家づくりの基本

【2023年最新版】ウッドショックはいつまで続く?原因と今後の見通しをハウスメーカー・工務店の実際の対応とともに解説

2021年から注目を集めているウッドショック。

世界的な木材不足で価格が高騰し、日本の住宅市場に大きな影響を与えました。

いえ子ちゃん

ウッドショックの影響ってまだ残っているのかな?

ルム編集長

ウッドショックのせいで、住宅が値上がりしたり着工が遅れるなどの影響が出ていたね。

2023年はどんな影響があるのか、今後の見通しをチェックしてから家づくりを進めないと後悔するよ。

ウッドショックから1年半が経ち、木材不足は落ち着きつつあります。

しかし、価格は上昇して以降、高水準で推移しているのが現状です。

そこで今回はInstagramのフォロワー25万人を超える暮らしのメディア「THE ROOM TOUR」(@the_room_tour)が『ウッドショックの原因と2023年以降の見通し』を解説します。

本記事の内容

  • ウッドショックとは?要因と何が起こってるのか?
  • ウッドショックがもたらす住宅業界への影響
  • 実際に住宅会社がとっている対応とは?

また、ウッドショックに対するハウスメーカーや工務店の対応について、Instagram(@the_room_tour)のフォロワー10万人にアンケートを取りました。

ウッドショックについての解説とともに、ハウスメーカーや工務店が行っているウッドショックの対応についてもアンケート結果を元に紹介していきます。

ウッドショックについてフォロワー10万人に調査しました

今回、本当にたくさんのアンケート回答を頂きました!回答してくださったみなさんありがとうございました…!

この記事を読んで、ウッドショックを理解し、これからの家づくりに役立ててくださいね♪

ウッドショックの原因とは?

ウッドショック、木材価格が高騰した原因を解説します

マイホームを検討している人の中には、ウッドショックがいつまで続くのか心配している人も多いでしょう。

見通しを解説する前に、まずはなぜウッドショックが起きたのか、原因を解説していきます。

ウッドショックとは、木材が供給不足に陥り、価格が高騰すること

ルム編集長

品不足になり、建築用建材が十分に購入できない状態だよ!

いえ子ちゃん

なんでウッドショックが起こったの?

この木材価格高騰の背景にあるのが、「新型コロナウイルス」です。

なぜ、新型コロナウイルスからウッドショックに至ったのか、その要因は大きく分けて3つあります。

ウッドショックが起こった要因を詳しく解説していきます。

原因①木材需要の急増

木材需要が急増したことで輸入できる木材が不足し価格が高騰しました

ウッドショックは、輸入材の不足から始まっています。

なぜ、輸入材が不足したのかというと、木材需要が急増したから

木材需要が急増した理由が2つあります。

木材需要急増の理由
  • 住宅の需要が拡大した
  • 景気回復が進み、アメリカと中国で住宅の着工ラッシュ

新型コロナウイルスの影響で日本だけでなく、世界的にリモートワークの普及が進み、住宅の需要が急拡大しました。

通勤する必要がなくなり、これまで都心に住んでいた人たちが、郊外に住宅を建てるケースが増えています。

いえ子ちゃん

みんなが家を建てようとしているから、木材が足りないんだね!

そのなかでも、アメリカと中国で住宅着工のラッシュをむかえています。

とくにアメリカでは景気回復を図るために、現金給付を含めた巨額の経済対策が行われています。

住宅ローンの低金利も重なり、新築の住宅需要が急増している状況。

輸入材の不足により、大量購入するアメリカや中国に『買い負け』している状況です。

日本は、品質基準などが厳しいですが、アメリカや中国はそこまで厳しくありません。

ルム編集長

品質が多少劣っても、まとめて木材を購入してもらえるから、売りやすいアメリカや中国が優先されている状態だよ…!

以上のことから、輸入材が不足し、価格の高騰が起きています

原因②輸送に使うコンテナ不足

輸送に必要なコンテナ不足によって輸送価格が高騰し木材価格も高くなりました

2つ目の要因として、輸送の問題があります。

輸入材を購入できたとしても、日本まで輸送できなければ意味がありません

ルム編集長

輸入材を日本へ運ぶためには、大量のコンテナが必要だよ。

しかし、新型コロナウイルスの影響でステイホームが広がったことで、世界的な物流の活性化が起きました。

物流の活性化が起こったことで、世界中で慢性的なコンテナ不足に陥ってしまったのです。

輸入材の価格高騰を見越して、事前に購入していた木材もコンテナ不足により到着しないケースもありました。

日本が輸入材を購入できたとしても、慢性的なコンテナ不足により運送価格が高騰し、日本まで木材を運べないという状況がウッドショックのひとつの要因です。

輸送に使うコンテナには、優先順位があります。

コンテナは大量に物資を輸送する国が優先され、とくにアメリカと中国に集中しています。

原因③国産材は増産が難しい

輸入材が不足すると、代わりに国産材の需要が高まります。

その結果、国産材も不足し、価格が高騰して品薄になっています。

いえ子ちゃん

日本の山にはたくさん木があるから、国産材が不足しても補充できるんじゃないの?

ルム編集長

国産材は、急に増やすのが難しいよ!

日本の森林面積は日本国土の67%、3分の2が森林です。

しかし、国産材の自給率は、37.8%(2019年林野庁)と高くありません。
参考資料:林野庁より木材需給表

森林が多い日本ですが、現実は約6割以上を海外の輸入に頼っている状況。

年々自給率は高くなってはいますが、後継者不足などで、木を伐り出す人がいないのが現状です。

また、日本の林業は補助金を含めた上で、経営が成り立っています。

補助金を利用しながら、計画的に木材を伐り出しています。

需要が増えたからといって、急に供給量を増やすのは人材的にも、金銭的にも難しいのです。

国産材は輸入材を見越して、元々需要に合う量を供給するよう調整していました。

需要が急に増えたからといって、補助金がなければ赤字になり、木を伐り出すことができません。

ウッドショックで注文住宅は値上げ?それとも影響なし?

木材の価格が高まることによって住宅価格も上昇していることについて解説します

いえ子ちゃん

今までと同じ価格で住宅を購入できるのかな?

ルム編集長

すでに住宅の価格が上がっているよ!

木材が不足すれば、建材を使用する住宅価格も高騰します

ウッドショックの影響で、これまでにないほど建築用木材の仕入れ値が高くなりました。

輸入木材価格は、平時の3〜4倍に高騰。
国産材も通常の2倍以上に高騰しています。

また、輸入材の輸入量は例年の2,3割減っています

一般的に建材にかかる費用は、建築費用の1割程度といわれています。

建築費用全体で考えると大きな額ではないですが、ウッドショックの影響で数十万円単位で住宅価格がアップする可能性があると言われていました。

住宅価格の値上げだけでなく、コンテナ不足による輸送の遅延もあるため、住宅の工期が遅れる場合もあります。

実際に注文住宅を値上げした住宅会社もあれば、従来と変わらない価格で契約できる会社もあります。

ウッドショックでハウスメーカーや工務店が実際にどのような対応をしたか、第4章でアンケートを元に解説しているのでぜひ参考にしてください。

≫ハウスメーカー・工務店の実際の対応はこちら

木材が高騰するなかで、なるべく費用を抑えてマイホームを建てたい人もいるでしょう。

こちらで注文住宅を500万円コストダウンした裏ワザを紹介しているので参考にしてください▼

ウッドショックで木製家具も価格高騰!?

木材は住宅だけでなく、家具にも使用されています。

ルム編集長

木製家具も価格高騰で手に入らない種類の家具があるよ!

ウッドショックにより、木製家具にも影響がでています。

アメリカ産のクルミの木、ブラックウォールナットを使用した木製家具が人気。

世界的に人気の高い材木は輸入に頼っており、ウッドショック直後では手に入りにくい状況でした。

木材価格高騰により家具屋でも価格変更が行われ、値上げしたお店が多数あります。

家具やインテリアは施主支給で費用を抑えることが可能です。

施主支給を検討している人はこちらの『施主支給のおすすめアイテムランキングBest10!メリット・デメリットも紹介!』を合わせてご覧ください。

ウッドショックだけでない住宅価格が高騰する理由

ウッドショックで価格が高騰しているから鉄骨造の住宅に切り替えるようとしている人も多いでしょう。

しかし、鉄骨や鉄筋といった鋼材の価格も高騰しています。

ルム編集長

ちなみに鉄骨造でも木材がなければ、家は建てられないよ。

また、世界情勢や円安の影響から、鋼材や木材だけでなく、さまざまな資材が値上がりしている状況です。

いえ子ちゃん

値上がりしていてマイホームを建てるのは大変そう…。

マイホームの購入で金銭的な不安を抱く人は少なくありません。

住宅ローンの資金計画で失敗したくない人はこちらの記事を参考にしてください▼

ウッドショックいつまで続く?2023年以降の見通しは?

木材価格の高騰はいつまで続くのかについて解説します

いえ子ちゃん

ウッドショックはいつまで続くの?

ウッドショックがいつまで続くかは、見通しが経っていません。

輸入材の問題であるため、世界経済の動向に左右され、簡単に予測することはできません。

建築用木材は、6割以上が輸入材です。

ウッドショックの根本には、新型コロナウイルスがあります。

ワクチン接種が進み、新型コロナウイルスの感染が落ち着いて来れば、徐々に木材不足が解消されると予想されていました。

しかし、現状では建築資材は高騰したまま

ウッドショックがいつまで続くのか、明確な見通しは経っていないのが現状です。

ルム編集長

今後どうなるかは誰にもわからないよ。

ところが、2022年の現状を踏まえると、2023年以降どうなるのか、多少は予測がつきます。

ここでは、ウッドショックがいつまで続くのか、チェックすべき点を解説します。

ハウスメーカーが2021年2022年、実際にどのような対応をしたのか、こちらにまとめたので参考にしてください▼

輸入価格の動向

ウッドショックがいつまで続くのか、見通しをたてるポイントは輸入価格の動向です。

なぜなら、日本の建築用木材は6割以上が輸入材だから。

いえ子ちゃん

輸入価格をチェックすれば、いつまで価格高騰が続くのか予測をたてることができるんだね!

経済産業省によると、2021年10月に輸入価格はピークを迎え、同年12月より下降しています。

ピークアウトしたと思われるものの、高水準で推移しており、ウッドショック以前の価格には戻っていないのが現状です。

ルム編集長

アメリカからの輸入価格はほぼ横ばいだよ。

製品別で輸入価格を見ると、まだ価格が上昇している製品もあります。

製材と集成材の価格はピークアウトしやや下落したものの、依然高水準のまま。

丸太と合板の価格にいたっては上昇し続けています。

上記より、2023年以降も輸入材は高価格が続く見通しです。

ロシアのウクライナ侵攻による影響

2022年2月から続く、ロシアによるウクライナ侵攻もウッドショックの長期化に拍車をかけています。

なぜなら、2022年3月にロシアは日本を含む非友好国へ木材の輸出を一部禁止にしたから。

木材輸出の禁止は2022年までと発表されていますが、価格がどうなるかまだわかっていません。

いえ子ちゃん

ロシアが輸出を止めても、ほかの国から木材を輸入すればいいんじゃないの?

ロシアは広大な森林面積を保有しており、世界全体の木材輸出量の21%を占めています。

製材に関しては2018年に輸出量世界一になったほど。

つまり、ロシア材が出回らなくなると、世界市場の木材供給量が減ってしまうのです。

ルム編集長

需要と供給のバランスが崩れたままだから、ウッドショックは長期化しているよ。

2023年以降もロシアからの木材供給が滞れば、木材不足は依然と続くでしょう。

世界の木材需給の動向は林野庁より引用▼

https://www.rinya.maff.go.jp/j/kikaku/hakusyo/r1hakusyo_h/all/chap3_1_1.html

円安がウッドショックにさらなる追い討ち

ウッドショックのきっかけは新型コロナウイルスでしたが、木材が高騰し続けている原因に円安があります。

2022年3月上旬頃までは、米ドル対円相場はおよそ115円で推移していました。

しかし、同年3月下旬に120円を突破すると、円安傾向は高まり、10月中旬には150円超まで円安が進行

円安の影響で輸入価格が上昇したため、木材の価格は高騰し続けているのです。

円安の影響は木材だけでなく、鉄や住宅設備などさまざまな輸入品の価格が上昇。

注文住宅の価格は高くなることはあっても安くなることはないでしょう。

いえ子ちゃん

円安はいつまで続くの?

今後の動きを見通すことは投資のプロでも難しいのが現状です。

円安はマイホームだけでなく、日常生活にも影響を及ぼします。

住宅ローンや資金計画に不安な方は、早めにお金のプロであるFP(ファイナンシャルプランナー)に相談しておきましょう。

こちらに無料でFPに相談できる方法をまとめているので、ぜひ参考にしてください▼

【ウッドショック】ハウスメーカーと工務店の対応は?

ハウスメーカーや工務店はウッドショックについてどのように対応しているのかについて解説します

いえ子ちゃん

ウッドショックでみんなどんな影響を受けているのかな?

Instagramのフォロワーさん10万人に、「ウッドショックについてハウスメーカーや工務店からどんな説明を受けたのか」アンケートを取りました。

ルム編集長

実際に、どのような対応があったのか、紹介するよ!

編集部がアンケート結果を集計した結果、ハウスメーカーや工務店の対応は大きく3つに分かれました。

ハウスメーカー・工務店の対応
  1. 値上がり
  2. 工期の遅延
  3. 影響なし
  4. その他

それぞれの対応について、フォロワーさんのリアルな声とともに紹介します。

この記事の最後に実際の回答を掲載しています。

ハウスメーカーや工務店によって、また契約した時期によって、対応は異なります。
すべて自分に当てはまると思わないよう、注意してくださいね。

ハウスメーカーごとの情報を詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください。

ウッドショックへの対応①値上げ

住宅を値上げすることでウッドショック対策をしている

ウッドショックの影響で、値上げの対応をしているハウスメーカーや工務店があります。

  • 契約済だから、着工までに値上がった分は工務店と折半
  • 7月契約から100万の値上がり
  • 坪数×1万円の値上げ

いえ子ちゃん

100万円も値上がりするケースがあるんだね…!

ルム編集長

契約時期により、値上げ金額を変えているハウスメーカーが多いよ!

ウッドショックの影響で2021年7月から値上げをするというハウスメーカーや工務店が多かったです。

早く契約をしないと値上げする可能性がある」と、契約を急かしてくるハウスメーカーや工務店もありました。

早めに契約したからといって、値上がりしないとも言い切れません。

1番多い値上げ金額の提示の仕方は、坪単価です。
ハウスメーカーや工務店によって、坪×1〜5万円と値上げ金額に幅があります

増額は決まっているけど、額が確定していないというケースも…。

増額がいくらかわからない!?
  • 今出ている見積もりの木材の値段ではなく、建てるときの木材の値段になる
  • 4月に宣告あり、5月着工でしたが、「数十万上がる可能性あり」と言われた

どこまで値上がるかわからないので、不安という声が多かったです。

いくら値上がるの…?

ルム編集長

目処もたたないのに、150万円払ってくださいと言われたケースもあったよ!

値上がり額だけ伝えてくる場合は、工期の確認もしておきましょう。

ウッドショックへの対応②工期の遅延

建築費用の値上げは行わないものの、建築用木材の確保ができず、工期の遅延という対応をとっているHMや工務店もあります。

  • 引き渡しの延期
  • 着工はいつになるかわからないけど、増額分は工務店で持つから大丈夫
  • 着工は未定。いつ建つかわかりません。

工期が遅延する場合、『値上がりはない』という対応をしてくれるハウスメーカーや工務店が多かったです。

いえ子ちゃん

値上がりがないのは、嬉しいね!

ルム編集長

値上げはなくても、いつマイホームが建つのかわからない状況は不安という声もあったよ。

2021年6月の時点で2023年の5月に着工と言われたケースもあります。

『値上げ』と『遅延』どちらがいいとは言えませんが、予算を抑えたい人にとっては、嬉しい対応ですね。

ウッドショックへの対応③影響なし

値上げも遅延もなく、ウッドショックの影響はないという、ハウスメーカーや工務店もあります。

  • 大手HMは他国に自社の工場を持っていてウッドショックの影響はないと言われた
  • 2,3年先の分まで木材は確保している
  • 自社で木材の製造加工全てを行っているから心配ない

ルム編集長

1年間で建てる件数の上限を設定しているため、問題ないというハウスメーカーもあったよ!

影響を受けないよう、事前に対策している会社もあります。

住宅の種類によっては、ウッドショックの影響を受けないケースもあります。

  • 鉄骨なので、ウッドショックの影響はないと言われた

鉄骨造でも、木材は使用されますが、木造に比べて使用する量が少ないので、影響はあまりないようです。

木材が十分に確保できているハウスメーカーや工務店では、現在ウッドショックの影響を受けていないという声が多かったです。

いえ子ちゃん

今は大丈夫だけど、今後どうなるか不安だね…!

④上記以外のウッドショックへの対応

上記3つの次に多かった対応が、木材の変更です。

  • 金額は変わらないけど、木材を変える
  • 集成材から無垢に変わった
  • 4寸の柱から3.5寸の柱に変更することになり、坪2000円の減額になった

ルム編集長

木材は変わるけど、金額はそのまま、強度も問題なしという対応が多いよ!

ハウスメーカーや工務店によっては材質の変更で、減額になったケースもあります。

他にもこんな対応がありました。

  • 2021年9月以降に契約した人に影響があると言われた
  • 増額とは言わないけど、割引が紹介者さんの時より厳しいと言われた
  • 見積もりが進まないとのことで、4月中旬からストップしている

ハウスメーカーや工務店もウッドショックの影響で、対応に追われていました。

説明を何も受けていないという人もいました。

現時点(2022年末)では対応し終わったと思われていますが、ウッドショックだけでなく、世界情勢や円安により、あらゆる資材が価格高騰しています。

かつてないほど値上げが続いているため、ハウスメーカー・工務店ではさらに対応に追われる見通しです。

【ウッドショックへの対応】フォロワーさんからの声を全公開!

ありがたいことに、Instagramのフォロワ―様からたくさんのリアルな声をいただきました。

かなり量は多くなってしまいますが、とても参考になる回答ばかりでしたので、ここで紹介いたします。

Instagramにて集まった質問箱の回答内容をそのまま掲載しています。固有の会社名が出てくる回答もありますが、時期によって対応内容が異なる可能性があります。

>> ハウスメーカーごとの口コミ評判を知りたい人はこちら

▼ 質問箱の回答は紹介しきれないほど頂きました。

いえ子ちゃん

こうしてみると本当に会社によって対応が違いますね…!

ルム編集長

全く影響がないという会社も意外と多いようですね。

ルム編集長

つらい状況は住宅会社さんも同じですね…。
誰の責任でもないので、歩み寄って乗り越えたいですね…

以上、Instagramで集まったアンケート結果をランダムにピックアップしてご紹介しました。

いえ子ちゃん

回答くださったみなさん、ありがとうございました!全てを載せると膨大な量になってしまうので、申し訳ないです…

ルム編集長

貴重な意見なので、必ず参考にしましょう!

ウッドショックの対策とは?これから家を建てるならどうすれば良い?

これから住宅を建てるならウッドショックについての事前確認は必須です

今回のアンケート調査では、【ウッドショックへの対応は会社によって全く異なる】ことがわかりました。

いえ子ちゃん

会社によって、対応方針が全く異なりますね…!

影響がある会社もあれば、今のところ影響がない会社もあります。

そのため、一概に今は住宅を建てない方がいいとは言えないですが、事前確認は間違いなく必要です。

マイホーム計画中の方がやるべき確認は以下の3つです。
2022年の住宅市場の動向を考えると、これらをせずにマイホーム計画を進めるのはかなりのリスクになるので、気をつけてください。

必須な事前確認は3つ
  • 営業担当にウッドショックの影響と会社の対応方針を確認する
  • 契約書に何かしらの特約事項(ウッドショックに関するもの)の記載がないか確認する
  • 契約前なら他の住宅会社にも見積りをとって対応方針を確認する
必ずやろう!

既に住宅会社と契約している方は、会社による対応方針を早めに確認しておきましょう。

契約前でこれから住宅会社を決定するという方は、必ず他の会社の対応状況を確認して比較するべきです。

いえ子ちゃん

ウッドショックの影響がない会社で気に入った会社が見つかったら、そちらに変更するのもアリですね…

住宅会社を決める前に必ず相見積もりをとろう!

契約前の今ならまだ間に合うので、相見積もりをして条件を比較しましょう。

相見積もりとは、見積りを複数社からとって比較することです。

SNS総フォロワー数20万人を超えるTHE ROOM TOUR 編集部が、家づくり経験者さんへのアンケートで相見積もりで家づくりに成功した方の声がコチラです。

特に2022年はウッドショックの影響によって会社の対応が異なるため、相見積もり比較の重要性は通常の数倍高いです。

ルム編集長

2022年に家づくりするなら、住宅会社の比較は絶対必要!

「住宅展示場を何軒もまわって見積りをもらうのは大変…」と思う方もいるかも知れません。

しかし、安心してください。

相見積もりはオンラインで複数社まとめて請求することができます。

THE ROOM TOUR 編集部が家づくり経験者さんの体験談を元に徹底調査した結果、タウンライフ家づくりなら相見積もりでハウスメーカー・工務店の比較がカンタンにできます。

累計110万人以上が利用した、大人気の家づくり無料サービスです。

住宅会社から見積もりと間取りがもらえる

「タウンライフ家づくり」

タウンライフ家づくり

タウンライフは、全国600社のハウスメーカー・工務店から、【あなただけのオリジナル間取りプラン・見積もり・カタログ】をもらえる無料サービスです。

たった3分程度でオンライン依頼するだけで、住宅会社の比較に必要な資料がこんなにたくさんもらえますよ。

全国600社以上のハウスメーカー/工務店を比較できる!

タウンライフは日本全国600社以上と提携しており、有名なハウスメーカーとはほぼ提携しています。

ルム編集長

知ってる会社はありましたか?ウッドショックへの対応状況を比較できますね。

見積り書だけでなく、間取りプランももらえるので具体的なイメージが湧く

タウンライフなら各社の見積もりをまとめてもらえるだけでなく、間取りプランもセットでもらえます。

あなたの希望を詰め込んだ間取りプランをつくってもらえるので、

「どれくらいの予算でどんな家で建つのか」を把握することができますよ。

詳しく会社を比較したい人にとってはぴったりです。

▼例えばこんな間取りがもらえます

間取りプラン無料

注文住宅関係のサイトでNo.1を連続獲得

タウンライフ 注文住宅

SUUMOやHOMESなど有名な住宅系サービスとは異なり、知名度が低いため本当に信頼できるサービスなのか?心配になる人もいるかも知れません。

しかし、安心してください。

タウンライフはこれまでに累計110万人以上が利用している、家づくり経験者の間では定番の無料カタログ請求サービスです。

実際に、GMOリサーチが行った注文住宅関係のサイト利用者アンケートでは3冠を達成しています。

いえ子ちゃん

家づくりを始めるまでは全く知らなかったけど、マイホームの情報収集をするうちに何度も耳にしたという人が多かったです!

タウンライフはTHE ROOM TOUR(当サイト)でも大人気のサービスです。

当メディアのSNS総フォロワー様数は20万人を超えており、毎月のようにたくさんの方がタウンライフを利用していますが、これまでに悪質なクレーム報告等は1つも届いていません。

ルム編集長

完全無料で相見積もりをもらえます。まずは気軽に利用してみましょう!

相見積もりの依頼は、下のボタンから3分で完了します。

「比較せずに最終決定したら、あとになってウッドショックを理由に数100万円値上げされた…

なんてことにならないように今のうちに比較をしておきましょう。

費用は完全にゼロ円なので、今すぐに無料で相見積もり依頼をおすすめします。

タウンライフ家づくり
  • 全国600社から間取りと見積りをもらえる
  • 累計利用者110万人の人気サイト
  • 完全無料で3分でオーダー完了
見積りをもらっても
契約の縛り一切なし!

家づくり経験者の生の声をお届けしています

当メディアには、素敵な注文住宅に暮らす”家づくり経験者さん”より、たくさんの体験談やアドバイスが寄せられます。
これまでに集まった家づくりの体験談は1,000件以上。お家の掲載は700件以上です。
Instagramを中心にSNS総フォロワー数が40万人を超える当メディアだからこそ、届けられる家づくりのリアルな情報を配信しています。