!

マイホームの費用を抑えるだけで満足してはいけません。
注文住宅が完成したあとにかかる費用を考えることも大切です。

ルム編集長

完成後に余計な費用がかかってしまうと、一生のうちに支払う金額が高くなってしまうよ!

注文住宅でコストダウンする際に、注意すべきポイントを紹介します。

家を安く建てる注意点3つ
  1. 維持費を計算する
  2. メンテナンスや修理費用を考慮する
  3. 無理な値下き交渉はしない

建築費用をできるだけ抑えたいと思っても、削ってはいけない部分もあります。
注意点を考慮して、コストダウンするようにしましょう。

家を安く建てる注意点①維持費

建築費用を抑えられたとしても、維持費が高くなってしまっては意味がありません。

いえ子ちゃん

断熱材を安価なものにしたら、毎月電気代が高くて大変…

毎月の光熱費が高くなってしまっては、初期費用を抑えた額をすぐに超えてしまいます。

断熱性の部分は、住みやすさにも影響を与えます。

維持費の面まで考えてから、建築費用を抑えるようにしましょう。

家を安く建てる注意点②メンテナンスや修理費用

維持費だけでなく、家のメンテナンスや修理にかかる費用のことも考える必要があります。

とりあえず取り入れた設備のメンテナンス費用が高ければ、取り入れなければよかったと後悔する人もいるでしょう。

ルム編集長

オプションや設備を採用する際は、メンテナンス費用を確認しよう!

いえ子ちゃん

メンテナンス費用は仕方ないけど、修理費用はいつかは必要になる出費だよね?

安価な建材や設備を採用して費用を抑えた場合、劣化が早く、すぐに修理が必要になる可能性が高いです。

修理費用は、設備や場所によってかなり高額になることもあります。

住宅の修理が頻繁に短期間でおこなわなくてもいいよう、安い建材や設備を採用するのは避けたほうがいいでしょう。

家を安く建てる注意点③無理な値下き交渉はしない

いえ子ちゃん

値引き交渉はしないほうがいいの?

ルム編集長

値引き交渉自体はしても大丈夫だよ!

値引き交渉自体はしてもかまいませんが、無理な値引き交渉はやめましょう。

無理に値引き交渉をすると、会社や営業担当との関係が悪くなってしまいます。

マイホームを建てる会社は、一生涯のパートナーです。
関係が悪くなってしまっては、今後が付き合いにくくなってしまうので、注意しましょう。

注意したいのは、無理な要求をすると、材料費を削られてしまう可能性があるということです。

安い材木に変えられたり、柱の本数を減らされたり、安全性に欠ける家になってしまいます。

水回りの設備、耐震工事、断熱材、防犯面に関わる部分などについては、むやみに費用削減しようとしてはいけません。

結果的に家の劣化が早まり、住み心地の悪いマイホームになってしまうこともあります。

強引な交渉はせず、適切なコストダウンをしましょう。

▼値引き交渉の方法を詳しく知りたい人は、『注文住宅の値引き交渉5つのコツ!』の記事を参照してください。

【まとめ】家を安く建てる10個の方法

注文住宅を建てるときに、「できる限り費用を抑えて家を建てたい」というのが本音だと思います。

今回紹介した、コストダウンの方法を全て取り入れることは、難しいかもしれません。

家を安く建てる方法
  1. 優先順位をつける
  2. 延床面積を少なくする
  3. 家の形をシンプルにする
  4. シンプルな間取り
  5. 窓やドアを減らす
  6. 水回りをまとめる
  7. 設備やグレードの検討
  8. 後付けできるところは保留にする
  9. 施主支給
  10. 相見積もりを必ず取る

ルム編集長

ひとつでも多く取り入れられれば、費用を抑えられるよ!

建築費用を抑えることばかりに気を取られてはいけません。
注意点を考慮して、費用を抑えましょう。

コストダウンの注意点
  1. 維持費を計算する
  2. メンテナンスや修理費用を考慮する
  3. 無理な値引き交渉はしない

費用を抑えることだけを考えながら家づくりをしても楽しくありません。

金額だけではなく、自分のこだわりを取り入れるのを忘れないようにしましょう。

家を安く建てる際に最も重要なのは、見積もりの比較です。

せっかくの家づくりで我慢をしすぎないためにも、自分の理想を反映しつつ費用も抑えられるプランを見つけましょう。

3〜5社の見積もりを比較すれば、最適な見積もりプランがわかりますよ。

相見積もりでわかること
  • 家づくりにかかる金額相場がよくわかる
  • 自分の予算にあった理想の家のイメージが湧く
  • ハウスメーカーや工務店の言われるがままにならない
  • コストを抑えて注文住宅を建てる方法がわかる

マイホーム予算を抑えたい方にとって、相見積もりは必須のステップと言えます。

  • 住宅展示場に足を運んだり、来店するのが大変。
  • 家事や子育ての合間にそんな時間はない!

こんな不安や悩みがある方は、無料で相見積もりをもらえるタウンライフがオススメです。

いえ子ちゃん

無料で使えるから、お試しするにはぴったりですね♪

タウンライフなら家づくりに必要な資料が全て手に入ります。

たった3分の無料申込みが、住みたい暮らしの第一歩です。

今すぐに相見積もりをもらって、お得に家づくりを進めてくださいね。

タウンライフ家づくり
  • 全国600社から間取りと見積りをもらえる
  • 累計利用者110万人の人気サイト
  • 完全無料で3分でオーダー完了
見積りをもらっても
契約の縛り一切なし!

注文住宅の間取りで後悔しないためには?

せっかく念願のマイホームを建てても、家の間取りや設備で後悔する人は多いです。
家は3回建てないと満足しない』とよく言われています。

注文住宅のよくある後悔
  • 間取りの比較が不十分な状態で決定してしまった。
  • 自分で積極的な情報収集をしなかった。
  • より良い間取りを検討するための参考材料が少なすぎた。

このような後悔体験談は、家づくり経験のあるInstagramフォロワーさんからよく届きます。

逆に後悔していない方は99%間取りを比較しています。

※Instagramの質問箱アンケート参照
「これから家づくりを始める方へアドバイスありますか?」

と聞いてみたところ、回答は以下のような内容でした。

実際に注文住宅を建てた経験者さんからのアドバイスを見てわかるように、
間取り決めの成功=間取りプランの比較 は間違いないですね。

ルム編集長

間取りで後悔しないためにはとにかく情報収集が大事!

住宅展示場に行く前に下調べをしましょう!

いきなり住宅展示場に行くと失敗する理由とは?

ここだけの話、まっさきに住宅展示場に行くのは、マイホーム計画の典型的な失敗例です。

住宅展示場デメリット

  • 頑張っても1日で2〜3社しか見れない
  • 2〜3時間の営業の後、ようやくカタログや間取りをもらえる
  • 子ども連れだとさらに体力を消耗して貴重な1日が終わる
  • 準備が終わっていないのに、あいまいに家づくりが始まってしまい後悔する

住宅展示場にいきなり行ってはいけない最も大きな理由は、

不十分な準備の状態でフワフワと家づくりが始まってしまうことです。

「自分が建てたい家はどんなイメージか?」

「予算はどれくらいまでが許容範囲か?」

これらの情報を整理せずに、家づくりを初めてしまうと予算オーバーや間取りの失敗に繋がり後悔が残ります。

ルム編集長

当たり前ですが、総予算や間取りは建てた後から変更できません。

わくわくして展示場にいきたい気持ちはよくわかりますが、冷静に考えてみてください。

まだ何も決まっていない段階で住宅展示場に行っても、何を見ればいいかも何を聞けばいいのかもわからないまま貴重な1日が終わってしまいます。

いえ子ちゃん

テンションだけ上がって、収穫なく帰宅してしまいそうです…

実は、住宅展示場に行くよりも効率的に理想の間取りを叶える方法があります。

SNS総フォロワー数20万人を超えるTHE ROOM TOUR 編集部が、家づくり経験者さんの体験談を元に徹底調査した結果です。

いつかマイホームを建てたい!と思っている方は必ずチェックしてくださいね。

この方法を使えば、全国のハウスメーカー・工務店から「あなただけのオリジナル間取りプラン・見積もり・カタログ」の3点セットを無料で取り寄せることができます。

オリジナル間取りプランがもらえる「タウンライフ家づくり」

タウンライフ間取り

タウンライフは、全国600社のハウスメーカー・工務店から、【あなただけのオリジナル間取りプラン・見積もり・カタログ】をもらえる無料サービスです。

タウンライフでできることをまとめてみました。

タウンライフでできること【無料】
  1. オリジナル家づくり計画書がもらえる
  2. 希望にあったオリジナル間取りプランがもらえる
  3. 見積り比較ができるので予算イメージができる
  4. 未公開含む土地情報がもらえる
  5. 資金計画を提案してもらえる
  6. カタログを簡単に複数社に一括依頼できる
  7. 自宅に複数社から資料が届くので外出不要

ルム編集長

希望を伝えれば、土地の情報ももらえるので土地探しから始める方にもオススメです♪

3分程度でオンライン依頼するだけで、カタログ資料がこんなにたくさんもらえます。

カタログを見ながら、自宅でゆっくり真似したいお家を探すのは家づくりのイメージが湧くので楽しいですよ。

これから、何千万という大金を支払う会社を選ぶわけですから、最低限カタログくらいは持っておくべきです。


しかも、タウンライフなら間取りプランをお試し作成してもらえます。

あなただけのオリジナルの間取りプランが手元にあれば、具体的なマイホームのイメージがわくはずです。

ルム編集長

複数社の間取りプランを実際に見比べてみよう!

間取りプランは住宅展示場に行かなくてもオンラインで手に入るよ!

間取りプラン無料

さらに、間取りプランに基づく見積もりを一緒にもらえます。

見積もりがあることで、

「どれくらいの家がどれくらいの予算で建つのか」を把握することができますね。

ルム編集長

カタログ・間取り・見積もりの3点セットで情報収集できるのはタウンライフだけです!

SUUMOやHOMESなど有名な住宅系サービスとは異なり、知名度が低いため本当に信頼できるサービスなのか?心配になる人もいるかも知れません。

しかし、安心してください。

タウンライフはこれまでに累計110万人以上が利用している、家づくり経験者の間では定番の無料カタログ請求サービスです。

実際に、注文住宅関係のサイト利用者アンケートでは3冠を達成しています。

タウンライフ 注文住宅

いえ子ちゃん

家づくりを始めるまでは全く知らなかったけど、マイホームの情報収集をするうちに何度も耳にしたという人が多かったです!

タウンライフは日本全国600社以上と提携しており、有名なハウスメーカーはほぼ提携しています。

ルム編集長

テレビで見たことあるような有名なハウスメーカーがあなたの家の間取りプランを作ってくれることを想像するとワクワクしますね。

タウンライフはTHE ROOM TOUR(当サイト)でも大人気のサービスです。

当メディアのSNS総フォロワー様数は20万人を超えており、毎月のようにたくさんの方がタウンライフを利用していますが、これまでに悪質なクレーム報告等は1つも届いていません。

ルム編集長

完全無料で間取りやカタログをもらえるので、気軽に利用しておけばOKです。

間取り作成とカタログの依頼は、下のボタンから3分で完了します。

まずは申し込んでみて、自宅にカタログや間取りプランが届くのを待ちましょう。

あなたが理想とする暮らしに出会えますよ。

  • 間取り決めのアイディア集めになる!
  • 今の間取りの改善点が見つかる!
  • 完全無料で3分でオーダー完了
間取りをもらっても
契約縛り一切なし

▲先着順でプレゼントもらえる!

▼実際の口コミや詳しい使用方法を詳しく知りたい方はこちらからどうぞ!

家づくり経験者の生の声をお届けしています

当メディアには、素敵な注文住宅に暮らす”家づくり経験者さん”より、たくさんの体験談やアドバイスが寄せられます。
これまでに集まった家づくりの体験談は1,000件以上。お家の掲載は700件以上です。
Instagramを中心にSNS総フォロワー数が20万人を超える当メディアだからこそ、届けられる家づくりのリアルな情報を配信しています。